« 100002km | トップページ | 浜松で開幕 »

2005年10月28日 (金)

散瞳薬で夢の世界へ

会社を休んで目の検診。

いつも行っているのは、ちょっと交通の便が悪い上、受付時間の限られる総合病院。前回に引き続き、今回もタクシーの迎車をお願いするため、電話をしたら、名前と住所を言わなくても迎えに来てもらえた。

普段、タクシーなんてめったに使わないから知らなかったんだけれど、電話機の発信番号を基に客の名前や住所を特定しているみたい。成る程、便利だけれど、個人情報保護法には抵触しないんだっけ。

診察の結果については、黄斑上膜のせいで、歪みやぼけはまだ残っているけれど、網膜剥離については今回も特に問題なし。次回からは最初の (一応、かかりつけってことになるのかな) 診療所に行くことに。

しかし、網膜はもうくっついたのに、視野欠損もまだ残っているんだよなぁ。

毎度、検診の後は目薬のせいで瞳孔が開いてしまって、いつもはこんな風に見える景色 (再掲) が、
20051022-1

こんな風に眩しく見えるから、もうまぶたを開けていられない。
20051022-1a

なんか、ドラマとかアニメでよくありそうな、天国にいる場面といった感じ。

« 100002km | トップページ | 浜松で開幕 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

術後の経過、まずまず(?)で何よりです。(-人-)

高校生の時に目付近を打撲して瞳孔動かす
筋肉が、動かなくなって瞳孔開きっぱなしで
すっごく眩しかった思い出が・・。
車のヘッドライトは恐ろしく明るいし・・。
昼間の瞳孔開きっぱなしはキツイね。
お気をつけて。(-人-)

こんにちは
今朝 近所で「わ」さんと同じ車の色違いを見ました
あ! おんなじだ...と思いました(関係ないね ごめん)

私も 夏の強い日差しには 写真のようなカンジになります
夏は朝でも 眩しくて 車の運転が嫌なコトも...
私の場合は 目の病気ではないんですが
持病の影響らしいです(医者に日差しが眩しくないですか?と聞かれる)
治りが遅かったり 生活面で 煩わしさとかを感じて
イライラしたりするかもしれないですが
ホント焦らずに 気長にココロの余裕を持って 病気と向き合ってください
私は その方がいいと思います
お大事に...

32 さん :

どうもです。

ところで、目の付近の打撲って、瞳孔云々よりそれこそ網膜剥離の方が危なかったんじゃないかと。

まぁ、今、問題なければ大丈夫だったってことなんでしょうけれど。

悠葵さん :

日常的にいつも眩しいっていうのは大変だ…。自分の場合は、検診の後だけだから大したことないけれど。

なんか、すぐに完治するってもんでもなさそうだし、言われたとおり、気長にやっていこうと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78033/6705927

この記事へのトラックバック一覧です: 散瞳薬で夢の世界へ:

« 100002km | トップページ | 浜松で開幕 »

Social connection

  • Check

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

これも見とるよ

その他

無料ブログはココログ