« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月の11件の記事

2007年12月31日 (月)

24時間超の忘年会

今年、最後の忘年会は、集合してから解散するまで 24時間超。

自分は近々、十数年ぶりに千葉県浦安市舞浜地区の某有名テーマパークに別の団体で行くことになりそうで、まあ色々と不安があったのだが、どのような心構えを持てば楽しめるかについて、みんなが熱心に説明してくれたため、随分と不安が和らいだのであった。

なんじゃ、そりゃ。

とにかく、先輩 (自分) 思いでいつも楽しい後輩のみんなに感謝。

このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

2007年12月25日 (火)

宵の富士山

所用のため自動車 (まだまだ代車生活です) を運転してたら、静岡大橋から見える富士山が夕日に染まってて印象的だった。

所用を済ませてまた静岡大橋に行くと、既に日は暮れててさっきのように見えなかった。

これだから風景の撮影は難しい。

このまま引き返すのもなんなので、手摺りに K10D を置いて、シャッタースピード 15秒で撮影。

既に肉眼では視認できなくなった富士山が夜空に浮かび上がった。

はぁ、今日は年賀状を全部仕上げる予定だったのに、手付かずだったなぁ。

このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

ウェディングパーティーにて

23日はウェディングパーティーへ。

普段着で来てくれればいいという話だったし、前に別のに行ったときにきちっとした格好で行ったら浮き気味だったので、今回はネクタイを締めずに行ったのだが、それはちょっと失敗だったようで。

例によってカメラは持って行くのだが、結婚式関係の撮影は色々と条件が難しい。

先ず、会場の様子がどんな感じなのか事前に分からないことが多い。そのため、機材の選択が難しい。だからといって、無難にしようとあれこれ持って行くと、会場で手際の悪さが目立ってしまう。

それと、こういう場合は相手が構えているときにてきぱきと撮る必要がある。ここでもたもたとピントや露出を合わせてとかやってると、相手をくたびれさせてしまう。

おまけに、こういうときは自分も酔いが回ってて、カメラの設定やピント合わせの精度が悪くなるという問題も。

今回はフィルム一眼レフの MZ-M と 50mm F1.7 を主体に、28mm F2.8、35-80mm F4-5.6 を使った。

ストロボは AF360FGZ。MZ-M との組み合わせで使ったことがないので、いい機会だと。フィルムは無難に ISO 800。

で、日付が変わって 24日に現像してみたら、ノーフラッシュで撮ったのはピンぼけを量産。相変わらずだ。余り絞らずに撮ってるからということもあるが。

途中、ストロボの設定を間違え、マニュアル、つまり最大光量で撮って雰囲気台無しの写真になってるのもあるし。

まだまだ精進が必要である。

MZ-M と AF360FGZ の組み合わせで使い勝手が悪かったのも誤算。

MZ-M は外光オートでしか使えないのだが、AF360FGZ は P-TTL や TTL を前提としているらしく、ストロボの電源を入れ直すと、外光オートにまた再設定しなければならない。折角のストロボのズーム機能も、電源を入れ直す度に再設定せねばならない。これが非常に使いにくい。

その点、AF280T なら設定は全部、機械的なスライドスイッチなので、電源を切っても設定が初期化されることはない。旧式で機能的に劣る点の多い AF280T もマニュアルフォーカスのカメラと組み合わせたときは使い勝手が良いと思った。

因みに自分が結婚などの重要になりそうな撮影をデジタルではなくネガフィルムでやる主な理由は二つの安心感から。

一つは露出の許容度が広いこと。デジタルだと真っ暗になったり真っ白になったりして救いようのなくなることもあるが、ネガフィルムだと綺麗にプリントできることが多いという安心感があるから。

もう一つは長期保存性。デジタルだと、その撮影したデータが10年後、20年後に読み取れるかどうか分からない。現に 10年前に保存したワープロの文書や 20年前にフロッピーディスクに保存したデータはフォーマットが変わってたりディスクが劣化してたりして、当時と同じように読めなくなっているわけである。それがフィルムなら、褪色することはあっても見られなくなることはないだろうという安心感があるから。

ついでにもう一つ、理由を挙げるなら、今時、みんなデジタルで撮ってるんだから、一人ぐらいフィルムで撮ってるのがいた方がいいんじゃないかと思うから。

同日に吹奏楽で、最後の本番と忘年会があったが、こちらは毎年実施されるからということで、やむなく欠席。

このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

2007年12月24日 (月)

大門、2回目

静岡インターチエンジ前の熊本ラーメン。

行ってみたら今夜で終わりだった。

店内に入ってみたら、閉店が1ヶ月延長になってた。

1月末迄、営業するとのこと。

-----------------
sent from W-ZERO3

2007年12月21日 (金)

ミニファインダー

新機種に合わせて発売された外部ミニファインダーとケースを買っちゃった。

DC-3Z で撮影。余談だが、DC-3Z の発売は10年前である (リコー「DC-3Z」使用レポート)。

新しいファインダーを装着して、熱海駅で新幹線車内の照明と重なるプラットホームを撮影してみた。

これまた余談だが、熱海駅や小田原駅のプラットホームを見ると、ゼミ合宿(?)を抜けて今の会社の入社試験に行った学生時代をいつも思い出してしまう。

GR DIGITAL II も初めて触ってみた。

これは単なるマイナーチェンジではないと思った。液晶モニタの画質は想像以上だし、電子水準器もボタンの操作感もいい。

我慢できなくなりそうなので、これ以上触るのはやめといた。

本当に我慢できなくなっても、新しいファインダーとケースは引き続き使えるから、それはいいんだけれど。

このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

2007年12月18日 (火)

あっ超ー

大学時代に生協で買った CD。定価 2,800円 (消費税 3%込み)。

Amazon で見たら、中古品の最安値が 5,996円。

出品者によっては 8,000円超の値付けも!

かつての放送禁止指定曲を歌うのは、愛知県民にはお馴染みで、今年の「燃えよドラゴンズ! 2007」(静岡で売ってない…) でも有名なつボイノリオさん。

このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

2007年12月17日 (月)

クリスマスコンサートの帰り

只今、掛川市は東名、小笠パーキングエリア。

眠気防止に噛むのは焼きあたりめ。

-----------------
sent from W-ZERO3

2007年12月10日 (月)

初めての携帯電話

既に1週間経ってしまったが、10年8カ月使い続けたドコモの PHS を遂に解約 (いつも使ってるのはウィルコムの PHS)。

PHS の利用者は代金や手数料を全く掛けず、継続利用期間もそのままでドコモの携帯電話を新規契約 (機種変更みたいなものだ) できる (重要なお知らせ : ドコモ PHS サービスをご利用中のお客様へ)。

先般、最新の FOMA となる 905i シリーズ が発売になり、PHS のサービス終了前に発売となる携帯電話が出揃ったこともあり、最新とはどんなものだろうと、生まれて初めて携帯電話を契約してみた。

ドコモの PHS は NTT パーソナル時代からずっとシャープ製を使ってきたこともあり、今回も機能がほぼ一通り揃っている上に薄型である FOMA SH905i を選択。

料金プランは、PHS からの機種変更の場合、ベーシックコース の選択しかできないが、通常なら 2年以内の解約や機種変更で掛かるベーシックコース解除料は特例で掛からないという。

でも、そんなコースとは関係なく、自分が選択したのはPHS の利用者だけが契約できる「FOMA 期間限定プラン」というもの (カタログ、ウェブサイトには全く載ってない)。月額 1,575円 (税込み)。無料通信のおまけは付いてなく、通信料は「ファミ割ワイド」と同じ。これなら、PHS の回線を維持するために払っていた月額料金よりちょっと高いぐらい。

しかし、それにしても携帯電話って通信料の掛かるサービスやメニューがてんこ盛りである。何をするのにもお金が掛かりそうで、ボタンを押すのがかなり怖い。

それに、i モードを使って 5分ぐらいサイトを閲覧しただけで 72パケット、144円も料金が発生。ドコモ PHS なら 5分で 75円だから、感覚的には 2倍である。

そもそも課金の単位がパケット量というのも感覚的に分からない。PHS のような秒単位の課金なら感覚的に分かるのだけれど。

そんなわけで、携帯電話は、発車直前の新幹線の切符予約 (携帯電話以外だと 30分先の列車しか予約できないという妙な制限がある) と、ワンセグチューナー (もしや番組表を見るのにもパケット料っているの?) と、後はウィルコム PHS のエリア外での通話に限定して使ってみるつもり。

尚、私宛の電話等はこれまで通り、ウィルコムの PHS 宛で宜しく。

このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

網膜の画像診断

先日、浜松市街にあるいつもの眼科に行った。

国内では一部の大学病院に数台しかなく、一般の医院では唯一らしい画像診断装置を導入したとのこと。RTVue-100 とかいう装置。

先生の絶賛するこの装置で診断してもらったところ、網膜の断面が一目瞭然。左目と右目で全然違う。

五線譜や Excel のワークシートが波打って見えるのは網膜がこういう状態だからみたいなのがよく分かった。

たまたま自分の通っている所でこんな診断をしてもらえるなんて、運がいい。

このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

2007年12月 8日 (土)

はままつ冬の蛍

出張帰りのひとこま。

どこも年々、派手になってくなぁ。

このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

2007年12月 7日 (金)

今夜は素面で

金曜日。

先週、ほろ酔い気分で乗った満員電車。

今夜は素面で。

-----------------
sent from W-ZERO3

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

Social connection

  • Check

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

これも見とるよ

その他

無料ブログはココログ