« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月の11件の記事

2006年12月31日 (日)

平成18年の終わりに

来年、私からの年賀状の発送は相当の遅延が見込まれます。ごめんなさい。

以下、言い訳など。

今日で平成18年も幕を閉じようとしている訳だけれど、この約一週間で色々とややこしいことがあったりして、結局、年賀状も準備できないままだった。とはいえ、これからも事情により、すぐ書ける訳でもない (葉書は用意済みなんだが)。

そもそも平成19年を自分は今、本当に思っても見なかったようなとんでもないところで迎えようとしている。きっと、少なくとも三が日もずっとここから身動きが取れないであろう。

とにかく、周りの皆々様には感謝感謝。

新しい年が健やかに過ごせますように。

2006年12月20日 (水)

連続襲撃事件

地元で 1カ月前に起きたホームレス連続襲撃事件。関与したとされる少年が補導されたというニュース。

補導されたのは中学生だったらしい。

故郷の痛ましい事件、かつて当たり前のように見てきた現場映像。テレビの全国ニュースで見るやるせなさ。

2006年12月18日 (月)

2年ぶりの浜北クリスマスコンサート

第13回浜北クリスマスコンサート、終了。

この演奏会はいくつかの団体の合同のため、全体に占める出番がそんなに多くない (待ち時間が多い) から、待ち時間を使って、ずっと個人練習してた。しかもクリスマスコンサートではやらない威風堂々1番ばっかり。

静岡に引っ越してからは個人練習をする機会が殆どなくって、あんなにずっと吹いてたのは久々。いや、元々そんなに練習熱心な方じゃなかったけれど。

威風堂々は昔、やったことがある。けれども吹いたことはない。吹奏楽編曲の定番だけれど、ユーフォニアムはビオラだかチェロだかの目まぐるしく音が跳躍するパートがずっと当てられていて、かなり難しい。

それはともかく、クリスマスコンサート本番は、自分が吹かんでもいいところをついうっかり吹いてしまうという個人的な大失敗はあったが、取り敢えず終わった。

そういえば、前に出たのは一昨年だった。昨年、自分は欠場。昨年のクリスマスコンサートは浜松から静岡に引っ越した日だったんだっけ。

引っ越して、練習会場まで 80km ぐらい離れてしまって、これから毎週末に練習に行くのも現実的じゃないから、きりのいいときに退団しないとと思ってたんだけれど、何だかんだでほぼ毎週、練習に出て、結局 1年も経ってしまったんだな。しみじみ。

2006年12月16日 (土)

明日は第13回浜北クリスマスコンサート

明日は 第13回浜北クリスマスコンサート

入場無料 (整理券は恐らく当日現地で入手可) なので、お時間があればどうぞ。

というわけで、これから前日リハへ。前日からも当日の服装でないといけないのがちょっと億劫。

2006年12月14日 (木)

中途半端な有罪判決

以下の記事を中心にざっと見ただけの印象だけれど、中途半端な判決になったんだなぁ。

ITmedia News: 「徹底抗戦する」――Winny 開発者、控訴へ
「Winny」開発者の金子勇氏が会見、本日中に控訴へ

YouTube や高速道路の例は分かり易い。これじゃ、著作権やネットワーク技術に無理解、無関心なまま Winny を使い続けた連中の、その尻拭いをたった一人の優秀な開発者に押しつけているだけになってしまっていて、余りにも理不尽だ。

2006年12月12日 (火)

久々に聴いた相馬さんのラジオ

すごく久々に相馬裕子さんのラジオを聴いた。

リンク: K-MIX 相馬裕子の“CHEERS”: 『相馬裕子のCheers!!』 12/11号.

15年ぐらい前に CBC ラジオで相馬さんの番組「風の祭日」(ワイド番組「冨田和音株式会社」の一コーナー) を聴いてたこととか思い出したりしながら。

昔からずっと変わらない語り口だなぁ。いや、前よりちょっと落ち着きがあるかも。

折角、愛知から静岡に来たんだし、これからもまた聴かんとなぁ。

2006年12月10日 (日)

平成19年の年賀葉書の注文

やっと年賀葉書の注文をしてきた。勿論、来年の年賀葉書も プロレーザーポストカード で。

年賀葉書のプリントは注文受け付けの締め切りが近かったようで、もたもたしていたら注文しそびれるところだった。

納期も年末近くになりそうとのこと。この分だと、また帰省してから宛名書きして投函することになりそうだ。まぁ、それまでは宛名の一覧とかを準備して、プリントが仕上がったらなるべく早く投函できるようにしとこうか。

写真選びも難航。そもそもこの1年、リバーサルで撮ったのが殆どない。

デジタルカメラは結果的に新しいのが 2台も増えたし、カラーネガフィルムの出番も姪っ子の誕生やら結婚式参列やらでいつになく多かったけれど、カラーリバーサルフィルムは殆ど使ってなかった。

そもそも 1年前に引っ越してから、静岡でフィルムを殆ど使ってない。来年はもっと意識してリバーサルを使って、まだまだ知らないところだらけの静岡を撮るようにしたいもんだ。

さて、来年の年賀葉書であるが、撮影枚数が少なかったにもかかわらず、結局2種類も作ることにしてしまった。一つは岡崎編、もう一つは静岡編といったところで。

夜の休憩所、ゴミ掃除

真夜中の浜松からの帰り、休憩がてら、K10D で、ISO 100 になるようにし、少し絞って撮影。


ペンタックス K10D、FA 28mm F2.8AL、28mm (43mm 相当)、1/15秒、F4、ISO 100 (シャッター速度 & 絞り優先)、WB 太陽光。

撮ってみたけれど、これだけぶれが目立たなければ、実用上、全く問題ないわ。

帰宅後、入手したばかりの ペンタックス純正イメージセンサークリーニングキット (O-ICK1) で *ist DS の CCD を掃除。

*ist DS を購入して 2年。ブロアー以外で、つまり CCD に直接触れて掃除をしたのはこれが初めてか。

掃除の仕方は棒の先に付いているゴムスタンプのようなものを CCD に押し当てればいい。文字通り、ぺったんぺったん。病み付きになりそう。

掃除が終わったら、試しに白い紙を絞り込んで撮影し、画像を確認。ゴミが綺麗さっぱりなくなった。こりゃ簡単でいいわ。

2006年12月 3日 (日)

さった峠

今日はそこそこ天気が良かったんで、ふっきぃに教わって以来、いつか行こうと目論んでいた「薩埵峠」(さった峠) へ。

ちょっときつい坂を上り、着いたのは昼をだいぶ過ぎてからだったけれど、まさに絶景。思わず息を呑む。

持ってきた GR1s に久しぶりにリバーサルフィルムを入れて撮ってみる。それから K10D でも。

20061203
ペンタックス K10D、DA 18-55mm F3.5-5.6AL、35mm (54mm 相当)、1/500秒、F5.6、ISO 140 (シャッター速度 & 絞り優先)。もっと絞っても良かったかも。
# 大きい画像へのリンクになってます。

時間が遅く、手前が陰になってしまってて、明暗差がありすぎる。デジタルカメラにはかなり厳しい条件。リバーサルフィルムではちゃんと撮れているかどうか。

っていうか、地元をよく知る人間 にはやっぱり敵わない。

暫しぼーっとしてたら、富士川町から来たという大層なカメラを持った小父さんから声を掛けられた。

やっぱり来るんだったら、陰にならない午前中がいいそうで。でも、あと2時間ぐらい待ってたら夕日に雲や富士山が照らされていい絵になるかも知れないとか、日が暮れたら夜景を (東名高速を走る車のライトを低速シャッターで) 撮るのもいいかも知れないとか、そんな話をされてみたり。

いいねぇ。そんなの、撮ってみたいねぇ。自分でも撮れるんかなぁ。

じゃあここで暫く粘ろうかとも思ったけれど、如何せん、寒さに耐えられない。しかも風邪の引きかけっぽいし。それに、話をしているうちに富士山に雲が増えてきたし。

そんなわけで、小父さんも峠を下りたことだし、自分も退散することに。

次は午前中か日没ちょっと前の天気のいいときに来てみたい。

沼津で再会を祝して

金曜は定時退社日じゃないにもかかわらず、珍しく定時退社。2年ちょっとぶりに元同僚と飲むことになったため、沼津へ。

でもその前に、沼津は寒いかも知れないし、ここのところ睡眠不足だし、酒を飲んで帰ってきたら風邪を引きかねないからと、一旦帰宅。一枚、服を重ね着して、そして K10D を持って上りの東海道線に乗り、約1時間。

いやぁ、楽しかった。で、何が楽しかったんだっけ。

周りの男共に好かれていることを自覚できてない女は罪だけれど、そんな鈍い (はぐらかす?) ところにまた惹かれてしまう男こそお馬鹿だとか、盛り上がったのはそんな話だったっけ。いや、障害があるほど愛は強まるとか、そんな話だったかな。どっちにせよ、能天気なもんだ。

お開きに、再会を祝して K10D で記念撮影。記念撮影は卓上三脚を使ったけれど、手持ちでもさすが、ノーフラッシュで殆どぶれることなくうまいこと写る。

そういえば新しいカメラのお披露目が飲み会の場だったのは、前の GR DIGITAL に引き続いてだ。

そんなこんなで陽気に帰ってきて、明くる日 (土曜) になって、案の定、喉の調子が悪くなってしまった。

やっぱりお馬鹿だった。

2006年12月 1日 (金)

メール倍増

この1週間ぐらいで急に迷惑メールの受信数が増えた。

先週ぐらいまでは1日に平均 80から90通ぐらいだったのが、今週ぐらいになってからは 170から190通ぐらい届く。

どうも特定の送信者が同じ相手に対して、文面の変えたメールをごく短時間に大量にばらまいている様子。

これらのメールはプロバイダの学習型フィルタ、Gmail のフィルタ、メーラーのフィルタの 3弾が前でほぼ自動的に処理されるようにしているし、どれもそれなりに判定してくれるからいいんだけれど、絶対に誤判定がないとも限らないし、メールボックスからメールを拾ってくるのにも時間が掛かるし。

どうせ自分のメールアドレスなんて曝されまくっているし、仕方ないんだけれど、全く困ったもんだ。

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

Social connection

  • Check

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

これも見とるよ

その他

無料ブログはココログ