« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月の9件の記事

2006年11月30日 (木)

一足早く K10D

水曜は定時退社日。早く帰宅できたので、先日の結婚式で撮ったフィルムを現像に出してきた。

そういえば、予約した K10D の発売日は翌日。現像に出したついでに K10 の状況も聞いてみたら、丁度入荷したところだったみたい。こりゃ素晴らしい。1日早く手に入った。

先ずはバッテリの充電。その間に説明書などを読んだり、ストラップを取り付けたり。

しかし、今まで自分が持っていたカメラよりもやっぱり重い。

20061129
リコー GR DIGITAL、5.9mm F2.4、5.9mm (28mm 相当)、1/25秒、F3.5、ISO 400。

上の画像は、全てペンタックスの一眼レフで、左から *ist DS (FA 28mm F2.8 AL)、MZ-M (FA 50mm F1.7)、K10D (DA 18-55mm F3.5-5.6AL)。

充電が終わったところで、バッテリを取り付けて、時計やカスタム項目の設定など。

その後、部屋の中をちょっと撮ってみたんだけれど、機能が多くて、まだまだ自分の物として使いこなすまで暫く掛かりそう。

付いている機能の理屈は一通り分かってるつもりなんだけれど。

2006年11月27日 (月)

お幸せに

土曜は某後輩の結婚式で名古屋まで行って来た。

肩書き (?) は新郎の友人ということで招待されたんだけれど、新郎新婦、どちらも大学の吹奏楽団の後輩でよく知っている。

それにしても異例のカメラ台数の結婚式だった。

披露宴も、いかにもといった感じで笑いの絶えない、爽やかなものだった。

2006年11月24日 (金)

父親たちの星条旗

珍しく、映画館で映画鑑賞。

父親たちの星条旗」を見に、静岡ピカデリー 2 へ。静岡駅から歩いていくと、意外と距離があるのね。

期待を裏切らない、いい映画だった。摺鉢山 (硫黄島の最高峰) の山頂に掲げられる星条旗の写真は有名だけれど、この写真だけで 1本の映画になるほどの事情があることはよく知らなかった。これまで見たアメリカ映画とは全く違う「英雄」の描き方が良かった。

それと、特に米軍の上陸の場面は圧巻で、上陸しても暫く反撃をしない日本軍の不気味さも見事に出ている。ただ、それ以外は思ったより淡泊に感じた。それは、星条旗を掲げた兵士達が本国に戻ってからの物語にも多くの時間を割いていたためなんだろうけれど。

硫黄島の戦い については、ウィキペディアが詳しくて分かりやすいけれど、太平洋戦争の地上戦で唯一(?)、米軍が日本軍以上の死傷者を出した戦闘として知られる。この執拗な日本兵との持久戦ももっと描かれていれば、その後の米兵士達の苦悩も印象的になったと思う。星条旗を掲げた後の戦いがひどかったと言っても、それが殆ど兵士達の台詞でしか語られていないというのは惜しい。

でも、その辺りは次の「硫黄島からの手紙」で冷静に描かれるんだろう。アメリカ人が見た栗林忠道中将と日本兵の硫黄島防衛戦とはどんなものなのか。そういった意味でも、次が楽しみ。

2006年11月20日 (月)

ばたばた、まちなかコンサート

11月18日は なゆた浜北 まちなかコンサート

急遽、演奏曲目と集合時間の前倒しがあったことを前日に知らされ、個人的に、野暮用を済ませたり、車検を終えた愛車を取りに行ったりしたもんだから、事前練習に遅れたり、ばたばた。

それでもなんとか無事(?)、本番は終了 (個人的には課題が残ったなぁ)。

司会の松千代さんから今回、直接お話を頂く機会はなかったけれど、ブログでお言葉を発見。イルミネーションとドルチェサウンドのコラボは、冬の定番になりそう ということです。

リンク: 松千代ネット☆p(^^)q:素敵なコンサートでしたネッ☆彡.

これから夜の時間の長くなる冬至に向かって街中の電飾が増えていく。
# 「クリスマスに向かってイルミネーションが増えていく」ともいう。

手ぶれ補正もばっちりの K10D を手に入れたら、冬の電飾撮影に挑戦するのもいいかも。

ところで、こういう電球の点灯にかかる電気代ってどれぐらいなんだろう。最近は消費電力の少ないと思われる LED も増えて、明かりの数の割に電気代はそうかかってないのかも知れないけれど、それでも結構な額になりそうだ。それに、ウォームビズ で暖房に掛かる電力を抑制しても、その分、必要以上の電飾で電力を掛けてしまったら元も子もない。光害 (こうがい、ひかりがい) としての影響も大丈夫か。電飾の所為でオリオン座が見えなくなったじゃ、しゃれにならない。

浜北の電飾はほどほどだから心配ないと信じているけれど、電飾を見た人々が感じる喜びや幸せと電飾に掛かる (経済的、環境的な) 負荷、天秤に掛けたとき、負荷の方に傾かないことを信じたいところ。

夜はいつも通り合奏練習して、その後、帰宅。

浜北からは浜北大橋を渡り、静岡県道40号掛川天竜線で旧豊岡村、森町を経て掛川バイパスの大池 IC に入るという道を発見。コンビニなんかも意外とあるし、単調な磐田、袋井のバイパスを後続車に煽られながら行くより快適。

2006年11月18日 (土)

なゆた浜北 まちなかコンサート

さてこれから、なゆた浜北 まちなかコンサートへ。

16時35分から出番の予定。その後、イルミネーション点灯式とか。

詳しくは以下を。
# なんとなく、トラックバックは控えておこう。

浜松市/浜北総合事務所版 広報はままつ
Music@S - ドルチェウインドオーケストラ - アーティストファイル
松千代ネット☆p(^^)q:いよいよ明日♪♪♪

宜しければ是非。
# 書くのが遅い。

2006年11月17日 (金)

広く薄っぺらく

知らず知らずのうちにいつも残業。この調子だとプロジェクト内では自分が 3カ月ぐらい連続で最多残業時間を記録か (別に過労で倒れるほどの時間じゃないのでご心配なく)。

1年前は 1つだったのが、気付いてみれば 5つの業務を掛け持ち。我ながらすごいぞ。

それを「広く浅く」こなせてればいいんだけれど、実際のところは「広く薄っぺらく」で中途半端。なかなか身に付かない。

作業の可視化 (見える化)、効率化といった、いわゆるカイゼンの取り組みは効果を上げているんだろうけれど、その分、隙間の時間も少なくなる。すると、その時間を使って新しいことを調べたり勉強したりすることも難しくなるわけで。

今は、複数の作業をうまくやりくりしつつ、如何に自分のために時間を作り出すかが課題だよなぁ。

2006年11月12日 (日)

11年目の車検とテレホンカード

土曜の午前、車検のため、浜松へ。ETC の通勤割引に間に合うように行く計画は失敗。しかし時間もないので東名高速で。

代車はキューブ。鍵を直接使わなくても、ドアの施錠と解錠が出来るのは勿論、エンジンの始動まで出来るのが素晴らしい。けれども、オーディオが全く付いてないとは。別に CD プレーヤーがないのは構わないけれど、AM ラジオすら付いていないとは思ってもなく…。

で、今日には終わるはずで、予定の時間に合わせて再び浜松へと向かい始めたところ、整備担当の方からブレーキホースに大きな亀裂があるとの連絡を受ける。

連絡を受けたときは国道1号線を移動中で、PHS の伝言メモ (留守電) が録音されてただけだった (しかも話の途中で切れてた) ため、道の駅「宇津ノ谷峠」で駐車して、整備工場へ折り返し電話。

…しようと思ったんだけれど、PHS のサービスエリアぎりぎりだったらしく、まともに通話できない。しかし、ここは道の駅。公衆電話がある。

久々にテレホンカードを使って電話。残り 13度。見る見るうちに度数が減っていく。因みに余り知られていないと思うけれど、PHS の通話料金は今の公衆電話よりずっと安い。これも自分が PHS を愛用する理由の一つ。

で、電話の内容を要約すると、車検を通せない、土日だと部品の納期も分からないし車の引き取りの都合もあるだろうから暫くお預かりしたい、代車はそのまま使っていい、とのこと。

11年目の車検ともなると、すんなりといかないようで…。

しかし、それにしても、テレホンカードが道の駅にも売ってないとはなあ。

2006年11月 6日 (月)

サンプルビデオを見終えて

前の定演 が終わって 2カ月。今、サンプルのビデオを一通りチェックし終えたところ。いやぁ、156分、長かった。

こうして聴いてみると、自分の吹いている音は想像以上に弱くて聞こえない。なんか不明瞭だし、案の定、ちょっと遅れて聞こえるし。

毎度、後で録音を聴いて思うところではあるんだけれど。

2006年11月 4日 (土)

休日出勤で大道芸

日付が変わって、3日は珍しく休日出勤。静岡に転勤してから初めて。

まあ休日出勤といっても、突発的なものではなく、元々予定されていたものだからいいんだけれど、そういえば計画的な休日出勤っていうのも初めてじゃん。

今、大道芸ワールドカップ in 静岡 2006 という催しをやっているらしく、駅前の人手がかなり多かった。

折角だしということで、予定の仕事が終わった後、大道芸をやっていそうな方へちょっと行って、通りがかりにスナップショット。

サックス四重奏のチンドン屋(?)。アンパンマンの主題歌とか美空ひばりの「真っ赤な太陽」とか吹いてたけれど、これがなかなかの腕前。せわしく歩き回りながらの演奏なのに。

20061103

やっぱり音楽の出し物は遠くからも聞こえてくるから、人がどんどん引き寄せられてく。

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

Social connection

  • Check

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

これも見とるよ

その他

無料ブログはココログ