« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月の9件の記事

2007年4月26日 (木)

捨てた4,460円

日付が変わって昨日の4月25日は実に久々の浜松への出張。朝、新幹線で静岡から浜松まで行くわけである。

出張の前夜、前もって新幹線の切符をエクスプレス予約で手配しておくことにした。自由席と同じ料金で指定席の特急券を買えるのがエクスプレス予約の魅力だが、隣接区間等、特定の特急料金が設定されている区間だと自由席の方が安いため、自由席特急券を予約する。我ながら用意がいいと思う。

そして出張日の朝、予約した切符を券売機で受け取ろうとすると…

切符が出てこない。

もう一度試してみた。

やっぱり出てこない。

なんとなく思い出したことがあって、予約内容を確認してみた。

やっぱり、前夜、予約したのは出張日の切符ではなく、予約申込日 (つまり出張日前日) の切符だった…。

予約した切符は乗車券と自由席特急券の往復分、4,460円。ああ、なんということか。4,460円も無駄にしてしまうとは。

この距離だと乗車券の有効期間は 1日。となると、往復分の運賃 2,560円 (覚えやすい数字だ…) は諦めざるを得ないだろう。

しかし、自由席特急券は距離にかかわらず 2日間有効。窓口や券売機で普通に買っていれば指定日の翌日も使えるはずである。それなのにエクスプレス予約だと有効期間の残っている自由席特急券を受け取れないらしい。思わぬ落とし穴だった。

乗車日を確認せず予約してしまったことにがっかり。相当惚けてたらしい。高い授業料を払わされた? 高すぎるよ…。

画像は JR 浜松駅北口。政令指定都市の文字が誇らしい。日本最大の政令指定都市である (面積がね)。

20070425

# 近々、ここを舞台に演奏するかも。

このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

2007年4月24日 (火)

23時台

今夜も終列車。気付いてみれば今夜で一週間、平日は23時台、つまり終列車かその1本前の列車で帰宅しとるやん。

この週末だって、土日とも浜松で吹奏楽の練習。学校の部活動をやっとるわけでもないのに両日とも参加したのはやっぱり乱暴だったかな。疲れが取れん。

バンドも自分が加入した頃とはだいぶ雰囲気が変わってきて、最近はある意味でなんとなく、部活動の乗りになってきてるような気がしないでもない。

それはそうと、日付が変わって昨日は突然に大量の仕事が発生したが、チーム内の皆さんに協力して仕事を分担してもらったお陰で、その日に発生した仕事をなんとかみんな片付けることが出来た。良かった良かった。

ついでに自分の抱えている仕事も分け合ってさっさと終わらせてしまいたいところなんだけれど、なかなかそうもいかないのが難しいところ。仕方ないから自分だけ居残り。

とにかく、内外でどうでも良さそうな作業をわざわざ増やす、その発生源をなんとかしたい気もするんだが。

このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

2007年4月18日 (水)

巧遅は拙速に如かず

不覚にも終電帰り。浜松で自動車通勤をしていたときと違って、帰る時機が決まっているのはいいかも知れないが。

それにしてもなかなか残作業が減らない。減らないのにもかかわらず、次から次へと課題が降ってくる。

まあ、あかん。今までのやり方じゃあかんわ。

手許に本がなく、うろ覚えの記憶だけれど、確か柳田邦男さんの著書によると、零式艦上戦闘機 (零戦) の設計主任だった堀越二郎さんは部下に「拙速」とよく指示してたという。

自分もこれからは拙速を旨としよう。

どうせゆっくり時間を掛けても、時間に比例して成果物の出来が良くなるってわけでも、用意周到な計画を立てられるわけでもない。最初から100点目指しても、どうせそんな点数なんて取れないんなら 80点か60点のを沢山こなした方がいい。

これからは、決めるべきことは迷わず決めて、大事なこととどうでもいいことをさっと見極めて、作らなければならないものも必要以上に時間を掛けず、出来る範囲で適当にさっさと作るようにする。

でも本当は、それこそが苦手なんだけれど。心配性で優柔不断だから。

このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

2007年4月15日 (日)

2度目の静岡大学

データベースの情報処理技術者試験を受けに静岡大学へ行って来た。

午前 (多岐選択式 55問、1時間40分)、思いも寄らなかった問題が結構出てた感じ。誤答が多そう。当てずっぽうもいくつかあったし。4年も5年も前の参考書じゃ駄目かな。新しいのを買った方がいいんかなぁ。いつも忘れて解けなかった待ち行列問題、折角、解き方を覚えておいたのに、今回、公式が問題冊子に明記されてた…。

午後 I (記述式 4問中 3問選択、1時間30分)、やっぱり時間切れ。いつも以上に解けた設問が少なかったような気がする。

20070415
リコー GR DIGITAL、5.9mm F2.4、5.9mm (28mm 相当)、プログラム AE、ISO 200。

多くの人が諦めて受験放棄して、すっかり人数も減った午後 II (論述式 (事例解析) 2問中 1問選択、2時間)、意外と出来たかも。当てずっぽうに書くこともなく、ほぼ埋められた。けれども、午後 I の出来が悪いだろうから、午後 II は採点されないんだろうな。

今回から、午前問題の正答が試験当日に公表されることになった。そんなわけで、さっき、恐る恐る午前の答え合わせをした。結果は…去年とほぼ同じ正答率。とすると、午前はなんとか合格基準か。で、去年と同様、午後 I が基準に満たず、やっぱり午後 II は採点してもらえなさそう。

そういえば、折角覚えた (そして明日には忘れてる) 第4正規形、第5正規形の問題も出なかった。数少ない山を全部外した感じだ。

やっぱり、午後対策として、設問から素早く ER 図を起こす練習とか、過去問を繰り返し解いて問題に慣れて、素早く設問の真意を理解し、回答を記述する訓練とか、そういうのが必要なんだよなぁ。

情報処理技術者試験は一日がかりで、本当に疲れる。そんなわけで明日はお休み。

このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

いよいよ試験日

木曜まで、0時ちょっと前に帰る日々が続いた。抱えている仕事がなかなか片付かない。仕事の優先順位付けが下手なんだろうなぁ。力を入れなくてもいいところに頑張ってて、肝心なところが疎かになっている気がする。サボり方を覚えんとなぁ。

そして金曜、というか日付が変わって土曜は帰宅が 2時半。勤務地の違う同期が退職するということで、富士で送別会。帰りは色々あって、快速「ムーンライトながら」で。文字通り、笑いあり涙ありの送別会。新たな門出をみんなから祝福されたのは、彼の人望そのもので、羨ましく思った。

そんなこんなで、また日付が変わって、今日はいよいよ1年ぶりのデータベースの試験日。

結局、今年は昨年以上に勉強できてない。参考書を見てみたら結構内容を忘れてて、今まではそこそこ余裕のあった午前問題すら、今回は怪しかも知れない。

この試験はもう何度も受験してるし、いい加減に結果が欲しいところなんだけれど、遠いなぁ。

こんなん書いてるより、第4正規形や第5正規形の定義とか覚えたりするのが先か。

このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

2007年4月13日 (金)

次の電話

[es] に買い換えなかったのはこのためだった。

今夏、きっと、この電話(?)に買い換える。

ウィルコムが WM6 対応端末を今夏発売、専用サイトオープン

このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

2007年4月 9日 (月)

TREBI 400

感度が高くて使いやすかったことから、カラーリバーサルフィルムで使用頻度の高かったのがフジクロームの トレビ (TREBI) 400。でも最近、特に昨年はデジタルカメラを 2つも買ったりしたもんだから、リバーサルフィルムの出番自体が激減。気付いてみれば、手元に置いといた 36枚撮り トレビ 400 が有効期限切れ。勿体ない。

そんなわけで新しいフィルムを買いに、リバーサルの扱いのある店をいくつか回ったんだけれど、トレビ 400 が置いてない。どうもおかしいと思って店員に在庫を聞いてみると、なんと出荷停止とのこと。それでかぁ。仕方ないからプロビア 400X を 1本だけ買う。

トレビと違って、プロビアはプロフェッショナル用カラーリバーサルフィルムで、価格が高く、保管時にもきちんとした温度管理 (15度以下) をしなければいけないなど、取り扱いに気を遣うのが難点。トレビはアマチュアにとってだいぶ手軽で、しかも画質的にはそう遜色もないから、よく使ってたんだけれど、残念だなぁ。

これから、普段は中庸感度のトレビ 100c を主体にし、たまにプロビア 400X を使うようにしよう。

まぁ、製品は減ってもこうしてフィルムの取り扱いが続いてるだけで有り難いのかも知れない。

このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

2007年4月 3日 (火)

平成19年の四月馬鹿

ここ数年は主要なウェブサイトで、4月1日にエイプリルフールに因んだ嘘の記事を載せるのがだいぶ一般的になった。筆頭は、今年で10年目の イモプレス うおっち か (リンク集: 笑えるウソが満載!  2007年エイプリルフール特集 も充実)。

今年、インプレスので個人的に秀逸だと思ったのは Windows Vistaの画面デザインをWindows 95そっくりにカスタマイズ「Vista295」 - 窓の社。画面コピーにあるフォントも初期の Windows 95 風になってて、なかなか細かい。惜しいのは「Internet Explorer 7.0」の表記。ここは 3.02 迄のに合わせて半角片仮名で「インターネット エクスプローラ 7.0」として欲しかった。

ほかのサイトで、思わず唸った今年一番の記事が ★パテントサロン★ 著作権保護期間問題がついに決着 保護期間は 30年+10年×(子供の数)+5年×(孫の数) に将来、機械の体をただで手に入れられるようになった場合 と言及してるところで成る程と感心してしまったのだけれど、これは今、何かと話題の「銀河鉄道 999」の原作者であり、著作権の保護期間 延長賛成派の筆頭である松本零士さんを意識したものと見て先ず間違いない。

このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

2007年4月 1日 (日)

夜桜乱舞

魚眼レンズを持ち出して、静岡まつり を撮ってみた。

20070401

夜桜乱舞 (踊って練り歩く演目) を見て、鳴り響く音楽を聴いて、20世紀最後の夏、安倍川河川敷での微かな記憶が蘇ってきた…。

このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

Social connection

  • Check

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

これも見とるよ

その他

無料ブログはココログ