« ばたばた、まちなかコンサート | トップページ | お幸せに »

2006年11月24日 (金)

父親たちの星条旗

珍しく、映画館で映画鑑賞。

父親たちの星条旗」を見に、静岡ピカデリー 2 へ。静岡駅から歩いていくと、意外と距離があるのね。

期待を裏切らない、いい映画だった。摺鉢山 (硫黄島の最高峰) の山頂に掲げられる星条旗の写真は有名だけれど、この写真だけで 1本の映画になるほどの事情があることはよく知らなかった。これまで見たアメリカ映画とは全く違う「英雄」の描き方が良かった。

それと、特に米軍の上陸の場面は圧巻で、上陸しても暫く反撃をしない日本軍の不気味さも見事に出ている。ただ、それ以外は思ったより淡泊に感じた。それは、星条旗を掲げた兵士達が本国に戻ってからの物語にも多くの時間を割いていたためなんだろうけれど。

硫黄島の戦い については、ウィキペディアが詳しくて分かりやすいけれど、太平洋戦争の地上戦で唯一(?)、米軍が日本軍以上の死傷者を出した戦闘として知られる。この執拗な日本兵との持久戦ももっと描かれていれば、その後の米兵士達の苦悩も印象的になったと思う。星条旗を掲げた後の戦いがひどかったと言っても、それが殆ど兵士達の台詞でしか語られていないというのは惜しい。

でも、その辺りは次の「硫黄島からの手紙」で冷静に描かれるんだろう。アメリカ人が見た栗林忠道中将と日本兵の硫黄島防衛戦とはどんなものなのか。そういった意味でも、次が楽しみ。

« ばたばた、まちなかコンサート | トップページ | お幸せに »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78033/12800859

この記事へのトラックバック一覧です: 父親たちの星条旗:

« ばたばた、まちなかコンサート | トップページ | お幸せに »

Social connection

  • Check

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

これも見とるよ

その他

無料ブログはココログ