« 久々に飲んで人生の危機感 | トップページ | いよいよ、出発… »

2008年11月16日 (日)

定時退社の感覚

金曜は、上司から
「今月度は残業が基準値を超えるから今日は定時で帰りなさい」
と言われ、何とか 1時間弱の残業で帰ってきた。

定時を意識すると、一日は思いの外、短く感じる。この日のように半日以上、会議があると尚更だ。

意識はしてないけれど、残業時間に片付ければいいやって、知らず知らずのうちにそういう感覚になってしまっているようだ。ちょっと反省。

« 久々に飲んで人生の危機感 | トップページ | いよいよ、出発… »

仕事」カテゴリの記事

コメント

> 意識はしてないけれど、残業時間に片付ければいいやって、知らず知らずのうちにそういう感覚になってしまっているようだ

そうなんだよね。
自分もそうだった。
残業依存型か脱却すると、定時後の時間の使い道を考えるようになるし、
プライベートの方も充実した日々にしたいなと思うようになって来たよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 定時退社の感覚:

« 久々に飲んで人生の危機感 | トップページ | いよいよ、出発… »

Social connection

  • Check

最近のトラックバック

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

これも見とるよ

その他

無料ブログはココログ