« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月の19件の記事

2009年1月30日 (金)

Non-Preemptive

「ノンプリエンプティブ方式の OS の代表に Microsoft Windows 95/98 など (中略) がある」と、ある参考書に書いてあったのだけれど、そういうことだったっけ。

というわけで、取り敢えず第2章 (全9章) まで完。

2009年1月29日 (木)

平成21年3月までに

気付いてみれば平成21年になってもう1ヶ月。

出来れば3月までに九州に行きたいし、そのついでに 3月で廃止されるらしいブルートレイン (寝台特急) にも、最後、もう一回乗ったりしてみたいとか思うのだが…。

# あ、鉄道マニアって訳じゃないよ。

2009年1月27日 (火)

自宅だと雑念が入るから

土日は合奏の練習と本番があったし、今年度も年次休暇を捨てることになりそうだったから休んでみた。

で、せっかくの休みなので有意義に過ごしたいところだったのだが、日曜の疲れが残っていたこともあり、ついゴロゴロと…。いかんなぁ。

それでもなんとか、今度、受験予定の試験のために参考書の問題を解く。

今後の受験予定は会社の試験と国家試験の 2つがあるが、やったのは国家試験の方。会社の方の試験は自分にとって捨て石(?)みたいなものなんで。

結果的に会社の試験も国家試験も両方とも不合格というのが濃厚なんだけれど、ま、いいじゃないか。それにしても、この調子だと試験日までに参考書の問題を全て解き終えるのは厳しそうだ。

どうせ自宅じゃ雑念が入って勉強なんてできないんで、平日も会社からまっすぐ帰らない方がいいかも知れない。

2009年1月24日 (土)

帰ってきたポメラ

ポメラのファームウェアが新しくなって帰ってきた。

発送してから戻ってくるまで、1週間と掛からなかった。案内では 2、3週間掛かるということだったから、早くてびっくり。それに近々、使いたいときがあったんで大助かり。

案内になかった変更点で、すぐ気付いた嬉しいこと。それは、日本語変換中の Shift + スペースキー、または Shift + 変換キーで、前候補の選択が出来るようになったこと。

前候補の選択が変わってたというのは勘違い。ファームウェアが新しくなった後、入力スタイルが ATOK から MS-IME に戻ってた。

2009年1月22日 (木)

はやる KJ

先月、社内某所で「KJ 法」のことを話したら、すっかりはやってしまったみたい。

思ったより、受けが良かったようで…。

知らんぞ。私は責任持たんぞ。

2009年1月20日 (火)

男が消える? 人類が消える?

NHK スペシャル | シリーズ 女と男 最新科学が読み解く性 の最終回。

男を作る Y染色体が退化している。Y 染色体は自滅する。

  • 持っている遺伝子の数が X 染色体の 1098に対し、Y 染色体は 78しかない。元々、染色体の大きさは同じだった。
  • 遅くとも 500万年から600万年で完全に消える。実際はもっと早くなる可能性が十分にある。

Y 染色体はほかの染色体と異なる特別な伝わり方をする。

  • X 染色体は、雌雄のお互いの遺伝子を交換し、それぞれの特徴を少しずつ持った新しい染色体として次の世代へ引き継がれる。
  • Y 染色体は一つしかないため、単純なコピーが作られ、引き継がれていく。

世界最大の爬虫類、コモドオオトカゲは 2年前に処女懐胎した。

  • 大型動物が雌だけで子孫を残せるとはこれまでの常識であり得ないとされてきた。

哺乳類は雌だけで子供を作ることが出来ない。

  • 胎盤が精子に含まれる遺伝子の命令によって作られるため。Y 染色体を持つ雄がいないと胎盤を作れない。

雌が二つ持つ X 染色体は交わることが出来るが、雄の Y 染色体はペアの X 染色体と交わることが出来ない。

  • Y 染色体は、父から息子へと雄の間に引き継がれていくうちにコピーミスが重なり、退化を続ける。

哺乳類でもアマミトゲネズミとトクノシマトゲネズミは Y 染色体を失っても生き延びている。

  • 突然変異が積み重なって偶然起きたことであるため、ヒトが同じような未来を辿るとは考えられない。
  • 自然界には偶然に頼る以外、Y 染色体が生き延びる方法はない。

人間の精子の質が極めて悪くなってきている。

  • 一般的に精子の 85%に異常がある。
  • 正常な精子のうち、うまく泳げるのは 3割から4割しかいない。

デンマークの調査では男性の 20% が不妊。40% が不妊予備軍。日本での調査でも同様のデータが出ている。

  • WHO の基準では、精子の濃度が 1ml 中、2000万個を下回ると不妊に該当する。
  • 4000万個以下が不妊予備軍。

人間独自の進化。

  • チンパンジーの仲間は乱婚が基本。雌は複数の雄と結ばれる。雌の子宮の中で複数の雄の精子が一つの卵子を目指して激しい競争を繰り広げる。
  • 一夫一妻の関係を取り入れた人間には、精子同士の競争がない。手間暇の掛かる子育てを男と女が協力して行うために恋愛のメカニズムを発達させたため、質の高い精子を選び取って次世代に伝える仕組みがない。
  • フィンランドでは過去5年の間に 27% も精子の濃度が下がっている。これは一夫一妻で説明できるものではなく、環境などの外的要因が疑われている。

体外受精や顕微授精が精子の質の劣化を加速させかねない。

  • 精子を人為的に選ぶ顕微授精では精子への競争圧力が掛からず、質の劣化が避けられなくなる。
  • 生殖技術に頼るようになると、次の世代には技術がもっと必要になる。
  • イタリアでは規制法によって、生殖医療はカップルに限る、受精卵の冷凍保存禁止、第三者からの精子や卵子の提供禁止とした。他の先進国では法律によって規制していない。

一方、アメリカでは今、子作りに男性が必要ない考える女性向けのビジネスが成長している。

  • 精子バンクで預かっている精子は、有名大学出身者のものばかり。
  • 精子バンクのホームページから、外見、性格の特徴、職業など、好みのドナーを自由に選べる。
  • 女性の同性愛者二人と男性の同性愛者二人に、それぞれの女性から生まれた子供が二人という家庭など。

やがて消えゆく男の定め。テクノロジーをどのように使っていくのか。或いは使わないという覚悟を決めるのか。

以上、NHK スペシャルから。

最後にはえらく大きな話になってしまった。

2009年1月19日 (月)

ポメラと暫しのお別れ

ポメラを修理センターに送ることにした。

実際、発表されている改善点については、自分の場合、それがなくても凄く困るということはないし、それより 2、3週間も預けなければならないのなら、そのままでもいいかとも考えた。

けれども、改善されるのならその方が嬉しいし、明記されていないものの、ほかに「細かな変更」があるということで、それも気になるし、やっぱりこの際、アップデートしてもらおうと。

ポメラは最近のデジタルカメラなどとは違って、ユーザー自身でファームウェアをアップデートできないみたい。これが出来れば、修理センターから戻ってくるまで我慢する必要もないのに。

そういえばポメラを使い始めて2ヶ月経った訳だが、ポメラには、乾電池駆動による安心感と、ノート PC のない (持ってない、持ち込めない) 場所でも使える安心感があるからいいと思う。

カングーの10・15モード燃費

輸入車はカタログなどに 10・15モード燃費の載ってないことも珍しくない。そして、カングーについても燃費は公表されていない。

しかし、どうやら 12.9km/l らしい。

これは広告に載っていた値だが、5速 MT と 4速 AT のどちらかは分からない。

別のところで 5速 MT は 12.9km/l で、4速 AT は 11.0km/l らしいという情報もあったけれど、真相は不明。

数字だけ見ると、余り燃費が良くない感じもするが、国産車のカタログに載っている 10・15モード燃費と違って、実際の燃費に割と近い値になっている感じはする。

2009年1月17日 (土)

午前対策

午前対策
昨夜、買ってきた本。

前回の失敗を踏まえ、また新制度にも備えて。買っただけで満足しそうだけれど。

それから、「応用」の試験も旧制度のソフトウェア開発や第一種と違って、分野が広範囲になって難しそうだ。

自分が今回、受けようとしてるのは「応用」じゃないけれど、合格すれば 2年間、高度試験の受験科目一部免除になるみたいなんで、秋にこっちを受験するのも有りかも。

2009年1月15日 (木)

女と男 何が違う? なぜ違う?

惹かれあう二人、すれ違う二人 に続いて NHK スペシャルの第2回。

女と男が掛かる病気に大きな違いはないというのは思いこみに過ぎない。

  • 深刻な狭心症は心臓表面の冠動脈で起きるが、これは男性に限った話。
  • 女性の狭心症の場合、筋肉の中の微少血管で起きる。女性ホルモン (エストロゲン) の現象で血管の収縮が起きたとき、女性は狭心症の危険に晒される。
  • 同じ量の薬を飲んでも女性に強く不整脈の症状が出る場合がある。
  • 骨粗鬆症による骨折は女性が男性の4倍近い。
  • 過敏性腸症候群は女性が男性のおよそ2倍。

男の子と女の子で脳の成長には二つの大きな差がある。

  • 一つは海馬 (記憶に関係)。小さい頃は男の子の方が大きいが、思春期、15歳ぐらいで逆転、女性の方が大きくなる。
  • もう一つは扁桃体 (外界からの刺激に対する、怖い、好きなどの感情を作り出す)。15歳ぐらいを過ぎると男の子で目立って大きく成長する。
  • 鬱病にかかる人は13歳を過ぎると女性の方が多くなる。
  • 55歳以降、アルツハイマー病の発症リスクは女性が男性の2倍。
  • 自閉症は男性が2.5倍。

男性と女性で得意なことは違う。

  • 空間認知力テストは日本でも欧米でも男性の方が女性より成績が良い。
  • 言葉に関するテストでは女性の方が良くなる。

女性が地図を読めないと言われるのは指示のやり方に理由がある。

  • 距離と方角による指示は男性の方が得意。
  • 女性は目印を活用するのが得意。

同じ知能テストで同じ成績を取った男女でも、使っている脳の場所が全く違う。女と男は違った脳のネットワークを使いながら同じ知性を獲得している。

アメリカでは今、男女に違う教え方を試みる公立学校が増えている。

  • 男の子は長時間じっとしているのが苦手な子が多いため、自由な体勢で読ませた方が集中が続く。先生の教え方もボスは誰なのかわかるように振る舞うことを意識している。敢えて命令口調で競わせ、やる気を高める。
  • 女の子は男の子のように上下関係をはっきりさせることを好まない。特に大切にしているのがペアを組んで作業をさせること。

女と男の違いに注目する動きは企業の間にも広まりつつある。

  • 男性は一つのことに集中し、それを解決するための優先順位を付けようとする。
  • 女性は複数のことを同時にこなしながら、決断していく。
  • 顧客が男性の場合、なるべく地位の高い人を出席させ、提供できる最高のプランをずばり提案するのが良い。
  • 顧客が女性の場合、結論に至るプロセスを大切にするから、地位の高い人よりも実際の担当者を可能な限り多く参加させるのが良く、たった一つの答えをずばり言うのは避けなければならない。

以上、NHK スペシャルから。

8年前に読んだ「話を聞かない男、地図が読めない女」を思い出すような内容もあった。

ところで、ペアプログラミングは女性同士が向いているということなんだろうか。

2009年1月14日 (水)

惹かれあう二人、すれ違う二人

恋する男は視覚を活発に働かせている。

  • 女性が健康な赤ちゃんを産んでくれるかを確かめるため。
  • 男性は女性の腰のくびれを見ている。
  • 男性にとって理想の女性はウエストとヒップの関係が7対10。

恋する女は記憶が活発になる。

  • 相手が約束したことを果たしてくれたかで、相手がいい父親になってくれるかを確かめる。

恋は18ヶ月から3年しかもたない。

  • 子供が3歳ぐらいになれば両親が付きっきりにならなくても良くなるから。

夫婦がすれ違いになる最大の理由は会話のパターンにある。

  • 15分の会話を分析するだけで、その夫婦が4年以内に離婚するか85%の確率で予測できるという。
  • 会話を一方的に打ち切る85%は男性。男性は心拍数が早く上がり、落ち着くのに時間が掛かる。理性的な対応が出来なくなる中、衝突を避けるため、本能的に会話を打ち切る。

男女関係の障害となる二つ。

  • 一つは、男性が女性の気持ちを読み違えて余計なことをしてしまうこと。男性は女性より脳を2倍使っても、気持ちや感情を読み取れない。
  • もう一つは、会話に対する男と女の違い。女性は相手の感情を知ったり自分の感情を伝える会話をしてきた。男性は刻々と変わる状況にどう対応するかといった問題解決型の会話だった。

男と女のすれ違いを乗り越えるためには、男性が上手に会話を続けることが鍵。

  • 女性に受け入れられる最大の秘訣は質問をすること。
  • 質問をすれば、相手は関心を持ってもらえていると感じ、心を開く。

「あなたの夢は?」
「成し遂げたいことは?」

以上、NHK スペシャルから。

女性の気持ちを聞いていたはずなのが、いつの間にか、共感を示すよりも前に解決策を示そうとしてしまうのは、自分もついうっかりやってしまう過ちだ。

2009年1月13日 (火)

便利すぎる電力線通信

連休だったし、注文した PC が思ったより早く届いたこともあり、帰省してきた。

新しい PC は液晶モニタ一体型のデスクトップで、思った以上に場所を取らないので、PC の置く部屋を変えることにしたのだけれど、そこで問題になるのが LAN の配線。

有線は安くて確実だけれど邪魔。無線にすれば邪魔じゃないけれど、設定が面倒。

それで、有線にするか無線にするか決断できないまま電器店に行ったら、HD-PLC アダプタを売ってた。

そうだ。電力線という手があったのだ。

HD-PLC というのは、LAN ケーブルの代わりに家庭の 100V の電源コンセントを使ってしまおうという、いわゆる電力線 LAN の技術のこと。

そのアダプタが 1万円強で売ってたんで、結局、これを買ってきたのだけれど、親機と子機をコンセントに繋ぐだけで、何も設定することなくあっさり使えてしまった。しかも少なくとも 10Mbps 以上は出てる感じだから通信速度も十分。

こんなに手軽で便利なものだったとは驚いた。

特に一戸建てに住んでるのならお薦めである。

2009年1月10日 (土)

帰省したばかりだけれど

連休なので、合奏に出た後、そのまま帰省しようかと。


-----------------
sent from W-ZERO3

2009年1月 5日 (月)

世界名作劇場「ポルフィの長い旅」

さっき、BIGLOBE ストリームでやってた「ポルフィの長い旅」を最終話まで見終わった。

世界名作劇場といえば、子供の頃、「家族ロビンソン漂流記 ふしぎな島のフローネ」や「アルプス物語 わたしのアンネット」を見ていた記憶が微かにあるが (25年以上前…)、それ以来だ。

やはり見始めたのは MOKA☆さんの BGM が目当てだったけれど、その爽やかな音楽に乗って描かれる少年の冒険物語がまた良くて、ついうっかり引き込まれてしまった。

一年に亘る長編アニメーションだったこともあってか、音楽も多く楽しめて良かった。

それから、MOKA☆さんの最新のオリジナルミニアルバムにも「ポルフィの長い旅」から 子守歌に歌詞を付けた1曲が収録されているのだけれど、これもまた良くて、アニメーションとは違った意味でドキッとする。

尚、BIGLOBE ストリーミングでは 1月13日(火) 10時まで全話無料配信中とのこと。

# 小西さんへ追伸。すみません。感想、まだ書けてません…。

2009年1月 4日 (日)

己丑

年末年始、帰省してやったことなど、あれこれ。

恒例の地元での忘年会

気付いてみれば年末の帰省で大きな楽しみの一つになっている某忘年会。自分はここでつい調子に乗ってしまうので、今回は一応、程々に…。

姪っ子

前に会ったときは人見知りするようになってしまってちょっと寂しかったが、今回は会うや否や懐いてきた。会話にはならないが、言葉を大分覚えて、一から十まで数も数えられるようになってた。

胡瓜と蜜柑が大好物。台所から蜜柑を見つけてきては、「皮を剥け」と言わんばかりにせがんでくるのもまたかわいい。

おみくじ

また今年も引いてしまった。しかもまた二つ。

しかし、なんか今年もぱっとしない。

「半吉」だったあるおみくじ

正しくよい心をもちながら
万事意に任せないが
神仏を信じ
身を慎み時節を待てば
今を底とし
やがて幸せが与えられる

「吉」だったあるおみくじ

時が来れば思うまゝになります
鏡のかげにしたがう様に
心正しく行いをすなおにしないと
家の内に不和が起って災が生れます
特に男女の間をつつしめ

どちらも「受験」「学問」は「努力があればよし」とのこと。いい加減、そろそろ合格したいのだけれど、やっぱり必要なのは神頼みより努力か…。

そのほか、色々ぎくっとすることが書いてあったが、ここでは割愛。何れにせよ、今年もとにかく辛抱が大事とのことみたい。何事も。

「半吉」の意味を知らなかったが、裏には英語で NOT-SO-GOOD FORTUNE と書いてあった。吉よりも悪いみたい。

懸案だった生家の部屋の片付け

いつかやろうと思ったまま、ずっと手を着けてなかった。今回、部屋の奥にしまい込んでたものを引っ張り出すついでに、いらないものをごっそり捨てることにした。年明け早々、大掃除。

家を出て何年も経ってから、改めて部屋を探ってみると、何でこんなものをずっと取っといたんだろうと思うものが色々でてくる。

片付けてると、一番奥から幼稚園で買った懐かしい絵本が 24冊出てきたので、姪っ子にあげることに。

しかし、まだまだ片付かない…。

懸案だった両親の使う PC の購入

確か10年近く前に購入した Windows 98 Second Edition プレインストールの PC を使い続けてたんで、そんなに高い方の機種ではないが、うちの会社の斡旋する PC を両親に購入することにした。

OS が古いのもそうだし、重くなるデジタルカメラの画像の処理なども辛いし。

PC が届いた後 (今月下旬以降?)、セットアップのために、多分、また帰省する。

ただ、画像や文書などのデータの保存先を全て MO にさせてたんで、データの移行の手間は殆ど掛からないはず。

結局、全道程を一般道で

渋滞を避け、岡崎から静岡を若干の休憩を挟みながら、東名高速を使わずに約 4.5時間。

只今、静岡に到着。

渋滞も深夜には解消するだろうという目論見は大外れ。高速道路は夜通し大渋滞だったようだ。

思い返してみれば、年末年始に自動車で帰省したのはここ数年なかった。去年は代車生活だったため新幹線で帰省、一昨年は入院生活で帰省していない。

今回、帰省してからを振り返ってみても、自動車がないと困るようなことはなかったし、こんなに渋滞するのなら新幹線で帰省した方が良かったかも知れない。


-----------------
sent from W-ZERO3

潮見坂の海岸

結局、国道1号線で静岡県入りすることに。

只今、道の駅「潮見坂」。

「歩いて海岸まで行けます」という案内に沿って海の方に行ってみた。

船も見えないどこまでも暗黒の広がる海は恐怖以外の何物でもない。

浜松に住んでた頃、真夜中に中田島砂丘に行ったときもそうだった。


-----------------
sent from W-ZERO3

U-turn 2009

只今、帰省先の岡崎を出発。

しかし、豊川 IC - 浜松西 IC が 14km + 3km + 1km + 4km の渋滞。

牧之原 SA - 焼津 IC が 11km + 1km の渋滞。

本坂トンネル経由にするか、迷う。


-----------------
sent from W-ZERO3

2009年1月 1日 (木)

姪っ子は写真家志望

姪っ子は写真家志望

私の MZ-M を取り上げて。

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

Social connection

  • Check

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

これも見とるよ

その他

無料ブログはココログ