« ノジマも閉店 | トップページ | 京ぽんの PHS 回線解約するよ »

2006年3月 5日 (日)

飛蚊症から半年

先日の 悠葵さん に続いて、新たに 金星のゾウさん からもコメントを頂いた。

どちらもコメント先が目に関する記事ではなかったのと、飛蚊症 を自覚してから半年経ったことにも気付いたので、ここは記事を新たに起こすことにする。

先ず飛蚊症についてだけれど、消しゴムのかすが見えるのは相変わらず。改善していなければ、悪化もしてない。

ただ、半年前に比べれば、少しは気にならなくなってきた。いや、気にしないようにしているといった方が正確。

例えば日中、自動車を運転するときは、眼鏡にクリップオンタイプの偏光サングラスを取り付けてみたり。こうすると明るさが程よく抑えられ、消しゴムのかすもそんなには気にならなくなってくる。また、飛蚊症とは関係ないけれど、偏光グラスのお陰で自分の車や対向車のフロントガラスに見える映り込みが消えて、結構見易い。そんなわけで、サングラスは日中、晴天に限らず、曇っているときでもよく使う。

視野欠損については、手術してから殆ど回復している。完全に回復しているかどうか分からないけれど、日常的には問題ない。

昨年末に検診に行って、次は 3カ月後ということなので、近々また検診に行く予定。定期的な受診は今後も続くんだろう。

さて、ここからは金星のゾウさんへ。

飛蚊症でお悩みとのことですが、先ずは眼科に行きましょう。

飛蚊症自体、眼科では一般的な症状のようなので、普通に見てもらえるはずです。

飛蚊症は突然発症しましたか。強度の近視ですか。どのくらいの年齢ですか。

既に調べられているかも知れませんが、通常、飛蚊症が原因で重大なことになることはありません。但し、自分のように、ごく稀に網膜に異常が起きることもあり、その前兆として飛蚊症を自覚することがあります。特に、眼球を強打した記憶があるとか、突然、閃光のような物が見えたりしたら (光視症)、要注意 (自分の場合は眼球の打撲も光視症も自覚がありませんでしたが)。

網膜が剥離し始めている場合、放っておくと視野が欠損し、失明に至るおそれがあります。

なるべくすぐ、眼科の専門医に診てもらいましょう。痛みを伴うような検査はないと思います (少なくとも自分の時はありませんでした)。但し、検査後、一時的に見えにくくなることがあるので、自分で車を運転していくのはやめた方がいいでしょう。

まあ、大抵の場合、何事もないと思いますが、悩みや不安が解消されるだけでもいいじゃないですか。

因みに、残念ながら飛蚊症自体、将来、回復することは殆どないそうです。他の病気で硝子体手術をした結果、飛蚊症がなくなったりすることはあるそうですが、飛蚊症のために手術をすることはないとのことです。

« ノジマも閉店 | トップページ | 京ぽんの PHS 回線解約するよ »

心と体」カテゴリの記事

コメント

「わ」さん、あつかましくお伺いしたうえ、また丁寧なご回答を頂きありがとうございました。
飛蚊症を発症して半年、その間6件くらい眼科をまわりました。そのうち、今かかっている眼科は、硝子体手術をすることがきでるとのことですが、合併症のリスクもあるので、迷っています。このまま飛蚊症に慣れていくのか、少しは改善されるのかご意見を伺いたく、お尋ねしたしだいです。

金星のゾウさん、やはり既に眼科に掛かってみえましたか。それなら網膜については大丈夫そうですね。

自分だったらですが、先ずよっぽど安全ということでない限り手術は受けないと思います。飛蚊症自体、煩わしさは相当のものがあるものの、目の機能的にはそう問題にならないし、加齢によって多かれ少なかれ発症することも考えると…。やっぱり手術はこわいな、と。

今後、飛蚊症とどう付き合っていくか考えてみてもいいんじゃないでしょうか。

前に述べたとおり、気にしないようにしてみたり、色の付いた眼鏡を使ってみたりするとか。

まぁこれは自分だったらという意見に過ぎませんので、金星のゾウさんは信頼できる先生とよくご相談ください。

自分としては、飛蚊症も気になりますが、黄斑上膜による像の歪みもまた気になっています。これは特に五線譜を見るとき、音符の位置が分からなくなったりして辛いですねぇ。

「わ」さん、どうもありがとうございました。
今は色つきのめがねで、心なしか軽減されている気はします。
白い物が大好き、青い空が大好き・・・
もう一度邪魔者なしで眺めたい。
手術の件は担当医とよく相談してみます。

はくりさんからいただいた以下のコメントの返信です。

http://wa.cocolog-enshu.com/pseudodiary/2011/04/pdf-140-f4d3.html#comment-62165202

はくりさんも大変でしたね。

ご質問いただいた件、自分の場合はですが、飛蚊症はそのうち慣れると思います。
確かに最初のうちは結構ストレスになりますよね。特に明るいところを見ているときは。
だからなかなか難しいとは思いますが、なるべく気にしないようにして慣れるのを気長に待つのがよろしいかと。

調光レンズのサングラスも、それで劇的な効果がある訳じゃありませんし、人によって感じ方も違うかと思いますが、いくらか和らぐと思います。

少しでも参考になれば幸いです。

早速お返事ありがとうございます。

やはり,いつかは慣れるものなのでしょうかね(汗)。

ちなみに わさん は屋内でもぶんぶん見えいているタイプですか?
私は普通にしていても四六時中見えるといったほうがいいかもしれません。
しつこく,申し訳ありません。

屋内でも四六時中、ぶんぶん見えてますよ。今だってふわふわと…

時間はもう少し掛かるのかも知れませんが、慣れると思いますよ。

よかった・・。それを信じて落ち込むのを減らそうと思います。
本当にありがとうございました。
また,辛くなったら寄らせてくださいね♪

ほんっとに
しつこくてすいません。
発症年齢が多少早いみたいで周りに仲間がいません。
なので,本当に何度もすいません。

私は右目の視界中心,若干右寄りに大きな奴がいます。
透明っぽいのではありません。

わさん はどのあたりに飛蚊がいますか?
眼球の動きについて回りますか?
奴に視界を横断,縦断されますか?
対象物が近づけば近づくほど縮尺が小さくなってゴマのような黒粒になっていやな気分とかなりませんか?

それら,ぜーーんぶひっくるめて慣れますかね・・。(;ω;)

私の場合は左目の中心かその少し上を大きくて黒いのが浮遊しています。
眼球の動きに付いてくるのは同じです。

同じ形が見えてる訳ではないと思うので断言できませんけれど、
十中八九、慣れると思いますよ。

なので、半年ぐらい経っても耐えられないようでしたら、
そしたら眼科医に改めて相談するのが良いと思います。
勿論、途中で浮遊物の量が急に増えたらすぐ眼科医に診てもらった方がいいと思いますが。

お忙しいのに何度も何度も,ありがとうございます。
似たような状況の方の体験談が眼科医より何より強みのあるお言葉なのです。

正直,飛蚊に慣れた動きもたくさんあります。
ただ,どうしてもウェっとなる動き(特に無意識に動かした眼球を意識させられるたり,ぼーっとした目で作業中に逆に飛蚊に焦点があったり)に耐えられないということなんです。

確実に精神的が参っています。
わさん は飛蚊症になられたときからブログを拝見しても取り乱しておられる様子もないし,私は自分の神経質な弱い部分が災いしているようにも思います。

でも,そうやって慣れてらっしゃる方もおられるので自分もなれるような努力をしようと思います。

また,来るかもしれませんがお時間のあるときで構いませんのでお返事をいただけたら大変うれしく思います。

本当にありがとうございました。

わ さん。
また,来ました。

私は神経質で,どうしても飛蚊が気になります。
わさん,気にしないようにするとは どうするのでしょう?

たとえば,何をしても飛蚊はちらつくと 思うのですが,そのとき「あっいやだ。」と思いますよね。

そこで私はどんどん,気になっていちいち又ちらついてる,と考えてしまうのです。

わさんは そういうときどうやってヒブンに踏みとどまらないでいるのですか?

教えていただけませんか?

私にとっても飛蚊症はとってもうっとうしい存在です。
しかし、それよりも黄斑上膜による像の激しい歪みの方が重大な問題なので、いちいち飛蚊症を気にしていられないのかも知れません。

私は職業柄、PC で Excel の画面を見ながら作業することも多いですし、趣味で楽器演奏をするので楽譜を見ることも多いのですが、そういったものを見るとどうしても線が歪んで見えるため、縦横の位置を速く正確に読み取ることが難しく、結構いらいらしたりします。

飛蚊症も黄斑上膜もひどいのは左目の方なので、どうしても気になるときは左目を瞑って物を見たりします。

後、自分の場合、網膜剥離をやっており、視力を失わずに済んだという気持ちもあるので、飛蚊症を受け入れられているのかも。

はくりさんにとって飛蚊症がどうしても気になって日常生活に支障が出ているようでしたら、やはりここは別の専門医に相談してみてはいかがでしょうか。

そうでしたか・・。
皆さんそれぞれ悩みがあるのですね。
申し訳ありませんでした。
自分のことばかり申し上げました。
ゆがみも相当イライラされることと思います。
お察しします・・。

メンタルクリニックですよね・・。
実はもう行っています。
気になって仕方がない,ヒブンは(基本は)取り去れない,の葛藤で神経症となっています。

何度も伺って申し訳ありませんでした。

あ、いやいや。

「申し訳ありません」だなんてとんでもないです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78033/8958867

この記事へのトラックバック一覧です: 飛蚊症から半年:

« ノジマも閉店 | トップページ | 京ぽんの PHS 回線解約するよ »

Social connection

  • Check

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

これも見とるよ

その他

無料ブログはココログ