« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月の23件の記事

2006年8月31日 (木)

新幹線に乗車中

さっき関東地方で地震があったらしく、送電が止まって新幹線も止まっちゃっ
たんだけれど。

初めての経験。

あ、電気がついた。取りあえず。

今朝の食事

今朝の食事

500円。分煙になっとらんのが惜しい。

と思ったら、禁煙席あった。

流行を追わんかった「付け」

これまでの仕事に加えて、また新しい仕事に (ちょっとだけだけれど) 携わることになった。今の仕事に関わる技術だってまだろくに消化できてないのに…。

入社以来、静岡に転勤になるまで、ずっと同じ仕事をしてきたけれど、その間、日々の業務をこなすだけで面倒になっちゃって、ソフトウェア業界の新しい技術を使って、自主的に何か試してみたりするのはすっかり怠ってた。 精々、本当に上っ面の情報だけを見てたぐらい。

こうした付けが今になって返ってきている。

けれども、今だってのんびり勉強している時間はない。それにしても覚えなきゃいかんことも多すぎるよなぁ。こういう業界にいるから仕方ないんだけれど。

これからは、如何に新しい技術を習得するかだけを考えとったら駄目。要所をうまくかいつまんで、要領よく、しかも大局的に知識を得るにはどうしたらいいかも意識しなきゃいけない。

でも、今、こうして自分に新しい機会を与えてもらえることには感謝しなきゃ。

プログラマ30歳定年説? 知らん知らん。

2006年8月28日 (月)

アルメニアンダンス

リンク: NHK情報ネットワーク 番組 Topics2006 響け!みんなの吹奏楽.

録画しておいたのを見たら、フェリス女学院大学フェリス・ウインド・アンサンブルをサクソフォーンプレーヤーの 須川展也 さんが指導するという内容。

題材となった曲目はアルフレッド・リードの「アルメニアンダンス (パート I)」という吹奏楽の定番。

構成する5つの原曲やその詩の内容まで在日アルメニア人に聞いて調べたりするという、かなり興味深い内容だった。

で、この曲、自分が今度の演奏会でやる曲目だったりして。

アルメニアンダンス自体は定番ということもあり、よく聴いて知っている曲なんだけれど、実は吹いたことがない。楽譜が配布されたのが後の方だったということもあるし、何より浜松にいたときと比べて個人練習の機会が少ないこともあって、ちょっとまずい。

中盤の 8分の5拍子のところもまだ惑わされるし、終盤の Furioso もやばい。何とかしないと。

2006年8月24日 (木)

ITmedia News:Gmailが国内でも登録制に、招待状なしでも利用可能

前にも紹介したけれど、これはちょっとお薦め。

リンク: ITmedia News: Gmailが国内でも登録制に、招待状なしでも利用可能.

一般的なウェブメールとしても勿論だけれど、いつものメールボックスに届くメールを Gmail に転送すれば、迷惑メールのフィルタリングとして使えるし、更にフィルタリングして PHS や携帯電話に転送するのも便利。自分が送信するメールも Bcc で Gmail のメールボックスに送信しておけばバックアップにもなる。

久々の長電話

日付が変わって昨日は定時退社日。

久々に(?)、早く帰宅すると、珍しく大学の後輩から電話がかかる。

特段、用件があったわけではないけれど、近況 (8割ぐらいが後輩の愚痴?) などを聞く。

で、終わってみれば 3時間の長電話。こんなに長時間、電話してたのも久々。

それにしても中学校の、しかも若手の先生というのは、何かと大変そうだ…。

公立の小中学校の先生ほど努力を正当に評価されない職業っていうのも、なかなかないだろうねぇ。それでもやりがいを持ってやっとるみたいで、それが救いだけれど。

教員にこそ、成果主義を導入した方がいいかも。いや、何人の生徒を難関校に合格させたかという評価じゃなくてね。

2006年8月22日 (火)

退職理由

ちょっと気になった記事。別に、自分が退職を決意したとか、そういう願望があるとか、そんなんじゃないので、念のため。

リンク: 「退職理由は繰り返す」のはなぜ? - @IT自分戦略研究所.

前の会社を退職した理由としてよく出てくるのが母親の病気とその看病なんだとか。人事採用の人にとっては割と有名な話のようなんだけれど、自分はそんなの知らなかった。

それで、採用担当の人は、その退職理由を聞いてあらかたの事情を察するわけだけれど、それでもその事情には敢えて踏み込まないんだとさ。

じゃあ、退職届を書くとき、履歴書や職務経歴書を書くとき、採用面接の時にはどうすればいいか。そのこともこの記事にはきちんと書いてある。それと、本当の退職理由はどこにあると思われるかについても。

確かに、環境を変えるだけで自分を変えようとするのは難しいのかも知れない。

もっとも、意気地がなくて面倒臭がりな自分なんか、環境を変えようとしている人を見るだけでもすごいと思っちゃうんだけれど。

自分の周りには環境を変化させてうまくやっている人も多いような気がするけれど、その成功のために、環境を変えること以外にも色々努力してるんだね、きっと。

2006年8月21日 (月)

深夜割引、数珠繋ぎ

日付が変わって昨日の日曜日、吹奏楽の練習で浜北 (浜松) へ。

練習は朝から夕方までだから、行きも帰りも ETC の通勤割引が使えると思ったけれど、結局、帰りは深夜割引になってしまった。

どうせなら出口のインターチェンジで確実に 0時過ぎになるよう、サービスエリアで時間調整。

お盆のラッシュは終わったはずなのに、サービスエリアの給油所は自動車がまだ数珠繋ぎ。道も日曜の深夜とは思えないほど混んでたし。

それにしても、歯茎を火傷して皮がぼろぼろ剥ける。痛いというか気持ち悪いというか。

2006年8月16日 (水)

真夜中の浜名湖 SA

給油ついでにちょっと休憩。

夜中の2時過ぎてるのに、上りの給油所で車が数珠繋ぎ。U ターンラッシュだからなのか、ガソリンの市場価格の影響だからなのか…。

この時間なら道も空いてると思ったんだけれど、それも甘かった。渋滞こそ (今のところ) ないけれど、平均 80km/h ぐらいだし。

2006年8月15日 (火)

新しい SNS

Yahoo! Days、また新しいのに手を出しちゃったよ。

GREEwycomixi に続き、4個目。実質、どれも能動的に活用してないんだけれど、興味本位で。

ただ、Yahoo! Days は SNS 内の日記と外部のブログを同時に取り扱えるみたいだから、もしかしてもしかしたら、能動的に活用する可能性がある、かも。

誰か、Yahoo! Days、使ってる?

NATURA 1600

ついこの前、帰ったばかりだからとは思ったけれど、折角の連休だし、次はいつになるか分からないし、ほかにも色々思うところがあって、帰省することにした。

混雑を避け、交通費も抑えるため、移動は深夜。

20060814

これは姪っ子の足。物凄く体を動かすようになった (足を振り回すからピントが合わない)。物もよく掴む。

この画像は GR DIGITAL でちょっと撮ったものだけれど、いつもはカラーネガフィルムが多い。

カラーネガフィルムでも、最近は フジカラー NATURA 1600 というのをよく使うようになった。

主な影響は NATURA BLOG から。

今の ISO 1600 のフィルムって、超高感度特有の粒状感が少なくて思ったより滑らか。ノンフラッシュでもシャッター速度を稼げるから、ぶれの心配も少なくて使い勝手がいいし、描写も自然。ネガフィルムの特徴であるラチチュード (明るいところから暗いところまで同時に記録できる寛容度) の広さを活かし、+1~2 ぐらい露出補正すると、プリント時にうまいぐらいに仕上がる。

# 例えばこれがデジタルカメラだったら、窓の外が真っ白になってしまったり、影が真っ黒になってしまうところ。

実用上、唯一の欠点は、外付けのフラッシュが ISO 1600 に対応しないこと。ISO 1600 のフィルムを使う場合、フラッシュはオートで使えなくなる。この点だけ気を付ければ、ISO 1600 のカラーネガフィルムはとっても便利。

撮影し終えたフィルムは写真店へ同時プリントに出し、ついでに JPEG 化した画像データを CD-R に焼いてもらう。それが仕上がったら、今度はいくつか焼き増しして (面倒なときは同時プリントの時に予め全コマ 2枚とか3枚ずつプリントしてもらう)、写させてもらった人にあげる。

これがちょっとお金のかかるところだけれど、ネガフィルムならではの楽しみ方だったりすることを再確認。

2006年8月13日 (日)

浜松行くのに渋滞 25km

昨日は 3週間ぶりに吹奏楽の練習のため、浜北 (浜松) へ。

テレビのニュースで帰省ラッシュがどうとか言ってたのを思い出し、少し早めに出掛けたんだけれど、出発直後、車内にコーヒーをひっこぼすなどの事故があり (自己責任…)、結局、いつもとそんなに変わらない出発時刻になってしまう。

# 書いてみて思ったけれど、「ひっこぼす」って九州弁?

いつものように新日本坂トンネルをくぐり (トンネル出てすぐのところで多重事故があったらしく、事故車が1車線、塞いでて、なかなか通り抜けられず…)、いつものように焼津 IC から東名高速道路に入る。

そしたら、掛川から相良牧之原まで渋滞 25km って…。ちょっと県内を移動するだけなのにその渋滞って、あり得んわ。

相良牧之原 SA で一旦車を止め、ちょっと思案。

行く気を失いかかったけれど、ここのところ練習さぼってるしなと思い直し、練習には遅れそうと連絡を入れる。このまま通行料を払って渋滞にはまるのもあほみたいな気がしてきたので、取り敢えずここで高速を出て、カーナビ頼みで一般道路を使って浜北へ。

# それにしても SA の給油待ちの車列がすごかった…。

そして、いつも合奏練習の始まる 19時に 5分遅れで到着。

と思ったら、いつもと様子が違う。

え。合奏練習は 18時半からだったの? 知らんかったよ…。

ちょっと休むとなんとなく取り残されてる気もするし、平日の個人練習には先ず行けないし、やっぱり浜松静岡間を行き来するのは厳しいのかなあと思う今日この頃。

2006年8月12日 (土)

いとこめい

従姉の娘 (つまり「いとこめい」向こうから見れば「いとこちがい」) が全国ネットの某テレビ番組で、最近、天気キャスターをやってるとのこと。

その話自体は少し前から知ってたんだけれど (でもまだテレビでは見てない)、ちょっと思い付いて Google なんかで検索してみたら、その名前で 4万件近くもヒットしてしまって、もうびっくり。

しかも、ファンサイトなんかもあるみたいだし、ウィキペディアにもしっかり項目が出来てる。

そんな有名人だったのか…。

2006年8月 9日 (水)

ぎこちない

姪っ子に自分が初めて乳を飲ませてるところ (後ろは叔母)。

20060806_1157_00001

危なっかしい…。

花火大会の撮影

先週末は袋井、清水、岐阜 (長良川)、浜松 (鹿島) などの花火大会があったようで、特に今年は、自分の周りでもデジタルカメラで撮った画像がいっぱい。例えば hiro ちゃん。

リンク: So-net blog:体力の限界に挑戦!でもほどほどに☆:花火大会.

しかし、みんな撮影には相当苦労しているようで。

自分が初めて打ち上げ花火の撮影に挑戦したのは高校生のときぐらいだったかな。当時、聞いていたラジオ番組のスポンサーがペンタックスで、ラジオのコーナーで花火撮影のイロハを説明してて、自分でも撮ってみようと思ったのが切っ掛け。

当時のラジオ番組であった説明の要旨はこんな感じだったと思う。

  • カメラはバルブ撮影機能のあるものを (「B」が目印)
  • 三脚を用意
  • ケーブルレリーズも用意
  • フィルムの感度は ISO 100
  • 絞りは F8 位で
  • 花火が上がったらシャッターを開き、そのまま数秒間、開いたまま

この時以来、機会があればカメラと三脚を抱えて出掛けてる。 けれども、いいのを撮ろうと思ったら、えらい早くに会場に出掛けて、いい場所 (邪魔になるものがなくて自分も邪魔にならない場所) を確保しなきゃ駄目なんだよね。

デジタルカメラでの花火撮影は、この説明が分かりやすくてお薦め。

ITmedia ライフスタイル: 第27回 打ち上げ花火とセッティングの関係

先週末、自分が岡崎で撮った花火が これ。 100枚以上撮ったうち、まあまあだった1枚。 デジタルカメラで三脚を据えて撮ったのは初めてだったりして。

打ち上げ花火がうまく撮れるかどうかは運に近いものがあるから、フィルム代の掛からないデジタルカメラの特長を最大限に生かして、とにかく沢山、シャッターを切るのがいいよ。

2006年8月 8日 (火)

Intel の無線 LAN アダプタ「PRO/Wireless」シリーズのドライバに脆弱性

リンク: Intelの無線LANアダプタ「PRO/Wireless」シリーズのドライバに脆弱性 .

今、使っている Let's note も該当するワイヤレス LAN を使っておりまして。

この脆弱性とは先ず関係ないと思うけれど、最近、稀にワイヤレス LAN が不調。PC が休止状態から復帰したとき、何回かに1回、ワイヤレス LAN が使えなくなる。

こうなると、ワイヤレス LAN のプロパティも開けなくなって、再起動するしかなくなる。

弱ったなぁと思ってたところ、今度は STOP 画面 (ブルースクリーン) も出てしまった。

Microsoft にレポートを送ったら「Centrino を使ってるならワイヤレス LAN のドライバを最新にせよ」という趣旨のウェブページが表示されたので、パナソニックからの告知はないけれど、自分で Intel のサイトからドライバをダウンロード。

で、デバイスドライバを更新したところ、取り敢えず使えてはいるし、以前のように不調になることも STOP 画面が出ることもなくなった。今のところは。

ところが、今度は別の問題が。

どういう訳か、ワイヤレス LAN の接続が時々途切れる。ほっとくとすぐ勝手に再接続されるからすごく困ってるわけじゃないけれど、気持ち悪い。

こりゃ、パナソニックから告知があるまで待つべきだったか。うーん。

富士宮やきそば弁当

富士宮やきそば弁当

新富士駅の駅弁。

県代表、おめでとう

我が出身大学が吹奏楽コンクールで今年も県代表になったということで、吹奏楽団のウェブサイトの情報を更新。

もう随分遠い世代となってしまったけれど、後輩の皆さん、おめでとうございます。

それにしても、この秋で吹奏楽団のウェブサイトを開設して 10年。引退してもう何年も経つのに、未だにウェブサイトの維持をしている自分も物好きなもんだなあと思う。

世代の離れた OB がこうしてやっていると、現役の人達もやりにくいだろうし、いい加減、手を引くべきだとは思っているんだけれど、なかなか難しい事情もあって、世代交代も出来ずじまい。

それでも、顔を見ても分かんないけれど、今になっても現役の人達と小さな繋がりを保てるというのは有り難いことだと思う。

2006年8月 6日 (日)

スカイデッキ

スカイデッキ

かつての名古屋空港とはえらく違って、すっきりしとるなぁ。

中部国際空港

中部国際空港

初めてのセントレア。

出発ロビー。

2006年8月 3日 (木)

久々に

久々に

うちを早く出て、外でちょっと朝食。昨夜、22時ぐらいには寝ちゃったので。

駅の中もよく見れば、軽い朝食をとるのにちょうどいい店が案外あるもんだ。

2006年8月 1日 (火)

153円

うちの近くのガソリンスタンドに出てた無鉛ハイオク1リットルの単価。

はぁ…。

今月は極力サービスエリアで給油しよう。

めでたい続き

つい先日、会社の同期の一人が結婚式を挙げたばかりなのに、今度は某後輩から結婚式の仮招待を受けてしまった。

ここまで漕ぎ着けるのにえらい時間が掛かっちゃったね。交際を進めようにも環境がなかなか整わなくって大変だったろうに、何だかんだでよく乗り越えちゃったよね。

なんにせよ、めでたい。

こうなったら自分もこの流れに乗って、この前の 零次会 で画策(?)したとおり、難しい話は抜きにして、手当たり次第、結婚を申し込むとしよう。

嘘。急いては事をし損じる。

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

Social connection

  • Check

最近のトラックバック

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

これも見とるよ

その他

無料ブログはココログ