« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月の20件の記事

2008年12月31日 (水)

平成20年を振り返る

一応、年末なので、一年を振り返って、ここに書いても差し支えなさそうなことを色々と。

1月、初めてのディズニーシーで始まる。夜中に出発して夜中に帰ってくる強行日程で疲れたが、何よりショーの役者も係員も、全てが良く訓練されていることに感動する。

今年は遠出らしい遠出といえばこれだけだったような。

戻った後、インフルエンザを患う (流行性感冒 2008)。しかし考えてみれば、ここのところ年1回、大きな病気をしていたが、この1年で病気したのはこれぐらいで済んだ。

この一年で特に大きかったものの一つが仕事のこと。

夏まで、入社以来、経験したことのない忙しさ (終電は2日に1回ぐらい忙しい人の悪い習慣「残業、多いね」定時退社の感覚)。何度か徹夜をやったり、35時間連続勤務も経験したり。深夜タクシー週 6回なんてこともあり、タクシーの運転手さんにも覚えられてしまった (タクシードライバー)。

心身共に参ったところがあったが、同僚友人上司、それぞれに愚痴を聞いてもらったりして、ため込まずに済んだのが良かった。それに付き合わせてしまった皆さんには感謝。やらなきゃならない進捗管理もそっちのけで久しぶりにコーディングできたのも楽しかった (理系の人々)。

それと、休日出勤でたまに休んだものの、週末の吹奏楽の合奏も却っていい気分転換になった (初のプロムナードコンサート初めて貰った楽譜定演直後の練習第10回健康まつり冬の音楽会は 3年ぶり)。大きな演奏会で前に出てのソロもいつ以来かちょっと記憶にないぐらい (少なくとも今世紀は初めて) の経験だった (第6回定期演奏会楽器紹介と人物紹介)。

そんなバタバタしている間に、去年、注文した新車「カングー」がやっと納車 (新車、遂に)。本来、受注生産である 5速 MT 車にしてしまったこともあってか、随分と時間が掛かった。9月末に注文してから 7ヶ月、11月にそれまでの愛車「トゥインゴ」と別れてから 5ヶ月経とうとしていた。

新車を買うのは自分にとって初めてのことだった。かなりの出費が予想されたが、その点では時期が大変良かった。前述の通り、残業がすごいことになっていたことと、納車された 4月だけ自動車関連の暫定税率が本来の税率に戻ったことなどの条件が重なって、意外と出費が少なくて済んでしまった。

修理に出したものも多かった。PSX (ハードディスクレコーダー) に始まり、SRF-M100 (FM/AM ステレオラジオ)、GR1s (フィルムカメラ) と、どれも今、同等のものが販売されていないに等しいものばかり。ラジオ以外はこのブログに詳しく書かなかったが、ラジオの件は検索して記事を見に来る人も多かったようだ (AM ステレオラジオの復活)。

今年会った有名人は、世界一有名なユーフォニアム奏者のスティーヴン・ミードさん (NYBBS Tour of Japan Day 12)、元メジャーリーガーの桑田真澄さん (桑田さんからサインと握手)、そしてこの前の「なんだかなぁ」の阿藤快さん (阿藤快さんと忘年会)。振り返ってみて、改めてびっくり。それぞれサインをもらったり、撮影に応じてくれたり、握手してもらったり。みんな気さくそうないい方ばかりだった。

友人知人の出産、開業などのおめでたい話も多かったが、何より多かったのが結婚 (某後輩からの報告フライングだけれど披露宴で結婚披露宴の祝辞それ、提出するの?)。人の幸せはこっちも嬉しくなるが、さすがに自分も焦りを隠せなくなってきた (久々に飲んで人生の危機感)。そういえば、みんな自分より年下じゃないか。出来ることなら自分もこの流れに肖りたいものだが…。

さて、来年の展望だが…

それは、また今度、考えることにする。

2008年12月29日 (月)

平成21年の年賀状

やっと差出人のところだけ準備できた。

後、1日で宛名と近況を仕上げんと。間に合うのか。

因みに今年の写真は山梨県某所のにした。

そういえば、過去は何にしてたんだっけ。一覧にしてみた (平成19年と14年は2種類作った)。

  • 平成20年: 岡崎の桜まつり「家康行列」より
  • 平成19年: 「純情きらり」の舞台「八丁蔵通り」 / さった峠から富士山を望む
  • 平成18年: 8月で運行終了した「SL あそ BOY」号
  • 平成17年: 熊本城 大天守
  • 平成16年: エッフェル塔、コンコルド広場とマドレーヌ寺院
  • 平成15年: ブルーインパルス T-4
  • 平成14年: 浜松城 / 浄蓮の滝
  • 平成13年: 浜松アクトタワー
  • 平成12年: 阿蘇山

リバーサルフィルムで作る年賀状は今回で10年目になってしまった。

2008年12月27日 (土)

阿藤快さんと忘年会

仕事納めの昨日は毎年恒例の y2k 忘年会。第9回となる今回は初めて自分がの幹事を引き受けることになってしまった。

なんと今回は最後に「なんだかなぁ」の 阿藤快 さん登場。

なんでも SBS ラジオの番組「愉快! 痛快! 阿藤快」関係の忘年会が同じ店だったみたいで。

テレビやラジオから受ける印象以上に気さくな方で感激してしまった。

握手は勿論、一緒に撮影してもらったりしたよ。

今回の忘年会、店選びでバタバタしたけれど、みんなも大喜びで、結果的には大成功だ。

2008年12月26日 (金)

サンクンプラザの電飾を見て

浜松出張の帰り。

アクトシティのホールの前のガラスが大変な電飾になってた。

年々、華美になっていく電飾を見ると、確かに綺麗だとは思うけれど、一方で何か不安になってしまう。

我々が白熱電球から電球型蛍光灯に変えて電力を節約するのは、街に沢山の電飾を点すためなんだろうか。

間近で見る電飾を楽しむために、夜の星空を我慢してるんだろうか。

なんてのは、自分が捻くれてるだけかな。

2008年12月22日 (月)

冬の音楽会は 3年ぶり

明日 23日は、なゆた浜北ホールで「冬の音楽会」というのに出る。

毎年恒例の行事だが、去年は友人の結婚パーティーと重なったため、一昨年は自分が病気 (後日入院) して休んだため、自分にとっては 3年ぶりである。

3年前の12月といえば、ちょうど静岡への引っ越しが終わったばかりでバタバタしてた頃だ。

明日は入場無料で、入場券がなくても入れるみたいなので、お時間があれば是非どうぞ。

と、たまには宣伝してみる。

エンジンオイルの推奨交換時期

明日は新車 (もう違う?) の 2度目の点検整備をしてもらうことにした。

走行距離も 9,000km を超えたし、エンジンオイルの点検、交換などもと言われたし、初回の新車点検から半年ぐらい経ったことだし。

トゥインゴに乗っていたときは、1年毎の法定点検以外にも半年毎に簡単な点検 (日産のセーフティー点検) をやってもらってたこともあり、今回も年が明ける前にやっておくことに。

ところで、9,000km を超えてからの交換というのは遅すぎたんじゃないだろうか。以前、何かでオイルは 5,000km 毎を目安に、フィルターはオイル交換2回毎を目安にと聞いたことがあるけれど、大丈夫だろうか。そもそも新車点検のときに交換してるんだっけ (基本的に整備士さんに任せてしまってるので…)。ちょっと不安になってきた。

エンジンオイルの適切な交換時期というのはいつなんだろうか。

調べてみたところ、新車に付いてきた「点検整備項目/記録簿」という冊子に「ルノー推奨定期交換部品項目について」という記載がある。

それによると、「エンジンオイル」と「エンジンオイルフィルター」は「1年または 15,000km 毎」の交換と書いてある (ルノースポール (RS) 車以外の場合)。これならまだまだ余裕があるじゃないか (それより「粉塵フィルター」の方が交換時期が早い)。

これなら余り神経質になる必要もなさそうだ。何れにせよ、明日、オイル交換が必要かどうかは整備士さんに判断してもらうんだろうけれど。

そうそう、カングーのオイルレベルゲージってちょっと手の届かないところにあるんだよね…。素人が日常点検するのは無理。

2008年12月21日 (日)

他言無用で宜しくね

きっとこの週末辺り、また一人、ここのブログなどが職場の人に見つかってしまったんじゃないかと思う。

わざわざ探してくれるのは全く構わない。そもそもインターネット上に公開してるものだし、わざわざ探してもらえるのは有り難くもあるわけで。

それに多分、読まれて困ることは書いてないはず、多分…。

でもでも、本当にもし、こことか見てたら、他言無用で宜しくね。大っぴらにしたくはないんで。

# ポメラで書いた記事を Word Mobile で再編集してしまった…。

久々に3時間ほど

只今、浜北クリスマスコンサートの帰り。

久々に車の中で寝てしまった。小笠パーキングエリアで 3時間ほど。

小笠パーキングエリアはバリアフリー化の工事をしたらしく、歩道と駐車場の段差がなくなってた。

2008年12月17日 (水)

第9回 y2k 忘年会のこと

ここを見てくれている y2k の皆さんへ。

さっき、第9回 y2k 忘年会の店の当てが取り敢えず付いたよ。

  • タイトル:第9回 y2k 忘年会
  • 開始日時:2008-12-26 19:30

詳しくはまた、明日にでもメールを送ります。

2008年12月16日 (火)

それ、提出するの?

え、この書類、提出するの? いつ?

…。

おめでとう。

ほかのみんなも、その準備で忙しいんだね…。

2008年12月15日 (月)

手帳活用術

12月13日放送 | これまでの放送 | めざせ! 会社の星 | NHK 名古屋放送局 は「来年こそ! 手帳活用術」だった。

先週に放映された予告で蛇腹の手帳らしい物がちょっと映ったから「もしかしたら」と思ったけれど、予想通り「超」整理手帳が出てきた。しかも、手帳の発案者の野口悠紀雄さんまで出てきたり。

番組に出てきた「手帳の達人たちの交流会」も「『超』整理手帳オフ会」だったし、番組の半分ぐらいは「超」整理手帳の話だったし。

自分自身、「超」整理手帳を使い始めて、10年ぐらいになるんじゃないかと思う。この前、sagojou さんに会ったときも「今もその手帳、使ってるんですか」と言われた。逆に覚えられてるということに自分が驚いた。

でも、この手帳を手帳らしくよく使うようになったのはここ数年ぐらいのことだったりして。

前半の番組の内容は野口さんの著書で紹介されていることが殆どだったけれど、ほかの人の「超」整理手帳の使い方とか面白かった。

番組の後半では、WILLCOM 03 を使って予定や仕事 (TO-DO) の管理をしている人の紹介。

WILLCOM 03 は自分の持っている Advanced/W-ZERO3 [es] と同じ Windows Mobile の PHS。だから、自分でも同じような方法で予定や仕事の管理は出来る。

けれどもやっぱり、予定の管理は紙がいい。紙なら記入も簡単だし、「超」整理手帳の蛇腹の「週間スケジュール・シート」なら一覧性も良い。それに PDA や PC などのように、機器を買い換えたときのデータ移行や複数の機器間でのデータの同期を考えなくていいし。

でも、TO-DO は PHS をよく使う。TO-DO はデータを長期保存する必要がないし、何より期限の近い順に並べ変えてくれたり、アラームで知らせてくれるのが便利だから。

2008年12月13日 (土)

初めて見た「高橋メソッド」

高橋メソッド」を実際に使ったプレゼンテーション、初めて見た。しかも、なんと社内の結構大きな発表会で。

いつも良く感じるのだが、うちの会社のプレゼンテーションで作られるスライドは、1ページにかなり多くの情報を詰め込んでいるものが多いと思う。だから、自然と文字も小さくなる。

けれども高橋メソッドは文字が大きい上にサクサク進んで、見ててすっきりしてて、今までにない新鮮さがあった。

今回見たプレゼンテーションでは、最初に「注意」というスライドがあって、「このプレゼンは『高橋メソッド』を使ってます。ふざけてるわけではありません」という説明があった。これもうまい導入だと思った。

勇気あるプレゼンテーションをうまくやってのけてて、ただただ感心してしまった。

回りくどいらしい

どうも自分の発言、説明は回りくどいようだ。そんな風に今日、指摘された。

そういわれてみると、確かに過去にも何度か思い当たる節が…。

この前も別のところで
「もっとはっきり、ストレートに言ったらどうですか」
なんて言われたわ。

今後、もうちょっと気を付けた方が良さそうだ。

これであなたもメモ上手

NHK ニュース おはよう日本『まちかど情報室』の12日の放送でポメラを紹介してた。

大きなキーボード、電源を入れればすぐ起動、日時をワンタッチで記録、電池式なのでバッテリの残量を気にせず使えることなどを紹介。

自分もあんな風に格好良く使いこなしたいものである。

2008年12月10日 (水)

新横浜駅前で信号と音楽の実験

この画像は新横浜駅のすぐ近くの交差点にあった看板を撮影したもの。

「歩行者用信号と音楽の連動実験実施中」

「横断を始める前に、音楽に耳を傾けてみてください。」

信号が青になったら、聴き慣れない音色の曲が流れてきた。でも、何を狙った実験なのか分からず。

帰宅後、調べてみたけれど、これのことみたい。

歩行者信号の表示と連動させて横断歩行者に向けて音楽を流し、たとえば青時間の残余が短い時間帯に歩行速度を上げてもらうような働きかけを試みた。

ポメラで TAB

ポメラで TAB を入力すると、画面上では必ず 4桁の空白になってしまう。

TAB コードは入力できるので、いいんだけれど、ポメラの画面上で文字位置が不揃いになるのは凄く気になる。

勿論、欲を言えば TAB の単位を設定できるといいんだけれど、それは無理でも TAB は TAB として桁を揃えて表示して欲しい。

でも、日本語の禁則文字の行送りはちゃんとやってくれるんだよね。その機能は別になくても良かったのに。

2008年12月 7日 (日)

ティファールの電気ケトル

3週間ほど前になるが、従妹からの内祝いということで、フライパン (取っ手の取れるのとかこびり付かないのとか) などの調理器具で有名な ティファール の電気ケトル  (ティファールケトル) を貰った。

普段、自分は電気でお湯を沸かそうと思わなかった。

何故なら、消費電力が大きくてブレーカーが切れそうだからというのが一つ。もう一つは、一人で暮らしてるとそんなにお湯を使わないから、必要なときにコンロで沸かした方がいいと思ってたから。

しかし、使わないのは勿体ないなということで、今日、初めて使ってみたんだけれど…。

これが、想像以上に便利。

先ず、沸くのが早い。きちんと測ってはいないが、コーヒー1杯ぐらいの量だったら 1分と待たずに沸く。

それから、沸いたら蒸気を検知して勝手に電源が切れるのが便利。ガスコンロの場合、使っているときはそばから離れられないし、うっかり全部蒸発させて空焚きになってしまわないように少し多めに水を入れてしまうから、ますます沸くのが遅くなる。

保温の機能はないが、自分の使い方なら全く問題ない。

これは便利なものを貰った。これからの寒い季節、だいぶお世話になりそうだ。

高速道路標識クリーナーストラップ

随分と前になるけれど、パーキングエリアの手洗いについてアンケートに答えたとき、もらったもの。

なかなかおしゃれだと思うので、PHS にずっとこれを付けている。

この携帯電話用ストラップは非売品らしいのだけれど、ほかにも色んな種類があって、熱心な収集家がいたり、オークションで取引があったりするということを最近知った。

そりゃ、そういう人達がいても不思議じゃないかも。

鉄道なんかでも、駅名標のストラップとかあったら人気が出るんじゃないかと思うんだけれどな。もしそんなのがあったら、馴染みの駅のストラップが欲しい。

2008年12月 6日 (土)

シートの色が違う

同じ 300系新幹線でも JR 西日本の車両はシートの色が違う。

2008年12月 1日 (月)

出張でちょっとした気分転換

浜松への出張の帰り。アクトシティから浜松駅を見る。

新幹線。出張先も社内だから気楽だし、遠すぎず近すぎずでちょっとした気分転換。

現場の反応は、仕方なくというのはあるかも知れないけれど、それでも思ったより前向きだった。

それより… (以下、自主規制)。

ところでポメラを膝の上で使うとき、「超」整理手帳の上に乗せると、キーボードが折れ曲がりにくくなって具合がいいようだ。

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

Social connection

  • Check

最近のトラックバック

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

これも見とるよ

その他

無料ブログはココログ