« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月の6件の記事

2006年9月19日 (火)

取り敢えず予約しちゃった

遂に予約しちゃった、K10D

愛知の地元店、某 A カメラが年内でポイントサービスを廃止するとのことだったので、帰省ついでに残っているわずかなポイントをここで使おうとも考えたけれど、静岡の隣の市にある某カメラ店で 11万円弱だったのを見つけて、ま、ここでいっか、と。

後はソフトケースも。AC アダプターは *ist DS のときに買ったけれど、あんまり使わなかったので、今回は取り敢えず見送り。*ist DS と K10D で共通だったらよかったんだけれど、電源が違うから無理か。

しかし、重さが MZ-M 2台分以上。ちょっと重そう。

一昨年は *ist DS を買って、去年はレンズを買って、今年は GR DIGITAL を買ってって、なんか物だけ揃っていくけれど、その割に使いこなせてないような。

まだお金を払ってないから、気が変わっても取り消しは出来るはず。さ、どうする。

2006年9月16日 (土)

ボディ内手ブレ補正、ゴミ取り機能内蔵デジタル一眼レフ「K10D」

*ist DS を購入してもうすぐ 2年。そろそろ CCD のクリーニングに出さないとなぁ。

しかし、クリーニングといっても近くにサービスセンターがある訳じゃない。旭光学時代、10年ぐらい前には静岡市にもサービスセンターがあったようだけれど (MZ-M や AF280T の取説に載ってる)、今は東京と大阪だけみたい。

となると、販売店なんかで CCD のクリーニングに出すことになり、恐らく1~2週間ぐらいは掛かるわけで、その間、手元にないというのも不安。

そう考えると、*ist DS に特に不満がある訳じゃないけれど、やっぱり 2台目のデジタル一眼レフが欲しい。ボディ内手ぶれ補正の K100D は惹かれるけれど、ゴミ対策は従来と変わらず、何もなし。

ニコン、ペンタックス以外の主要メーカーが相次いでゴミ取り対応のデジタル一眼レフを発表する中、秋に発売予定とされていた新機種 (【PIE2006】 ペンタックス、1,000万画素デジタル一眼レフなど参考出品) でゴミ対策がなされて、それなりの値段だったらいいのにと思っとったんだけれど。

リンク: ペンタックス、ボディ内手ブレ補正内蔵 1020万画素の「K10D」発表 (MYCOM ジャーナル).

いやぁ、遂に出た、って感じ。実売価格12万円というと、2年前に買った *ist DS のレンズキットとほぼ同額といったところか。

*ist DS と比べると引っかかるのは以下。

  • 200g ぐらい重い (*ist DS より上位機になるから仕方ないけれど)。
  • 単3電池が使えない。撮影可能枚数もやや少ない?
  • AF280T のような従来型の外付け TTL ストロボが使えない (外光オートならつかえると思うけれど)。
  • 最高感度が ISO 3200 から ISO 1600 に落ちた。

でも、気になって仕様がないというほどのこともない。それ以上に手ぶれ補正とゴミ取りが魅力。

夏のボーナスで GR DIGITAL を買ったのに、K10D も欲しいよ。1,000万画素の画像を使いこなせる技術と環境がないのに。

*ist DS を下取りに出してもいいけれど、組み合わて予備機にするのもいいな。故障時も安心だし、ほかに荷物が多くて軽く済ませたいときは *ist DS、荷物が少なければ K10D と使い分けるのも良さそうだし。

2006年9月11日 (月)

演奏会の色んな意味での課題

いやぁ、やっと終わった演奏会。

毎度のことながら曲目が多く、演奏だけでいっぱいいっぱい。しかも今回はいつも以上に盛り沢山で、それなのにもかかわらず、個人的に練習機会が少ない。おまけに本番直前になって、演奏そのもののほかにも非常に難しい課題を与えられてしまい、もう大変。

誤解を恐れずにいえば、正直、演奏どころじゃなかった。今後、ああいう課題は勘弁して欲しい…。その課題がなんだったかについては、演奏会に来てくれた方だけの秘密として、ここでは触れない (触れたくない…)。

リハーサル中の一こま。ここでいっている課題とは関係ないので、念のため。これだけだとなんの演奏会か訳分からんかも。

20060910
ペンタックス *ist DS、DA 18-55mm F3.5-5.6AL、33mm (50mm 相当)、1/30秒、F4.0、ISO 1600。

ここのところ、このバンドの定番となりつつあるスーザのマーチ。ユーフォニアムをやっていると、やっぱりスーザのマーチを吹くのが楽しい。おまけに毎回、本邦初演の曲目とか演奏できるのはすごいことだと思う。今回は「プリンス チャーミング (魅惑の王子)」がコンサートでの初演だとか。「海を越えた握手」はスーザ定番のマーチで、自分も何度か吹いた覚えがあるけれど、音域が広い上に殆ど休みなしで吹きこなしが難しい。これぐらい余裕で吹けるようになりたいもんだ。

今回は別の市民吹奏楽団がゲストで出演 (友情出演?)。同じ演奏会に違う団体が演奏すれば、まぁ比べられちゃうわけで、アンケートを少し見てみたけれど、なんか色々課題が見えてくるような。どっちが上手かという単純な話ではなく。

個人的にも、せめてここぐらいしっかり決めたかったとか、細かいのは色々あるけれど、ま、いいや。

今回頂いた差し入れ。例えば愛知県で「うなぎパイ」を見ることはあっても、静岡県でこれを見ることはないであろうという貴重な一品。kandy さん、遠いところから有り難う。

20060911
リコー GR DIGITAL、5.9mm F2.4、5.9mm (28mm 相当)、プログラム AE、ISO 400。

某同期も遠くから来てくれて有り難う。お役に立てたでしょうか (何が?)。

2006年9月 8日 (金)

130分

列車遅延証明。焼津で人身事故だったとか。しゃべってぃさんと仲良く(?)出勤。

20060908
リコー GR DIGITAL、5.9mm F2.4、5.9mm (28mm 相当)、プログラム AE、ISO 400。

しかし、政令指定都市の基幹路線で 4両編成って、どうなの。

2006年9月 4日 (月)

NHK 吹奏楽団

今日、会社で、某同期から。

「昨日の N 響アワー、見た? アルメニアンダンスとかやってたよ」

は。見逃した。しまった…。しかも、ほかにも自分たちが今度の演奏会でやる予定の曲目もあったみたい。

で、調べてみたところ、NHK 交響楽団 が吹奏楽をやるというのは史上初なんだとかで、エキストラも錚々たる顔ぶれ。

今度は BS2 クラシック倶楽部9月 8日の金曜日にやる模様 (N 響 | テレビ・ラジオ放送予定)。

ということで、忘れないように録画を予約。

教えてくれた某氏は今度の演奏会に来てくれそう。N 響と比較してがっかりしてしまわないだろうかとちょっと心配。

っていうか、自分が声を掛けて来てくれそうな人、静岡とか名古屋とかの人ばかり? 会場は浜松 (浜北) なのに、遠いところを本当に有り難い限り。それだからこそ、ますます本番が不安だ…。

2006年9月 3日 (日)

個人合宿の帰り道

この土日は続けて吹奏楽の練習。2日連続の練習は、自分にとってだいぶ久しぶり。

昨夜は練習後、スーパー銭湯に行って、その後、某氏宅で一泊。まあ2日連続の練習じゃなくても、練習後にたまにはスーパー銭湯に行くのも悪くないとか思ったり。

そして今日は朝から夕方まで練習。今度の演奏会本番では、なんかとんでもない難題を割り当てられてしまったけれど、大丈夫なのか。いや、大丈夫なわけがない。

それから夕食をとって、帰路へ。

ETC の通勤割引に間に合ったはいいけれど、案の定眠くなる。そういえば暫く前、合宿やろうという話もあったような気がするけれど、土日の練習というだけで自分にとっては既に合宿みたいなもんで…。

ちょっと我慢できなくなったので小笠 PA でプロ野球のラジオ中継を聴きながら仮眠。あ、マジック減らなかったのね…。

で、目覚めたところで気分転換。というわけで、これを書いとる次第。

そうそう、大学の後輩達は今日がコンクールの東海大会。全国大会への夢はまた持ち越しになったようで、残念だったけれど、とにかくお疲れ様でした。

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

Social connection

  • Check

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

これも見とるよ

その他

無料ブログはココログ