« Hg-Git プラグインを使ってみた | トップページ | rebase してもらった twicli の修正のその後に悩む »

2010年8月 8日 (日)

今度は Hg-Git から Git-Hub に push

今度は Hg-Git Mercurial PluginGitHub に push しようと考えた。

HTTP や HTTPS で簡単に push できる Mercurial と違い、Git の場合は基本、SSH での push になる。

しかし、自分はいつも Windows を使っており、UNIX 環境を利用することが殆どないため、SSH を使えるようにするところから始めなくてはならない。

OpenSSH 使うために Cygwin をセットアップするのも面倒だなと思い、msysGit 付属の OpenSSH を使った。

つまり Windows 用の Git をインストールしたというわけ。

msysgit を使った SSH の鍵の設定方法などは以下を参考に。

OpenSSH 互換の copssh も試してみたけれど、これは SSH サービス用に Windows のアカウントを作成する必要があったりして、使い勝手が余り良くなかった。

TortoiseHg に付いている TortoisePlink とか Pageant とかも使えるのかも知れないけれど、やり方が分からなかった。

それから、Mercurial の MQ エクステンションでパッチの管理領域を作ったリポジトリに対して Hg-Git を使うと、Mercurial がクラッシュしてしまうみたいなので併用は避けた方が良さそう。

もし MQ と Hg-Git を併用したい場合は、Hg-Git を使うリポジトリと MQ を使うリポジトリを別にして、双方で push/pull した方が良さそう。併用の必要性なんてそうなさそうだけれど。

« Hg-Git プラグインを使ってみた | トップページ | rebase してもらった twicli の修正のその後に悩む »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

プログラミング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78033/49097271

この記事へのトラックバック一覧です: 今度は Hg-Git から Git-Hub に push:

« Hg-Git プラグインを使ってみた | トップページ | rebase してもらった twicli の修正のその後に悩む »

Social connection

  • Check

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

これも見とるよ

その他

無料ブログはココログ