« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月の11件の記事

2007年9月29日 (土)

イージー寿命か

昨日、我が愛車、トゥインゴを運転中、徐行時に警報音が鳴った。これまで警報音を聞いたのは、エンジン始動時とシフトレバーの操作間違いの時だけだったのに。

それどころか、クラッチが切れないのか、シフトレバーも動かせなくなり、変速できなくなった。

警報音は9回鳴った。9回というのは、イージー (自動クラッチ) のシステムに異常を来していることを示す意味。これってもしかして非常事態?

この状態では加速できないから、惰性でそのまま近くの店舗の駐車場に入る。

一か八かエンジンを再始動したら復活。また変速できるようになり、その日は再発せず、無事に帰宅できた。

ところがまた今日。さっきも再発。交差点を右折した後、徐行状態から加速しようとしたら、シフトレバーが操作不能に。

今回もエンジン再始動で無事に復活したけれど、こんなことが続くようだとちょっと怖い。

修理でイージーのユニット交換となった場合、20万円ぐらい掛かってしまうかも知れない (実際 7年前に交換したときはそれぐらい掛かった)。

もうすぐ新車登録から12年。総走行距離も 12万 km を超えたが、素人がこれ以上乗り続けるのはやっぱり厳しいんかな…。

このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

2007年9月24日 (月)

静岡県西部半周の小旅行

9月2度目の連休の中日。眼科の診察を受けるために浜松へ。

目の診察だから、移動は自動車ではなく新幹線で。

今回は久々に散瞳しての眼底検査となったもんだから、診察が終わって外に出ると眩しいのなんの (散瞳薬で夢の世界へ)。

診察が終わったら、視界の眩しさに耐えながら、J 君達が出演している 浜松ブラスバンド の演奏会を聴きに、浜松市天竜区にある 天竜壬生ホール (てんりゅうみぶほーる) を目指す。

先ずは遠州鉄道 (遠鉄電車) に乗って西鹿島駅へ。

田舎で一番大きな駅といった感じの外観の雰囲気がいい。

西鹿島駅では 天竜浜名湖鉄道 に乗り換え。加速時に唸るディーゼルカーのエンジン音が懐かしい。

降りたのは隣の二俣本町駅。当然、降りるのは初めてだが、駅というより、集会所といった感じの外観である。

ここからは歩いて、会場の天竜壬生ホールへ。

今回、初めての場所への移動には Willcom NAVITIME がかなり役立った。元々、有料のサービスを使うつもりは余りなかったのだが、諸々の事情により使い始めた無料お試しサービスがかなり便利に使えたものだから、思い切って有料サービスを登録してみた次第である。

これのお陰で、乗り換えの検索も下車後の徒歩での移動もばっちりだった。

で、会場に着いてみたら、知ってる人に意外と沢山、会ったりして。

そして演奏の方だけれど、これが、どれも難しそうな曲ばかりで、なかなか凄かった。いやぁ、しっかり楽しませていただいたよ。J 君、きも君、お疲れ様でした。

終演後、J 君とちょっとお喋りして、ホールを後に。

歩いて目指したのは天竜二俣駅。駅前には蒸気機関車があった。「C58 389」と書いてある。時間がなかったから離れたところからしか見てないけれど、なんか荒れ果ててる感じ。

ヘッドライトのところとか、ボイラの前のハンドルとか、あるはずの部品のなくなってるのが素人目に見ても分かるぐらい。

天竜二俣駅で、掛川までの切符を買う。

ディーゼルカーに乗って50分弱で、掛川駅へ。

掛川からだと、JR の在来線でも新幹線でも所要時間に大差はないけれど、新幹線に乗ることにする。

何度も見ている JR 掛川駅北口の駅舎だけれど、こっち側の券売機で買える新幹線の切符は限られていて、エクスプレス予約の e 特急券は自由席でも買えない (窓口では買えるはずだが)。

そこで、駅舎に向かって左側 (東側) にある地下通路をくぐって南口へ。

そういえば、南口の駅舎って初めて見たような気がする。中の作りは三河安城駅とよく似てる気もする。調べてみたら、開業したのが同じ 1988年3月13日。成る程、似てるわけだ…。

と、そんな感じで、静岡県西部を半周して、ちょっとした鉄道の旅は終了。

K10D での撮影は、AE をハイパーマニュアルに設定して、露出補正代わりに絞りやシャッター速度を操作することが多い。

しかも最近は、測光の設定を中央重点測光にして、11点ある AF も真ん中だけ使って撮影することが多い。ここに載せたのもみんなそうだったかな。それが意外と思い通りの露出で撮れてたりして、撮るのがまた面白くなってくる。

あ、何故か不思議なことに、時々勘違いされる方がみえるが、私は鉄道マニアというわけじゃないんで。


この時期、仕事は期末ということもあり、やらねばならないことが沢山あって、予想通り大忙し。仕事面でも私生活面でも小さな事件や失敗がちょこちょこあって、気分的に降参気味。

そんな自分を見ていた (?) 職場の何人かの人に、
「今はきっとそういう時期。そういうもんだと思って焦らない方がいい。すぐに好転する。」
みたいなことを言われた。

まぁ、そんなものかも知れない。いつもと見方をちょっと変えて、好転するのを待ってみようか。そう考えるだけでもちょっと楽かも。

実際、ちょっと面白そうなこと、嬉しいこともぽつぽつ起こり始めてる気がするし。

このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

2007年9月18日 (火)

642S の最期?

642S

642S といっても、YEP-642S のことではない。NTT ドコモで最後まで発売された PHS の ブラウザホン 642S - Wikipedia

普段、使う電話を一昨年にウィルコムの PHS に変えてからも、10年以上、番号を変えずに使い続けてきたドコモの PHS は解約しないまま。

まだ稀にこちらにも掛かって来るもんだから、来年1月7日のドコモの PHS サービス終了 (お客様へのお知らせ : ドコモPHSサービスをご利用中のお客様へ) まで残しておこうかと思っていたのだが…。

どうやら、バッテリがどうにもならないまでに劣化したらしく、電源が入らなくなった。

サービス終了を待たずして、使えなくなってしまった。

さて、どうしたものか…。


それにしても、勿体ないような連休の過ごし方をしてしまったな…。まあ、そういう気分だったから仕方ないということにして、明日からまた心機一転で…。

仕事が溜まってそうだなぁ。

このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

2007年9月17日 (月)

デジスタ・プチ劇場 #060

9月15日(土)、NHK 教育のデジスタ・プチ劇場 #060を見た。といっても、その時間は留守にしてたから録画を予約しておいたんだけれど。そもそも同じ映像は手元にあるから、わざわざ録画するまでもなかったんだけれど、なんとなく。

内容は MOKA☆竜宮への道 ミッションスクール meets 教育TVで案内されているとおり。放映されたのは音声がモノラルだったんで、ちょっと残念。最初に紹介されたのは 3月放映の デジタル・スタジアム (MOKA☆竜宮への道 NHKデジスタで"MISSION SCHOOL"by望月智充監督) なんだけれど、こっちは見逃した。

ここに載せた画像は、放映された「MISSION SCHOOL」の another version を収録した非売品 CD。

自分の名前が手書きされたプリント面もそうだけれど、それ以外にも色々あるんだけれど、距離が近いように感じられて、ちょっと嬉しい。

このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

2007年9月14日 (金)

新幹線のちょっと賢い乗り方

新幹線でのワンセグの視聴は余り現実的じゃないことが判明。

東京への出張の際、新幹線の車内で我が PHS、Advanced/W-ZERO3 [es] にワンセグチューナーを付けて視聴してみようとしたけれど、場所によって途切れるし (特にトンネル)、エリアが変われば (県境を越えれば) また受信できなくなるし。

やはり新幹線ではポケットラジオを使って車内の FM 放送を受信するのが手軽で良い。

それから特急料金。

新幹線と在来線特急を乗り継ぐ場合、乗継割引というのがあって、新幹線と在来線の特急券を同時に購入すると在来線の特急料金が半額になる。

これがエクスプレス予約の場合、乗継割引を適用することが出来ない (在来線の特急に乗り継ぐ場合、「乗継割引」は適用されますか?) から、例えば熊本辺りまで鉄道で移動する場合、特急券を窓口で買った方が得だとばかり思ってて、これまでもわざわざ窓口で買ってた。

ところが計算してみると、普通に窓口で静岡-博多 (名古屋-博多で「のぞみ」を利用) の新幹線特急料金が 7,730円 (「のぞみ」の加算額 500円を含む)。博多-熊本の特急料金 1,870円が乗継割引により 930円。合計 8,660円 (全て指定席)。JR 九州管内を除く特急料金は繁忙期に 200円増しだから、夏休みの時期とかだったりすると、8,860円。

それがエクスプレス予約なら指定席でも自由席以下の料金だし、「のぞみ」を使っても料金は加算されず、繁忙期の区別もなくて、静岡-博多間で 6,680円。博多-熊本の特急料金 1,870円。合計 8,550円 (全て指定席)。

ということで、実はエクスプレス予約の方が 310円得になってしまう。しかもグリーンプログラムのポイントが 140 も付くというおまけ付き。

つまり要約すると、今まで賢く買ってたつもりが、実はしっかり損してたってこと。

このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

2007年9月11日 (火)

第5回定期演奏会

9月9日(日)、定期演奏会がなんとか終わった。

打ち上げやらなんやらで、浜松を発ったのが10日(月)になった 1時半。

予想通り、出発して間もなく力尽き、途中で仮眠をとって、帰宅したのが朝の10時。浜松から静岡への移動に 8時間も掛かってしまった。

月曜を休みにしておいて良かった。月曜から仕事の人達は、本当にお疲れ様。

個人的にはもうちょっと準備する時間があればという思いもあるものの、遠くから来てくれた k さんもエリック・ミヤシロさんの演奏を始め、色々と気付きを得られて満足してくれたみたいだし、取り敢えずよしとしますか。

このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

2007年9月 6日 (木)

N700 の立ち往生

台風9号が静岡県に接近中ということで、さっきテレビで放映されてた浜松駅の中継映像。

上りの新幹線の通過線で立ち往生してたのは N700 系だったなぁ。

このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

引っ越して初めての平日練習

日付が変わって昨日は取り敢えず 18時半頃に帰宅できれば、浜松まで行こうと考えた。

そうすれば、東名高速の渋滞がなくてうまくいけば 20時頃には着くだろうと、そして 1時間ぐらいは合奏に参加できるだろうと。

で、なんとか仕事を切り上げて、18時半頃に帰宅。急いで支度して。でも、浜松に着いたのが 20時15分頃。

しかも、エリックさんとの合奏はそれから 30分足らずで終わってしまい…。

うーん、なんか勿体ない。

それにしても自分の方はすっかり練習不足だなぁ。エリックさんの演奏される曲なんか特に。

このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

2007年9月 4日 (火)

再び N 響の吹奏楽

日曜、帰宅してから見たテレビが N響アワー : 2007年9月2日放送

今夏の「N響ほっとコンサート」を録画したもので、そのうちのいくつかは NHK 交響楽団による吹奏楽の演奏。

フィリップ・スパークの「パントマイム」は外囿祥一郎さんによるユーフォニアム独奏。

ほかにホルストの吹奏楽のための組曲 第1番など、聴き応えのあるプログラムだった。

このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

2007年9月 2日 (日)

ヒッチハイカー

今日、浜松から静岡に帰る途中、寄った小笠パーキングエリアでヒッチハイクしてる人に会ってしまった。

焼津まで乗せて欲しいということだったが、見ず知らずの人を乗せるのは不安だ。この場合、乗せるべきか断るべきか。

しかし、この後、きっと襲って来るであろう眠気に耐えながら一人で運転するより、きっと横で寝ることはないであろう同乗者を連れていた方が好都合とも言える。それに、ちょっと失礼な言い方かも知れないが、ヒッチハイカーを乗せたというのも話のネタになるだろうし、ま、いいかと考えて、焼津までならと乗ってもらうことにした。

残念ながら車内でそれほど話は弾まなかったが、それでもこっちの目論見通り、眠気には襲われることなく、焼津まで到着。

話を聞くと、どうやら無賃旅行をやりたくてやってたわけではなく、突然にそうせざるを得ない状況となったらしいのだが。

果たして、無事、目的は達成できただろうか…。

このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

七輪の演奏会

1週間後、9月9日(日) は演奏会の本番。

例によって入場券の自分の持ち分を知人に配布しなければならないが、演奏会のある浜松にはそれこそ知り合いが少なく、辛いところ。

そんな自分がこれまで入場券をよく渡していたのが会社の同期、数人。

ところが今回は、実に久々の七輪の会 (【提案】今年の夏こそ七輪を志す) が本番同日に開催されることになってしまった。

そんなわけで、入場券、自分では殆ど配れそうにない (と言い訳。御免)。

演奏会の案内を出来なくなったことも残念であるが、七輪の会に参加できなくなったことがまた残念。

次の会 (どっちの?) こそは、なんとか、また。

このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

Social connection

  • Check

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

これも見とるよ

その他

無料ブログはココログ