« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月の17件の記事

2009年2月28日 (土)

高速1,000円乗り放題は

日本経済新聞 (2009年2月28日朝刊) によると、高速道路の通行料金引き下げの実現は早ければ 3月中に実現する見通しとのこと。

この引き下げは平日全時間帯で全車種 3割引。また、土日祝日の乗用車に限り 1,000円で原則1回、乗り放題になる。

例えば静岡-浜松は乗用車の通常の通行料金が 1,900円。通勤割引や期間限定の休日昼間割引、深夜割引で5割引になることを考えると、 静岡-浜松より遠い距離を移動するときに安くなる計算。

原則1回だとしても、往路はこれらの割引を利用して半額に抑え、復路はこれらの割引の対象時間外 (20時から24時) に通行して 1,000円に抑えるということも出来そうだ。

しかしこれが実施されると、連休の高速道路がまた混雑しそうだなぁ。ガソリン価格が高騰したときはがらがらだったけれど。

2009年2月26日 (木)

しなの、あずさ

初めて、特急「(ワイドビュー)しなの」に乗って。

そば (かもすい) を食べて。

初めて、特急「スーパーあずさ」に乗って。

「しなの」も「あずさ」も検札がなかった。それが普通?

2009年2月24日 (火)

課題曲といったら

自分がコンクール本番で演奏した課題曲。

  • カーニバルのマーチ (杉本幸一 / 小長谷宗一)
  • 風と炎の踊り (小長谷宗一)
  • 饗応夫人 太宰治作「饗応夫人」のための音楽 (田村文生)
  • アップル・マーチ (野村正憲)
  • 交響的譚詩 - 吹奏楽のための (露木正登)

5曲か。何れもなかなか印象深くて…。

2009年2月23日 (月)

神戸牛の

ふりかけ。

せっかく神戸に来たのだから何か一つと思って買ってきたもの。

味は意外とあっさり。でもうまい。

PA コンビニ開店

PA コンビニ開店
3月、遠州豊田 (上下) など静岡県内の PA にコンビニ開店とのこと。

これは有り難い。今は夜、自販機しかないんで。

牧之原 SA (上) にて。

2009年2月19日 (木)

N700 と 500、再び

静岡。1年半ぶりに乗った N700系新幹線。しかも数少ない「ひかり」号。

新神戸。500系「のぞみ」は確か 3年ぶり、2度目。やはり、美しい。

最初で最後になるかも知れないと思い、500系のグリーン車に乗ってしまう。

使用期限の迫るポイントを使ったから、グリーン料金の負担は無し。

これを撮影した後、「サンデーモーニング」でお馴染み、有名ジャーナリストとそっくりな人が同じ車両に乗ってきてびっくり。御本人だったりして。

2009年2月18日 (水)

神戸名物

神戸名物
今日は「そばめし定食」でお昼御飯。

「そば」の意味を勘違いしてた…。

2009年2月17日 (火)

あやふやなものなど

あやふやなものや、再確認した方が良さそうなものなど…。

  • 桁落ち
  • ヒープ
  • SAML
  • フルアソシアティブ
  • セットアソシアティブ
  • メモリインタリーブ
  • バススヌープ
  • ホットスペアディスク
  • NAS
  • SAN
  • 性能評価指標
  • Dhrystone/MIPS
  • Linpack
  • SPECint
  • TPC-C
  • システムの性能向上策
  • ページ置き換えアルゴリズム
  • FIFO
  • SPT 方式
  • ターンアラウンドタイム
  • 処理待ち時間
  • OS による時間監視
  • メールボックス
  • ウォッチドッグタイマ
  • フールプルーフ
  • ビューの SELECT 権限
  • カーソル
  • ロールバック
  • デッドロック
  • ダイス
  • フレームリレー
  • BGP-4
  • RSVP
  • IPsec
  • バイオメトリクス認証
  • CRL
  • コンティンジェンシープラン
  • ISMS
  • Common Criteria
  • コンピュータフォレンジクス
  • ファイアウォール
  • シーケンス図
  • ステートチャート図
  • レビュー
  • 構造化チャート
  • 2段階エディット法
  • RAD
  • CMMI
  • SLCP-JCF2007
  • リポジトリ
  • 開発工数
  • アローダイアグラム
  • ITIL
  • 移行テスト
  • システム監査人の精神上の独立性
  • 内部統制
  • EA (エンタープライズアーキテクチャ)
  • コアコンピタンス
  • 顧客生涯価値
  • マクシミン原理
  • 計画生産量
  • 線形計画法
  • 在庫管理
  • ガントチャート
  • PTS 法
  • QC 曲線
  • パレート図
  • ROA
  • 先入先出法
  • 後入先出法
  • 固定資産除却損
  • ROE
  • 契約形態
  • 製造物責任法
  • 会社法
  • 電子計算機使用詐欺罪
  • ディジタルディバイド

ちょっと多いなぁ。

覚えなくていいものも含まれているかも知れないけれど。

静岡から松本まで往復するなら

静岡から松本まで鉄道で行くとしたら、普通は往復の切符を買うだろう。

でも実は、静岡から静岡行きの片道切符を買うのが賢そうだ。

静岡から乗車し、名古屋経由で松本へ。松本で途中下車し、新横浜経由で静岡へ。

これなら行きと帰りで違う路線の旅を楽しめる上、普通に往復するのと大して時間は変わらない。おまけに運賃のからくりでちょっと安上がり。

手順書

これまでにやったことのない仕事やシステムを引き受けることになったとき、前任者や経験者が側にいなくて困ることがある。そんなとき、よく「手順書があれば困らないのに」という声を聞く。

或いは逆に、自分の仕事をほかの人に出来るようになってもらいたいとき、「手順書が用意されていないから、これから作らなければいけない」といった話になったりする。

でもよく考えたら、自分は入社以来、手順書に沿ってやるような仕事なんて殆どやった覚えがない。それでも必要に迫られれば、何となく、完璧じゃないだろうけれど、業務が止まらない程度にはその仕事を出来るようになっていく。

自分はもう何となく気づいてしまった。往々にして手順書があることなんて期待できないってことを。仮に手順書があったとしても全ての手順が網羅されているわけじゃなく、肝心なときに使えるような内容になっていないってことを。そもそも手順書を書く余裕のある人自体がめったにいないってことも。

結局のところ手順書より、その仕事やシステムの原則、本質が何であるのかということを自分で早く見つける能力が重要になってくるのだ。それが見つかれば大抵の場合、その仕事で手順書に書かれていないような手順が必要になったときでさえも、勘を働かせてこなせてしまうような気がする。

2009年2月15日 (日)

電子辞書、修理のつもりが

6年近く愛用していた電子辞書が壊れてしまった。

電子辞書を買ったのは、その時、パリ旅行に当選してしまったから。初めての海外旅行。フランス語なんて全く分からなかったけれど、取り敢えずフランス語に対応したカシオのエクスワード XD-R7200 という当時の最新機種を買った。

この電子手帳が先週、蝶番のところでぽっきり折れてしまった。

カシオのウェブサイトには、強度面で不具合のあることが書いてあった。

それで、修理窓口に問い合わせてみると無償で対応してくれるとのことだったので、修理品を着払いで送ったところ、今となっては古い機種のためか、修理部品の都合など色々あったようで…。

結局、なんとびっくり。修理ではなく、XD-SW7200 という 2年前に発売された後継機種に交換してくれたのであった。

最新機種への交換とならなかったのが残念なところであるが、それでも 4年も経てば、電子辞書の機能もだいぶ変わってしまう。

  • 手書き認識パネルとタッチペンが付いた。
  • バックライトが付いた。
  • スピーカーとヘッドホン端子が付いて、音声が出るようになった。
  • USB や SD カードでソフトを追加できるようになった。
  • 外装が丈夫そうになった (厚みも重さもちょっと増したけれど)。
  • 収録されている辞書類が 9種類から 24種類に増えた。
  • 仏和辞典の付録としてマニュアルに記載されていた動詞活用表が電子辞書に組み込まれた。

中でも、ケンブリッジ英英和辞典や英語学習ソフトが新たに付いているのは良かった。

自分は英語がさっぱり駄目で、英英辞典なんて使ったこともなかったが、英英和辞典にはちょっとした日本語の手掛かりも付いてて取っ付きやすそうだ。

英語学習ソフトはディクテーションとか出来るようになってて、隙間時間に有効に使えそう。

ところで、この電子辞書の最大の特徴はフランス語にあるのだが…。6年前のパリ旅行以来、フランス語を調べる機会って全然ないんだよなぁ。勿体ない。

どうせフランス語を使わないのなら、英語や日本語のもっと充実した電子辞書だとか、音楽用語を調べるのに便利そうなイタリア語の入ったのとかを選べたら良かったかも。

2009年2月13日 (金)

ケチット譲って下さい

昨日、新横浜駅の歩道橋に放置されていた謎の物体には
「ケチット譲って下さい」
と書いてあった…。

2009年2月10日 (火)

Silenzio / Vuota

silenzio

静かに。黙れ。

silence.

vuota

空にする。

empty.

G.P.

全て休止。

General Pause.

G.P. は一般的だけれど。

2009年2月 4日 (水)

なんでそこまで

取り敢えず終わった。今日もへとへと。

自分だって、かなり無理して、必死で自分を奮い立たせてやってるんだけれどなぁ。

時々弱気になってしまうのは、自分がなんでそこまでせにゃあならんのか分からんくなるから。


-----------------
sent from W-ZERO3

2009年2月 2日 (月)

続けるコツ

今回の「会社の星」は「続けるコツ 教えます」だった。

さて、自分が続けているものってなんだろうと考えてみて思い浮かんだのは、帰宅後の「うがい」である。

大抵の人は普通にやってるんだろうと思いきや、実はそうでもないみたい。

自分の場合、幼稚園で「うちに帰ったらうがいをしましょう」と教えられてから、今でもずっと続いている習慣になっていて、うがいをしないと帰宅した気がしないぐらい。

後、ここ数ヶ月続けているのは、朝、目覚まし代わりにタイマーでラジオを流すこと。

せっかくハードディスク付きのラジオを持ってるんだから有効活用しようと思ったのと、このような方法で自分でも何か少しぐらい身に付けることが出来るだろうか実験してみようと思ったのが主な切っ掛け。

しかし、その成果が身に付いたという実感はまだ特になく…。

2009年2月 1日 (日)

USB フラッシュメモリの使い道

ちょっと訳あって、新品の USB フラッシュメモリ 2GB を貰ってしまった。

しかし、USB フラッシュメモリって持ってる人は多いけれど、自分には使い道を思い浮かばないんだよなぁ。

既に インテル® ターボ・メモリー があるから、Windows ReadyBoost にも使えないし…。

それに USB マスストレージのデバイスって (ほかのデバイスもだけれど)、繋げば繋いだ分だけデバイスドライバがインストールされちゃうから嫌なのよね。

以下、覚え書き。

Windows Vista (Windows XP、Windows 2000 もほぼ同様だと思う) で USB マスストレージのドライバを綺麗に削除する手順。

  1. USB インタフェースから削除しようとするデバイス以外の全てのデバイスを取り外す。削除しようとするデバイスは取り付けておく。
  2. デバイスマネージャを開き、[デバイス (種類別)] の表示にする。
  3. [ポータブル デバイス] から USB デバイスを削除する。
  4. [ディスク ドライブ] から  USB デバイスを削除する。
  5. [ユニバーサル シリアル バス コントローラ] から [USB 大容量記憶装置] を削除する。
  6. 削除しようとするデバイスをそのまま取り外す。

多分、[汎用ボリューム] は気にしなくていいと思う。

休日の ETC 深夜割引

2月になってしまった。

休日の ETC 深夜割引の割引率が 50% なのは今年の 1月まで。2月から割引率が元 (30%?) に戻ってしまうはずだったのだが…。

なんか 50% のまま、当面継続するみたい。終了日は未定とのこと。

只今、遠州豊田パーキングエリア。


-----------------
sent from W-ZERO3

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

Social connection

  • Check

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

これも見とるよ

その他

無料ブログはココログ