« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月の12件の記事

2007年6月28日 (木)

アコースティック録音なるもの

いつ手に入れたのか忘れてしまったが、この画像にある CD はホルスト自作自演による録音だったりする。

20070627
リコー GR DIGITAL、5.9mm F2.4、5.9mm (28mm 相当)、F3.2、絞り優先 AE、ISO 200。

これ、今まで知らなかったが、実はマイクロホンを使わず、アコースティック録音といって、機械的に (電気を使わずに) 録音された物らしい。

録音は 1922年から 1924年、和暦でいえば大正11年から13年で、そもそもマイクが実用化される前だったとか。

このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

2007年6月26日 (火)

会社で何が起きているのか

NHK では、働き方に関する番組が続く。

25日に見たのは NHK スペシャル 30代の“うつ” - 会社で何が起きているのか - である。

自分の周りでも、何人もの知人が、いわゆる「心の病」になっているし、番組に出ていた患者も、年齢や会社内での立場という意味で自分と近い人が多い。

自分の場合は不眠や倦怠 (けんたい) などの特徴的な症状は特に自覚していない。職場では、残業がちょっと多いけれど、有り難いことに定時退社日も取り敢えず機能しているし、休日出勤も殆どない。自分自身も週末の気分転換は取り敢えず出来ているつもり。だから、今のところ、そういう病気の心配は殆どないと思っている。

けれども、番組内にもあったように「まさか」ということもある。気を付けるに越したことはない。

番組内で特に印象的だった取り組みが、某トヨタグループの企業における職場での事例。

この会社では、組織の効率化を推し進めるために、一度は廃止した班長制を復活させ、班長 (いわばサブリーダー) が職長 (リーダー) を補佐することで、職長の負担の軽減を狙っているという。

トヨタグループということもあり、いわゆる「カイゼン」には相当取り組んでいるはずであるが、従業員の精神的健康 (メンタルヘルス) のために敢えて効率化に逆行する組織体制を敷いたということが興味深かった。

このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

2007年6月25日 (月)

納得していますか? あなたの働き方

本日、2件目の記事。

日曜は帰宅後、留守中に録画しておいた NHK の番組、日本の、これから「納得していますか? あなたの働き方」を見て物思いに耽る。

題目となっていたのは以下の 4つ。

  • 非正規雇用の増加
  • 成果主義の光と陰
  • 長時間労働
  • すぐ辞める若者

自分のすぐ近くで起きていること、或いは自分自身が直面している内容が殆どだった。

出演者の中には「働き方の問題は自分の努力次第であり自己責任の問題」みたいなことを言う人も何人かいたが、果たしてそうなんだろうか。時間外労働の賃金がきちんと支払われる会社に自分がこういう形で雇用されているのは、単に運が良かっただけなんじゃないだろうか。

その一方で、特にここ最近の自分には長時間労働の現実もある。残業が多いのは、与えられる仕事が多すぎるからなのか、仕事をやり過ぎるからなのか、そもそも当人 (自分) の仕事のやり方が悪い (間違ってる) のか。

番組では「ワークシェアリング」のことも少し話題に出ていた。作業をほかの人にもっと協力して貰えれば残業も減るはずなのだが、それも様々なしがらみがあり、協力をお願いできない現実もある。

それともう一つ。香山リカさんの
「物凄く好きなことが仕事になったりとか (中略) することなんて幻想だと思うんですよね。」
という発言が印象的だった。

言うまでもなく、物凄く好きなことを仕事にするというのは、物凄く怖いことだと思う。

自分にとっても考えなければならないことを沢山気付かされた気がする。といっても、自分でどうこう出来そうな解は簡単に見つかりそうもないのだが。

このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

オッティとトゥインゴ

半年毎に出している愛車の点検。この週末、点検時に対処できなかった残項目の整備と追加作業 (ディストリビューターキャップの交換) をするため、また整備に出した。

今回、代車は日産のオッティ。三菱の軽乗用車、eK ワゴンからの OEM であるが、最近の軽自動車はなかなか作りがいいなぁという印象。

特に感心したのは、市街地を走行中でも余りエンジン音が気にならないこと。勿論、軽自動車特有の回転数の高さに起因する音は感じるけれど、低騒音という意味では (感覚的にではあるが) 自分のトゥインゴよりもいいんじゃないだろうか。

因みに今回の整備費用は約6万円。

オッティで吹奏楽の練習に行ったら、結構多くの人に
「遂に車を買い換えたんですか」
なんて言われたり。

「いやいや、今日は代車」
と言うと、みんな決まって、
「そろそろ買い換えちゃった方がいいんじゃないですか」
と言う。

買い換えるつもりなんて特にないんだけれど、どういう訳か買い換えを促される。自分ではそう思わないんだけれど、意外と(?)古臭く見えるのかなぁ。特に無塗装の (しかも色褪せた) 樹脂バンパーとか?

それともう一つびっくりしたのが、
「そういえば新型のトゥインゴ、出ますよね」
なんて言われたりしたこと。しかも何人かの人に。

ほんと、みんな新型のことまでよく知っとるよねぇ。

一昔前まで、
「トゥインゴ? それ、何?」
と言われるのが普通だったのに。

このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

2007年6月21日 (木)

ヘッドホンおじさん

定時退社日などの例外を除けば久々に、22時になる前に帰宅できた。早く帰りたいのに、仕事のはかどるのは夜になってからというのが悩ましいところである。

帰宅後、夕食がてら、先日録画した サラリーマン NEO を見る。

サラリーマン体操の
「サラリーマンが描く放物線は栄光への架け橋だー」
が最高。危うく吹き出しそうになった。

「はたらくおじさん」は ヘッドホンをつくるおじさん で登場したのは、MDR-EX90SLのレビュー記事 (ITmedia +D LifeStyle: 開発者に聞く N・U・D・E シリーズ最高峰「MDR-EX90SL」 (2/4))でも見た「耳型職人」こと、松尾伴大さん (「わ」の日記もどき: 3つめの密閉型、MDR-EX90SL)。

「耳型」のとるところの映像を見られたのが良かった。こりゃ凄い。

30歳で「おじさん」じゃ敵わないけれど、職人なんて称号、かっこいいなぁ。

このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

2007年6月17日 (日)

掛川の音楽

昨日の吹奏楽の練習、帰りは凄く久しぶりにずっと一般道 (国道1号線パイパス) で。東名高速のように休憩施設が多くないからバイパスはいつも避けてしまうが、眠気の心配がなければ深夜は流れも良く、なかなか快適である。

さて、今日は殆ど思い付きで、色々と知った人が参加している 掛川市民オーケストラ の第5回定期演奏会に出掛けることにする。エルガーのエニグマ変奏曲なんかやるみたいだし。

実はウインドアンサンブル尾東の第6回定期演奏会も招待券を貰っていたのだが、会場が愛知県東郷町ということで、距離的、時間的に厳しいことからこちらは見合わせ。関係者の皆さん、御免なさい。

とはいえ、掛川も直前まで行くかどうか迷っていたため、出発が遅くなってしまった。仕方なくまだ間に合いそうな新幹線で行き、13時40分頃、掛川駅に到着。掛川駅で下車するのは 8年ぶりだ。

掛川駅から会場のホールまでの約 1.2km は徒歩で行く。

駅を出ると街のあちこちでバンド演奏をやってる。どうやら 掛川音楽通り 2007 なる催事らしい。

駅前ではおじさん達のバンド演奏、掛川城に行く途中では地元高校のギター部による演奏。

こんな珍しいことやっとんならもっと早くに出掛けとくべきだった。

メイン会場近くでチラシを貰った。このチラシでくじが引けるらしい。くじなんて引く時間ないなと思ってたら、なんとうまい具合に通り道に抽選会場があり、抽選器 (ガラガラ) を回す。

そしたらなんと 2等で CD が当選。いやぁ、歩いて街を巡るのも面白いもんだ。

開演ギリギリの14時に到着し、後ろの方の客席に座る。いつ以来だっけ。凄く久しぶりに生で聴くような気がする管弦楽の演奏。

音楽を専門的に学んでいる人がどれだけいるのか知らないけれど (オーディション無しの市民オーケストラだから専門家は少ないんじゃないかと推測)、アマチュアでこれだけの演奏が出来るなんて素晴らしいなぁ。

終演後はさっと帰り、後から関係者に「実は聴きに行ったよ」という目論見だったが、ロビーで知人 (みんな吹奏楽関係だけれど) にあっさり見つかってしまう。

帰りは有り難いことに掛川駅まで車で送ってもらい、今度は在来線で静岡へ。実際の所要時間はちょっとしか変わらないのに、行きと違って妙に遠くに感じる。

帰宅後、くじで当たった CD「遠州スタンダーズ vol.1」を開封。

20070617
リコー GR DIGITAL、5.9mm F2.4、5.9mm (28mm 相当)、プログラム AE。

曲目は以下の13曲。

  • No rain No rainbow
  • 八十八夜の別れ霜
  • 龍尾神社のしだれ梅
  • 川が覚えている
  • 俺の道
  • 浜岡ブルース
  • HAMAOKA LADY
  • 御前崎ロード
  • そんな町だよ掛川は
  • トワイライト掛川
  • 森町恋唄
  • 温泉ならここ
  • 五明 茶畑 星の丘

掛川地域を歌った、ムード歌謡 (?) といった感じである。税込み 2,000円。

なかなか珍しい物を手に入れちゃったなぁ。

このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

2007年6月12日 (火)

本番の後、PA で一泊して

土日とまた吹奏楽で、日曜は本番 (一応コンクール)。

日曜の帰りはすっかり疲れてしまって、眠気をなんとか我慢しながら小笠パーキングエリアまで辿り着き、一休み。

のつもりが、なんと車中で 6時間ぐらい寝てしまい、帰宅したのが月曜未明の4時。月曜を休暇にしといて良かった。

月曜、案の定、活動を開始したのが午後から。ふと思い付き、ほかに行く日もあるかどうか分からないからと、新幹線に乗って眼科検診に行く。

網膜も硝子体も状態は良好とのことであるが、やはり像の歪みがきつい。ただ、歪みがきついと視力も落ちるそうであるが、自分の場合は十分に回復していて問題ないとのこと。歪みは恐らく自然回復しないから早く慣れた方がいいとのことである。

多分、手術で直すことも可能なんだろうけれど、諸々のリスク等を考えると手術は得策じゃないという判断なんだろう。

とにかく今、オタマジャクシのいっぱいある楽譜を見るのと、精緻に表組みされた Excel ワークシートを見るのが一番辛い。

このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

2007年6月11日 (月)

また来年

奇跡が起こらないものかと間抜けなことを考えてしまったが、やはり今年も駄目だった。

気が向いたら、今度は某 K さんの対策を参考にまた来年、頑張ることにしよう。

このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

2007年6月 9日 (土)

Birthday Oden

某 K さんの強い希望で食べることになった味噌煮込みのおでん。お陰でとても楽しく過ごせた誕生日。

20070607
リコー GR DIGITAL、5.9mm F2.4、5.9mm (28mm 相当)、プログラム AE、-0.7EV、ISO 800。

前の晩から (多分) 仕込んで、八丁味噌が目一杯染み込んだ、今まで見たことないぐらい濃厚なおでん。びっくりする値段も、未経験の旨さで大満足。

店主(?)が KABA.ちゃんに似てるという話題になったが、今思えば狂言師の野村萬斎さんに似てたような。

それはともかく、何より持つべきは、いつまでも先輩(?)思いの楽しくて優しい後輩達である。

このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

2007年6月 5日 (火)

夜はこれから

今週ものっけから、帰りの列車が 23時台。

自分でじっくり考えてやる作業に取り掛かれるのは、人の少なくなった夜遅くにどうしてもなってしまう。

今の状況で、じっくり考えながら作業の出来るまとまった時間を確保するにはどうしたらいいのか。なかなか難しい問題である。

このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

2007年6月 3日 (日)

ネットで人生、変わりましたか

そりゃ、やっとモデムを手に入れた15、6年前。ますます怪しい人と思われそうでパソコンに電話回線を繋いでるなんて周りの人には言えなかった。けれどもその時の経験があって、自分の人生、ちょっとは変わったんじゃないだろうか。

って、そういうことを書こうと思ったんじゃなくて。

例によって浜松で吹奏楽の合奏練習に参加した帰り、ちょっと遠回りして浜松西インター近く(?)の比較的大きな書店に行き、「IT 戦士」こと岡田有花記者の新刊本「ネットで人生、変わりましたか」をやっと見つける。

知らない方もいるかも知れないので簡単に説明すると、岡田さんは数ある IT 系ニュースサイトの中でも特に有名な記者の一人。自分も彼女の書く記事はいつも楽しみに読んでいる。

その彼女の書いた記事を中心に集めて増補したのが上記の本。

勿論、買ったばかりでまだ少ししか読んでないが、最初の方は、まだ今ほど有名じゃなかった「はてな」や「mixi」、「GREE」を作った人の 2004年のインタビュー。

当時、人力検索で始まった「はてな」は総会員数 9万人、当時、国内最大の SNS だった「GREE」は 7万人、GREE と同時期に始まった国内初の SNS「mixi」でもたったの 4万5千人。

しかし、「たったの」とは言っても安定した収入源のない中、それぞれ数人の社員 (GREE は一人) がサービスを維持するには少なくない人数である。それが3年経って、今や「GREE」は 100万人、「mixi」に至っては 1000万人を超えて、自分と同世代以下の人なら使ったことはなくても一度ぐらい聞いたことはあるんじゃないかという化け物のような存在になった。

岡田記者の記事は初出時にも読んだ覚えがあるが、僅か 3年先のことでも、何が自分を変え、人を変えるのか、将来を予測するのは難しいもんだと思う。

3年前の、例えば国内の SNS 事情を知らなかった人が当時の記事を読んだらどう思うのか、なかなか興味深いところ。

このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

2007年6月 1日 (金)

入梅前恒例のあれ

会社から帰ってきた雨上がりの夜、ふと気になり、我が愛車トゥインゴのエンジンを掛けてみる。

不安的中。セルは回るが始動せず。

ボンネットを開け、ディストリビューターキャップを外す。中を見ると湿気ってるようだったので、湿気を念入りに拭き取って元に戻す。

再始動。掛かった。

はぁ。どうしようかな…。

このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

Social connection

  • Check

最近のトラックバック

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

これも見とるよ

その他

無料ブログはココログ