« 2012年4月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月の2件の記事

2012年7月23日 (月)

友人に対しては自分の意見を言えるのに、なんで自分自身には同じことを出来ないんだろう

ある友人の悩みを聞いていました。悩みの相談に乗ってくれと言われたわけではなかったのですが、話の流れでそうなって。

話を聞いていて、自分の感じたことを意見しました。

色々言ったけれど、大雑把には以下のようなことを言ったと思います。

  • 友人は周りへの影響が気になって、色んなことを我慢しすぎているのではないのか。
  • もっと自分の感じていることをみんなに言ってもいいのではないか。
  • 実は周りへの影響を考えているだけでなく、周りから自分がどう見られるかを気にしすぎているのではないか。

こうして友人に対して意見をしているうちに、友人が自分に見えてきました。これは友人に自分を投影しているのではないかと。

自分を投影した友人に対して言った意見が、その友人に対して本当に当てはまることなのか、よく分からなくなってきました。そういう意味で友人にとっては有り難迷惑なことを言ってしまったかも知れません。

思わぬことを気付かせてくれた友人に感謝しなければ。

2012年7月21日 (土)

ダンプする、本を読む、社内の繋がりを広げる

仕事で悩んでいることを (勿論、業務上、差し支えない範囲で) ツイートしてたら、社内のある人 (直属じゃない幹部社員) の目に留まり、それから度々悩みを聞いてもらったり助言を頂いたりしました。

自分が見えなくなってどうしたらいいか分からなくなったら次のことをするといいと言われました。

  • 思っていることを全部書き出す (ダンプする)。
    • 書くのは何でもいい。とにかく感じたことを全部書き出す。
    • 書いたものを振り返って、並べ替えたり書き足したりしながら思考を整理する。
  • 本をひたすら読む。
    • 何でもいいから (技術書ではなく) ビジネス書を読みなさい。
      • 切り口は色々だけれど、沢山読んでいくと大体どれも同じようなことが書かれていることに気付くはず。
    • 名著と言われているものを読みなさい。
      • 何か理由があるから多くの人に支持されて名著になっている。
    • 本を読めば語彙が増える。
      • 語彙が増えればダンプできるようになる。
      • 語彙が増えれば自分の意見を論理的に人に説明できるようになる。
    • 何をしたらいいか分からなくなっているときは結構本を読めたりする。

本当はもっと色々と助言いただいているのですが、ここでは割愛。

会社の人と社外で繋がりを持つことに抵抗を感じる人も多いと思いますが、やはり社内のネットワークを社内外で張り巡らしておくことは大事だと思う今日この頃です。

何より、自分のことを見てくれている人がいると実感できるだけで、気持ちが楽になります。

確かに私は語彙が少ないですね。こうしてブログに書いてみても明らか。

とにかく今はがんばって本を沢山読んでみようと思っています。

名著と言われるものがもっと電子書籍化されているといいんだけれどなぁ。

« 2012年4月 | トップページ | 2012年8月 »

Social connection

  • Check

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

これも見とるよ

その他

無料ブログはココログ