« 演奏会の色んな意味での課題 | トップページ | 取り敢えず予約しちゃった »

2006年9月16日 (土)

ボディ内手ブレ補正、ゴミ取り機能内蔵デジタル一眼レフ「K10D」

*ist DS を購入してもうすぐ 2年。そろそろ CCD のクリーニングに出さないとなぁ。

しかし、クリーニングといっても近くにサービスセンターがある訳じゃない。旭光学時代、10年ぐらい前には静岡市にもサービスセンターがあったようだけれど (MZ-M や AF280T の取説に載ってる)、今は東京と大阪だけみたい。

となると、販売店なんかで CCD のクリーニングに出すことになり、恐らく1~2週間ぐらいは掛かるわけで、その間、手元にないというのも不安。

そう考えると、*ist DS に特に不満がある訳じゃないけれど、やっぱり 2台目のデジタル一眼レフが欲しい。ボディ内手ぶれ補正の K100D は惹かれるけれど、ゴミ対策は従来と変わらず、何もなし。

ニコン、ペンタックス以外の主要メーカーが相次いでゴミ取り対応のデジタル一眼レフを発表する中、秋に発売予定とされていた新機種 (【PIE2006】 ペンタックス、1,000万画素デジタル一眼レフなど参考出品) でゴミ対策がなされて、それなりの値段だったらいいのにと思っとったんだけれど。

リンク: ペンタックス、ボディ内手ブレ補正内蔵 1020万画素の「K10D」発表 (MYCOM ジャーナル).

いやぁ、遂に出た、って感じ。実売価格12万円というと、2年前に買った *ist DS のレンズキットとほぼ同額といったところか。

*ist DS と比べると引っかかるのは以下。

  • 200g ぐらい重い (*ist DS より上位機になるから仕方ないけれど)。
  • 単3電池が使えない。撮影可能枚数もやや少ない?
  • AF280T のような従来型の外付け TTL ストロボが使えない (外光オートならつかえると思うけれど)。
  • 最高感度が ISO 3200 から ISO 1600 に落ちた。

でも、気になって仕様がないというほどのこともない。それ以上に手ぶれ補正とゴミ取りが魅力。

夏のボーナスで GR DIGITAL を買ったのに、K10D も欲しいよ。1,000万画素の画像を使いこなせる技術と環境がないのに。

*ist DS を下取りに出してもいいけれど、組み合わて予備機にするのもいいな。故障時も安心だし、ほかに荷物が多くて軽く済ませたいときは *ist DS、荷物が少なければ K10D と使い分けるのも良さそうだし。

« 演奏会の色んな意味での課題 | トップページ | 取り敢えず予約しちゃった »

カメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78033/11916969

この記事へのトラックバック一覧です: ボディ内手ブレ補正、ゴミ取り機能内蔵デジタル一眼レフ「K10D」:

« 演奏会の色んな意味での課題 | トップページ | 取り敢えず予約しちゃった »

Social connection

  • Check

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

これも見とるよ

その他

無料ブログはココログ