« TortoiseHg で差分表示に Vim を使う | トップページ | 旧式のカラリオミーとアドエスで SDHC カードを使う »

2011年4月14日 (木)

PowerShell で Mercurial の作業領域を削除する

Windows Server 2008 R2 って目立つところに Windows PowerShell のアイコンがありますね。

これからの Windows は CUI の標準シェルが「コマンドプロンプト」 (cmd.exe) から PowerShell に置き換わってしまうんでしょうか。

そんなことを思いつつ、何も知らないまま PowerShell を弄ってみたけれど、これはこれで面白そう。

ということで Mercurial SCM の作業領域を削除し、リポジトリと Mercurial 関連ファイルだけ残す1行スクリプトを PowerShell で作ってみました。

Get-ChildItem|Where-Object{$_.Name -notmatch '^\.hg'}|Remove-Item -Recurse

コマンドプロンプトから実行する場合はこんな感じ。

Gist は PowerShell のシンタックスハイライトできなくて、逆に SyntaxHighlighter は Windows コマンドスクリプトのシンタックスハイライトに対応してないのね。

Windows PowerShell、エイリアスが最初から充実してるからコマンドプロンプトと似た感じで使えるし、コマンドプロンプトと違って実行時パスも見てファイル名補完してくれたりするのも嬉しいところです。

« TortoiseHg で差分表示に Vim を使う | トップページ | 旧式のカラリオミーとアドエスで SDHC カードを使う »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

プログラミング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78033/51388900

この記事へのトラックバック一覧です: PowerShell で Mercurial の作業領域を削除する:

« TortoiseHg で差分表示に Vim を使う | トップページ | 旧式のカラリオミーとアドエスで SDHC カードを使う »

Social connection

  • Check

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

これも見とるよ

その他

無料ブログはココログ