« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

2005年3月の19件の記事

2005年3月31日 (木)

PC-8001 本

20050330

みんながコレで燃えた! NEC 8ビットパソコン PC-8001・PC-6001 永久保存版

何か色々本を買ってしまった。その中の一冊。

蘇る PC-9801 伝説 永久保存版」のときは、発売を知ってすぐ買ったけれど、PC-8001/6001 のは本屋でたまたま見つけた。

PC-8801 なら買うのにどうしようかなと思い、取り敢えず手に取ると、あの Bug 太郎こと谷裕紀彦 (たに ゆきひこ) さんのインタビューとか載っているじゃないか。ほかに、マイコンソフトのなにわさん、システムソフトのたいにゃんさんも載っている。もう購入決定。

谷さんといえば、2003年5月号で休刊となった月刊誌「マイコン BASIC マガジン」で掲載された「DRAGON 'N' SPIRIT」や「N-TYPE」などのゲームの作者として有名。CG グラフィック (今でいうところの「アスキーアート」) を駆使して、当時のアーケードゲーム「DRAGON SPIRIT」や「R-TYPE」もどきを PC-8001 上で再現したすごい人。

この谷さんは、確か「FULL TIME 'N'」とかいう PC-8000/8800 シリーズのユーザーの同好会を立ち上げたことがあって、中学生ぐらいだった自分も入会した。そのとき、「DRAGON 'N' SPIRIT のようなマシン語を使ったプログラムを DISK-BASIC で実行させると BASIC に復帰できなくなるんですが、どうしてでしょうか」という質問の手紙を書いたら、谷さんから直々に丁寧な回答を頂いて、もうとても感激したことを今でも覚えている。

小学生、中学生とプログラミングの虜になっていた自分は、今、一応ソフトウェア開発の仕事をしている。でも、もう時代は変わっていて、あのとき夢中になったプログラミングの楽しみとはもう違うものになっていた。あのときみたいにコンピュータを使ってわくわくした気分になるためにはどうしたらいいのかなって、今でも時々考えている。

谷さんはあれからウルフチームに入社し (ここまでは知ってた)、今は株式会社ネクステックの取締役を務めているとのこと。やっぱりすごいなぁ。

次こそは PC-8801 の本の出版を期待。

2005年3月30日 (水)

MAXIMA de Mika Agematsu

20050328某氏の影響もあり、上松美香さんのベストアルバム「MAXIMA de Mika Agematsu」を購入。会社帰り、最近改装した店に寄って、たまたま見つけた。まだ全部聴いてないけれど。

あ、「埴生の宿」は収録されていないのか。楽器は違う (はずだ) けれど、「ビルマの竪琴」みたいで良かったのに、ちょっと残念。

因みに、その名も「mika AGEMATSU」という新作アルバムまで何故か(?)持ってたりする。

2005年3月28日 (月)

駿府公園で七輪の会

20050327静岡市は駿府公園にて、会社の人達と久々の七輪の会
岡崎から浜松経由で静岡まで。ちょいと疲れたけれど、これまた楽しいひととき。

自分のカメラ (*ist DS) が何人かに回されて、だいぶ撮影された。こういうときこそ、*ist DS のオートピクチャーモードが便利。
ファインダーの見え方とかシャッター音とかだと思うけれど、コンパクトタイプのデジタルカメラと違う感触がみんなに新鮮だったみたいで、気付いたら170枚以上の画像が残ってた。287MB もあるよ。どうするよ。恐らく自分で撮ったのは1割ぐらいしかない。

こういうときは、画像サイズも画質も一番低くし、ファイルサイズが小さくなるようにして、配布しやすいようにした方がいいということを学習。次からは気を付けねば。

2005年3月27日 (日)

高校の OB 会

もう何年かぶり (今世紀初めて)、高校の吹奏楽部の OB 会に参加。

自分が一緒に活動した人は同輩が自分を含めて3人、後輩が1人と少なかったけれど、それでも久々の再会で、とても楽しいひとときだった。

高校の吹奏楽部は、正直言って演奏水準が低く、練習もそんなに厳しくなかった。だいぶしごかれた中学や大学と比べると、印象が薄い気もするけれど、今、思い返してみると、あの高校の時のざっくばらんな雰囲気は良かったなって思う。そして、こうしてみんなと再会して、人の繋がりってずっと大切にしないといかんなと改めて思った。

実はうちの高校の吹奏楽部、OB バンドがあって (今は OB 以外の参加者もいる)、時々高校の吹奏楽部の定期演奏会などに出演している。しかし何せ人数が足りなくて、編成もままならず、非常に厳しい状態が続いているのだとか。今回の OB 会でもそういう話があった。折角の機会なので、ちょっと遠いけれど、自分も出来る範囲で参加してみようかなと考えている。

2005年3月26日 (土)

FOMA に乗り換えられるか

ドコモ、PHS から FOMA 乗り換えで 2万円補助 (ITmedia)
ドコモが PHS 受付停止をユーザーに告知、FOMA 乗り換えに 2万円 (IT Pro)

20050325phs

うちにも PHS の新規申し込み受付終了と、サービスの終了の方針を知らせるダイレクトメールが届いた。

FOMA などドコモの携帯電話に変更すると、電話機の最大2万円値引き、月額基本料金値引きの根拠となる継続利用期間の継続、契約事務手数料無料といった特典が付くとのこと。

まぁ、かつてと違って携帯電話の料金も安くなったとは思うけれども、結局のところ料金体系は携帯電話そのものな訳であって、やっぱり魅力に欠ける気がする。

それに、今もドコモの PHS を使い続けている人には、料金以外にも PHS を積極的に選択する理由というものがあるわけ。ドコモの経営陣にはその辺の理解のある人がいないんだろうな。

さて、自分はドコモの携帯電話ではなくウィルコムの PHS への移行を選択したわけだけれど、これはこれで結構良かったと思っている。

特に嬉しいのが、ドコモの PHS では通話の品質にやや難があったところでも、ウィルコムなら殆ど問題なく使えるところだ。例えば、今住んでいるアパートはホームアンテナがなければどうにもならなかったし、職場はホームアンテナの使用如何に関わらず繋がりにくかった。でも、ウィルコムなら問題なく使える。

PHS 電話機の AH-K3001V も、画面は高精細で綺麗だし、メールやブラウザ (Opera) も使いやすくて便利。
不満を強いて上げるなら、操作に対する反応がやや重いことと、PHS にしては電池の持ちが余り良くないことかな (連続待ち受けが約 400時間、連続通話が約 4時間)。

2005年3月22日 (火)

青い地球は誰のもの

「サッちゃん」で有名な作詞家の阪田寛夫さんが 3月22日、肺炎のため逝去されたとのこと。79歳。

阪田寛夫さんといえば、自分にとっては小学校の部活動でやった合唱曲「青い地球は誰のもの」の印象が強いなぁ。NHK の公開録画に出たとき、オープニングがこの歌だった。

それから、NHK の合唱コンクールの課題曲に「夕日が背中を押してくる」があったのも覚えている。うちの学校は別の課題曲で県大会に出たけれど、思い起こせば自分の出た NHK の番組では、いつも阪田寛夫さんの詩が歌われていた。

合掌。

ソーシャルネットワーキングサービス

先日、SNSGREE に招待された。

ITmedia のコラム 「パソコン通信」とは何だったのか を読んだとき、SNS がパソコン通信とよく似ていると取り上げられており、それからちょっと興味を持っていた。そんなわけで取り敢えず試しに登録。

SNS については、昔の友人を探したり、友人関係の繋がりを構築するサービスという程度の簡単な知識はあった。しかし、まだ使い方がよく分かっていない状態だったりする。まぁ、少しずついじってみよう。

誰か私の知っている人で、既に GREE を使っている人、または使っていないけれど GREE に興味のある人はいないかな。

2005年3月20日 (日)

第48回定期演奏会

刈谷まで大学の定期演奏会を聴きに行ってきた。

もう定期演奏会では後輩の S 君と会うというのがすっかり恒例となっている。勿論、今年も。しかし、自分も S 君も、それぞれ同輩と定期演奏会の会場で会うということはなくなってしまった。それに今年は、馴染みの OB、OG (大学時代に一緒に活動した人達) が少なかった。

それでも、集まった馴染みの後輩 OB、OG 達と食事。色々な人達の近況を聞いたりして、大学の頃が懐かしくなったとさ。って、じゃ、今からあのころに戻りたいかというと別問題だけれどね。

それで、演奏会自体の感想はなしかい。

リニモに試し乗り

愛・地球博の開幕前にリニモ全線を試乗してきた。

開幕すると、リニモはもう大変な乗車率になると言われている。それなら、試乗するのは今しかないと思ったわけである。

リニアモーターカーに乗るのは、実は2回目。1回目は18年前。岡崎市の市制70周年記念で開かれた葵博・岡崎'87 で岡崎公園 (今の大手門の辺り) に設置された、初期の HSST に乗っている。これは 100m もないんじゃないかという距離で、時速も 20km ぐらいしか出ず、試乗したって気がしなかった。それに比べて今度のリニモは 8.9km (営業キロ)、最高時速 100km だから、もう楽しみ。

最初に乗車したのは、杁ヶ池公園駅。そこから地下鉄東山線との接続駅である藤が丘駅に行って下車。そして今度は折り返して反対側の万博八草駅まで行き、更に折り返して杁ヶ池公園駅に戻るという行程。

最初に藤が丘行きに乗ろうとすると、いきなりもう大変な乗車率。実はこの日、地元住民などを対象とした招待者向けに万博の内覧会があったらしく、ちょうどその帰りの客が乗っていたらしい。

リニモの藤が丘は地下駅になっている。地下鉄東山線の藤が丘駅は地下鉄でありながら地上駅で、天地があべこべなのが面白い。

下車して地上に出ると、そこは藤が丘リニモ広場。地下鉄の大動脈である東山線の輸送量に対して、圧倒的に輸送能力の足りないリニモの乗客を滞留させるため作られた施設だそうで、その中で長い列を作って乗車を待つという。

今度は万博八草行きに乗車。こっちはかなりすいていたが、それも万博会場駅に着くまで。万博会場駅のプラットホームはもう溢れんばかりの人、人、人。ここから八草方面に帰る人が一気に乗車してきた。

そして万博八草駅に到着。藤が丘駅と同じように下車してから、また乗り直して、最初に乗った杁ヶ池公園駅まで。写真は万博八草駅で折り返してくるリニモ。万博八草駅を出て、万博会場駅で大量の乗客が雪崩れ込んだのは先程と同様。いやあ、内覧会でこの込みようだと、開幕後はどうなることやら。
20050319

予想外の人の多さばかり印象に残ってしまったが、肝心の乗り心地は、噂通り、なかなか静かで、鉄道に特有の線路の段差も勿論なし。ただ、発進時にかくんとショックがあるのはちょっと気になるかな。

ITmedia ライフスタイルの記事によると東京臨海新交通臨海線ゆりかもめに似た乗り心地だそうだが、自分は乗ったことないから、ちょっとピンとこない。

その夜、テレビニュースや新聞を見たら、リニモのことも報じていた。何でも午前中の藤が丘駅 (藤が丘リニモ広場) は約7,000人の人で溢れ、乗車に80分待ちだったという。また、リニモ自体も乗車人数が多すぎて重量超過となり、運行が一時停止してしまうなど、かなり大変だったとのこと。それ自体が一種のパビリオンとも言えるリニモは、藤が丘とは反対側の万博八草駅からも乗車できるので、博覧会協会の案内通り、愛知環状鉄道の万博八草駅経由で行くようにした方がまだ良さそう。それでも乗車待ちは必至だろうけれど。

2005年3月18日 (金)

DA レンズのロードマップ

【PIE2005】ペンタックス、有効1,800万画素の中判デジカメを展示

デジタルの中判カメラもすごいけれど、気になるのは DA、DFA レンズの開発ロードマップ。

DA Fish-eye (魚眼) ズームなんか、まさにペンタックスならではって感じだし、DA 30mm Limited レンズも *ist DS にぴったりの標準レンズになりそうで、どっちも欲しくなっちゃうだろうなぁ。値段にもよるけれど。まぁ、何れにせよ売り切れが続出しそう。

で、そんなにレンズを買ったとして、まともに使いこなせるんかいね。

AIR-EDGE PHONE

PHS の移行 で 7月ぐらいに電話を変えるとか書いたけれど、結局あれから2日後、音声定額の詳細 (ケータイ Watch の記事) が発表された日に新規契約した。

端末は勿論、AIR-EDGE PHONE AH-K3001V。俗に「京ぽん」とか呼ばれている、ブラウザに Opera を搭載した、あれ。DDI ポケット時代のロゴ (Air H") のやつだと安かったので、旧ロゴモデルを選択。

料金プランは つなぎ放題 [1x]。これに年間契約割引やら A & B 割やらを付加。

音声定額は予想に反して安かったけれど、ウィルコム同士しか定額にならない (そりゃ普通そうか) ということで見送るつもり。自分の周りに PHS を使っている人っていないし。

そんなわけで、遂に電話番号変更となるので、電話帳の書き換えなど、よろしくお願いします。

これまでの PHS も暫く (7月まで?) 残しておく予定だけれど。

2005年3月17日 (木)

新レンズ

生産停止による在庫処分で、市価の半額ぐらいになっていた交換レンズ smc PENTAX FA Zoom 28-200mm F3.8-5.6AL[IF] を購入。

7倍超の高倍率のズームレンズだけれど、その割に小型。でも、重い。タムロンかどこかの OEM という噂。そのためか、ほかのペンタックスレンズと外観がちょっと違う。

で、MZ-M に付けてみた。
20050317

うーん、なかなか。

*ist DS だとちょっと望遠よりになるけれど、それでも色々な場面で便利に使えそう。

なんとトラックバック野郎で逆トラックバック

卒業エピソードトラックバック野郎の記事を書いたら、逆にトラックバックを頂いてしまった…。しかも傑作選だって。恥ずかし。

でも、やっぱりこうして取り上げられるのも嬉しいし、また今度、トラックバック野郎のお題で思い付いたことがあったら、何か書いてみよっと。

2005年3月13日 (日)

PHS の移行

ドコモ PHS ユーザーのナンバーポータビリティは?

20050313phsまさに自分の気持ちを代弁してくれているような記事があった。ドコモは PHS ユーザーが何故 PHS を使い続けているのか、その意味を真面目に考えてくれていたのだろうか。
NTT パーソナル時代に新規契約してからちょうど 8年。PHS に魅力を感じ、電話番号も変えず、音声、データを問わずに使い続け、ドコモからすればなかなかの優良ユーザーだったと思うけれど、そんなユーザーに事実上何の救済策も出さないのは、本当にどうかと思う (FOMA への移行はなんの救済にもなりゃしない)。

ウィルコムは、広告 も、愛・地球博の会場内外 (サービスエリア拡大について) や 中部国際空港にちゃんとエリアを拡大してくれる ということも頼もしい。

今年の7月に いちねん割引 の契約が一旦切れる。その頃にはウィルコムの 音声通話の定額プラン についても明らかになっているはず。取り敢えず最初はこの時期が電話の切り替えを検討する契機になるかと思う。

迷惑メールフィルター

hi-ho 迷惑メールフィルター のサービスが始まって、もうすぐ1カ月経つ。このサービスは 開始直後から使い続けてきた。

クライアント設置型のフィルターである POPFile なんかと比べると学習の進みは遅いようで、当初は学習効果をなかなか感じられなかった。もしかすると迷惑ではないメールを迷惑メールと誤って判定しないように、慎重に学習していたのかも。それでも暫く使っているうちに、段々効果を感じるようになってきた。勿論、今のところ通常のメールを迷惑メールとして誤判定することはない。

このフィルターは hi-ho のメールサーバーで受信して、フィルタリングされた後に転送される。自分の場合は、メールを PHS に転送しているので、転送前にフィルタリングしてくれるのはとても有り難い。

実際には PHS に転送する前に TELMETHOD という非学習型のフィルタリングサービスに転送しているのだが、TELMETHOD ではもう Subject や本文などで 50種類ぐらいのフィルタリングの条件を設定しており、それでもこの条件をかいくぐって PHS に届く迷惑なメールがあった。メールの受信は最低 7円かかるから文字通り迷惑。しかし、今では迷惑なメールが殆ど転送されなくなった。いやぁ、とても助かった。

20050313後、hi-ho のフィルターとは関係ないけれど、Shuriken を Shuriken Pro4 にバージョンアップした。今度の Pro4 にも迷惑メールフィルターが実装されている。今のところ、Subject と From でフィルタリングするだけの簡単なものだが、新しいフィルターの提供される可能性もありそうな作りになっている。果たして、提供されるとしたらどういうものになるか、ちょっと気になるところ。まぁ、POPFile をそのまま取り込んでもらってもいいんだけれど。

もっと関係ないけれど、ConceptSearch も購入。事実上、ConceptBase Search 20、そして インターネットブーメラン の後継。

2005年3月11日 (金)

卒業エピソード

第2ボタンと言えば、中学校の卒業式を思い出す。

卒業式の日、部活動の後輩から第2ボタンが欲しいと言われた。

自分がそんなことを言われるなんてあり得ないだろうと思っていたし、気の利いた「しゃれ」なんだろうと思ったけれど、それでもそう言われるのは嬉し恥ずかしだったっけ。

勿論、自分の第2ボタンに予約も約束もあるはずがなく、どうせもう着ない学生服だしってことでボタンは上げた。そうしたら、第2ボタンのない制服を着ているのがまたこっぱずかしくなってしまった。仕方ないので、今度は一番下のボタンを第2ボタンのあったところに持ってきて、何となくごまかした。

それから約10年後、アルバイト先で偶然、あのときボタンを上げた後輩の妹 (姉だったかも。瓜二つの双子だったんで、どっちか忘れた) と一緒になった。そして彼女から

「あれねぇ、○○ちゃんは本当に好きだったからボタンをもらいに行ったんだよ。」

と明かされたのだった。いや、まさか自分が好かれていたなんて全く思いもよらなかったから、もうびっくり。10年も経って、あれが愛の告白だったと知らされて、本当、自分の鈍感さに呆れ、「しゃれ」と疑った自分を恥じた。それと、正直、勿体ないことをしたなって思ったのだった。

トラックバック野郎: さよなら、さよなら、さよなら のお題の「卒業エピソード」でした。

2005年3月 8日 (火)

マイリスト

友人知人のリンク、ココログでいうところのマイリストをいくつか追加。

追加したの、全部、七輪関係だ。七輪の会のお花見、行けるかやぁ。

2005年3月 7日 (月)

マンドリンコンサート

会社の同僚が出るということなので、静岡市まで 加藤芳男追悼演奏会 というマンドリンのコンサートに行ってきた。

自分はマンドリンに詳しくないのでよく知らなかったのだが、昨年8月に他界された加藤芳男さんは静岡県におけるマンドリンの第一人者とのこと。

出演していた同僚は、自分が先日出たスプリングコンサートも、その前の定期演奏会も来てくれていたので、自分も行かなきゃなというぐらいの気持ちだったのだが、初めてのマンドリンの演奏会、これがなかなか新鮮で楽しめた。恐らく 1本では強弱表現の幅が限定されるであろうマンドリンも、40本近く揃うとものすごい表現力になるのにも驚いた。マンドリンのうまい下手はよく分からないが、自分としてはかなり満足。

20050306

曲目はマンドリンの定番曲が中心とのこと。勿論、定番曲なんていってもよく分からないのだが、自分のような初心者にはちょうどいい。そして、アンコールにタイケの行進曲「旧友」なんて、またいいやん。確か高校の吹奏楽部でよく吹いたよ。

2005年3月 1日 (火)

ドコモ、PHS 事業から撤退

ドコモ、PHS 事業から撤退へ ~ FOMA に経営資源を集中

遂に撤退発表。

「えっ? まだピッチ使ってんの!」とか「先輩はまだケータイじゃないんですか」とか言われ続けたけれど、1997年3月から約8年間、(11桁化に伴う番号変更を除けば) 同じ電話番号 (覚えやすくてお気に入り) のまま PHS を使い続けてきた。でも、今後 2年以内に電話番号を変更か。

やっぱり次は通話定額の噂もある WILLCOM (旧 DDI ポケット) かなぁ。

いや、いっそ電話持つのやめちまおうか。それは無理か。FOMA への移行は優遇措置があっても PHS と同じ通信費でない限り考えんよ、多分。

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

Social connection

  • Check

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

これも見とるよ

その他

無料ブログはココログ