« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月の9件の記事

2006年1月30日 (月)

立場が変わって

静岡に来て、仕事の内容も随分と変わった。いや、内容は前と関連している。変わったのは立場。

前までは指示された作業をこなせばよかった。その中で、自分でやり方を工夫して成果をあげればよかった。

しかし今は自分が作業の進捗を管理しなければならない。自分よりずっと経験のある人に作業をお願いしたりもしなければならない。しかも自分はまだこっちでの新しい仕事のことが飲み込めていない。

色々資料をつくって、会議にも出て、それなりに報告もしなきゃならない。けれども自分だけじゃちっとも出来なくてもどかしい。

いやぁ、ほんと、周りの人には申し訳なく思ってしまう。

早く慣れて、自分できちっと仕事を進められるようになるといいけれど。

5年半、お世話になりました

遂に浜松のアパートを完全引き払い。

って、引っ越してから1カ月以上経ってるんだけれど。

でもそれは、初めての本格的な引っ越しがすんなり終わるか不安で、解約を遅らせたため。

静岡の生活もだいぶ慣れてきたけれど、浜松のアパートの付近に来ると、それはそれで今でも違和感がなく、まだここに暮らしているような気さえする。

アパートには若干の荷物のほかに、ゴミや引っ越しで使った段ボール箱など、そこそこの量が残っていて、それを車に詰め込んで、これで本当になんにもなくなった。

最後に掃除機をざっと掛けて、照明器具を外し、ブレーカーを落として、部屋を施錠。

生まれて初めての一人暮らしだった。でも、これでもう、自分がこの部屋に入ることもなくなるんだな。

なんか、未だに実感がないけれど。

2006年1月27日 (金)

意外と多しデジタル一眼レフ愛好者

静岡の職場だけれど、なんと自分の席の近くにデジタル一眼レフのユーザーが二人もいた。

一人 (幹部社員) は事業撤退で話題のコニカミノルタ、もう一人は RAW 専用 (JPEG 出力不可) で一般人を寄せ付けないシグマのユーザー。

レンズも色々持っていそうな感じで、このお二人と比べたら、自分はかなりお気楽で、投資金額だって少ないんじゃないかと。

そいじゃ、そんなお二人でもきっと持っていないに違いないフィッシュアイズームで、つい先日、北九州にて撮った写真でも。

小倉駅に入る山陽新幹線「ひかりレールスター」。

20060122
ペンタックス *ist DS、DA FISH-EYE 10-17mm F3.5-4.5 ED [IF]、17mm、1/90秒、F6.7、ISO 200。

魚眼特有の強い遠近感を残しつつ、そう不自然にならずに撮れたかなと、フィッシュアイ初心者としては、まあそれなりに自己満足しとります。

2006年1月22日 (日)

只今、北九州

九州に1泊2日というのは果たしてどうなのか…。

2006年1月16日 (月)

転勤1カ月

転居してほぼ1カ月。新天地での生活もほぼ軌道に乗ったと思う。

しかし、仕事の方はまだまだ慣れず、周りの足を引っ張りながらなんとかやっていっているといったところ。いつも申し訳ないなあと思いながら。

これまで縁のなかった、お偉いさんの列席する月例会議に何故か自分も出てあれこれ報告しなきゃならんくなったし (決して自分が偉くなった訳じゃない)、体力的にはそうでもないけれど、気分的には結構疲れる。

勤務地が変わって、これまで勤務していた浜松の事務所と今の静岡の事務所についての見方も変わった。

浜松は全社の中でも特に小規模な事務所のため、ほかより活気がないんだと思ってた。対して人の多い静岡は、いつも賑やかそうでいいなあと。

でも実はそうでもないみたい。

人の多い事務所でも、みんなの顔が分かる訳じゃない。一方、小さな事務所はみんな顔見知りに近い。そう考えると、人数の大小と活気の良し悪しって実はそう関係ないんだなと気付いてみたりして。

住まいにしても職場にしても、離れてみて初めて、元いたところの良さに気付いたりするんだなぁ。

2006年1月 8日 (日)

トラックバックスパムの廃人

何故か 乙酉と丙戌と魚の目レンズ の記事にずっとトラックバックスパムが来る。なんでこの記事ばかりに来るのか不思議だ。

仕方ないし、もう面倒なので、当面、この記事だけトラックバックを受け付けないようにしてみる。

????.blog44.fc2.com に誘導しようとするあんただよ。迷惑なのは。恥を知れ。

で、今度は今書いたこの記事にまたスパムが付いたりするんだろうか。

2006年1月 6日 (金)

ADSL 移転も完了

漸く ADSL の移転工事完了。

加入電話を使用していない専用線型 (いわゆるタイプ 2) の場合、工事日に在宅している必要がある。そうかといって休日に工事してくれる訳じゃない (というか工事日は勝手に決められる) ため、年次休暇を取得。

朝、工事の担当者がやってきて、モジュラージャックに何か差し込み、携帯電話でどこかと連絡。

「180 ですね。近いね。」

と言ってた。

浜松では「650」と言ってたので、多分、ノイズとか抵抗とか、そういうのを計測したんじゃないかと。

担当者が帰った後、ADSL モデムを接続して電源投入。リンク速度を見てみると 9.5 Mbps ぐらい出てる。前に地図を見たら交換局が近くにあったからそれなりに速いだろうと予想はしてたけれど、思った通りでやっぱり速い。浜松の4倍ぐらいだ。こうなると、無線の方がボトルネックになるな。

2006年1月 5日 (木)

W-ZERO3 + nPOP

W-ZERO3 (というか Windows Mobile 5.0) に付いている Outlook Express 風のメーラー。

これ、それなりに使えるソフトではあるんだけれど、自分の使い方に合ってない部分も多い。

例えばメールの送信。

メールを作成して [送信] を実行すると、[送信トレイ] にメールが保存されて、次回 [送受信] を実行したときに実際に送信される。まぁ、それはいい。

しかしこのとき、送信前に受信もするもんだから、サーバーにメールが溜まっていると送信し終わるまでに結構時間が掛かってしまう。

また、受信時は、1通目を受信すると受信の通知音が鳴り始める。ここまではいいんだけれど、2通目以降も受信すると、続けて受信音が鳴り、結局全てのメールを受信し終わるまで受信音が鳴り続ける。例えば数十通のメールが溜まっていると、それを全部受信し終えるまで受信音が鳴り続けるわけで、これがしつこい。1通でも100通でも、通知音は 1回だけでいいのだ。

後、メールを返信するとき、送信するアカウントを変更できないのも痛い。例えば、ウィルコムで受信したメールをプロバイダから送信することが出来ない。

そこで、W-ZERO3 に、Pocket PC 2002 用ではあるけれど nPOP をインストールしてみた。

そしたら、これがなかなか良さそう。送信と受信操作は個別に実行できるし、返信時のアカウントも自由に設定できる。

Windows Mobile 標準の「連絡先」と連動してくれないのが残念だけれど、自分にとっては nPOP の方が実用的に感じるので、ウィルコムのメールの受信以外は nPOP を常用することにしようかな。

2006年1月 2日 (月)

乙酉と丙戌と魚の目レンズ

新年おめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

昨年は特に節目の年というわけでもなかったけれど、その割に振り返ってみると色々なことが起きたなぁと思う。

かいつまんで挙げてみると…。

遅ればせながらのウェブログ新設、祖母の他界、8年ぶりの PHS 事業者変更、万博通い、飛蚊症、網膜剥離、そして初めての入院、転勤と転居、テクニカルエンジニア (ネットワーク) 合格…。

ばたばたした一年だったけれど、祖母の他界を除けば、色々といい経験になった年だった。入院も家族友人に心配は掛けたけれど、術後は特に問題もなさそうだし、本人は貴重な経験になったぐらいに思ってるぐらい。

# 祖父母の場合、喪に服するのは数ヶ月でいいみたいなので、年賀状は通常通り (?) 出しました。

そうそう、冬のボーナスの主な使い道は、転居にかかる雑費、W-ZERO3、そしてデジタル一眼レフ用の交換レンズとなった。

3つめの交換レンズ、買ったのは DA FISH-EYE 10-17mm F3.5-4.5 ED [IF]。フィッシュアイ、つまりズームの魚眼レンズ。ウェブ上では俗称として「魚の目 (ウオノメ)」なんて呼ばれている模様。

購入後、早速レンズ付けてファインダーを覗くと、これがもう面白くて仕方ない。元日も早速持って出掛けた。

20060101-1
ペンタックス *ist DS、DA FISH-EYE 10-17mm F3.5-4.5 ED [IF]、10mm、プログラム AE (-0.5 EV)、ISO 200。

こういう具合に乗用車の室内を撮るのにはなかなか使えそう。狭い空間で広く写せるのは魚眼ならでは。

20060101-2
ペンタックス *ist DS、DA FISH-EYE 10-17mm F3.5-4.5 ED [IF]、10mm、プログラム AE、ISO 200。

これは子供の頃、よく遊んだりした無名 (?) の神明宮。年始に行くのはほぼ恒例かな。

最大画角が 180度。つまり構えたカメラのほぼ真横の物が写る。神明宮のも石段の真ん前で撮っている。遠近感も強く出て、境内がとても大きく見える。

なんか、こういう魚眼レンズこそデジタル一眼レフに打って付けだと思う。コンパクトタイプのデジタルカメラには出来ない楽しみ方だし、フィルムの一眼レフで慎重に撮るのもいいけれど、デジタルでサクサクと撮るのがいいと思う。レンズ前 2.5cm まで接写できるというのも面白い。

しかし、いざ使いこなそうと思うと難しそう。

写真を撮るときは撮影者の影を入れないようにするのが一般的だけれど、このレンズじゃ殆ど無理。この辺は気にしない方が良さそう。

後、画面の中心を通る線は歪まないので、それをうまく生かすと自然な感じも残って良さそうなんだけれど、これもなかなか単純にはいかなくて。

そんなわけで、W-ZERO3 とフィッシュアイズームを買って、GR DIGITAL の購入は当面見送り。

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

Social connection

  • Check

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

これも見とるよ

その他

無料ブログはココログ