カテゴリー「吹奏楽」の73件の記事

2009年8月 3日 (月)

楽器積載の図

カングーにコンサートバスドラムを積載した図。

さすがにスタンドからバスドラム本体を外さないと載らないけれど。

新車の独特の臭いがしなくなった頃からバスドラムや、その他の大型楽器を載せる機会が増えた。

2009年7月12日 (日)

メトロノーム 20歳

今も使っているヤマハのこの電子メトロノーム。ME-400B という機種だが、実はもう 20歳を過ぎてしまっていることに気付いた。

当時、親に買ってもらったもので、確か 1万円ぐらいしたと思う。歪んだプラスチックの外装が 20年の歳月を表している。

そして、最近うちの吹奏楽団に入ってきた人達の中には、このメトロノームより若い人がいるってことにも気付いてしまったのであった。

2009年6月14日 (日)

練習後のたまの楽しみ

何故かここの店には、我々の専用の箸なんかがあったり…

箸入れジョッキも専用になった!!

2009年6月 9日 (火)

爽やかに更新してみた、つもり

吹奏楽団のウェブサイトをがんばって更新してみた。大学の方じゃないよ

演奏会情報のページは皆さんの協力のお陰で、いつになく爽やかな (?) 感じになったと思うけれど、どうかなぁ。

そのほか、手付かずだった団の紹介のページを普通の HTML に直したり、画像を入れ替えたり。

今度、FM Haro! で、うちのバンドのことを放送するらしい。でも私はエリア外…

2009年4月24日 (金)

なゆた・浜北 8周年祭

2009年4月26日(日) に。

2009年4月23日 (木)

祝祭変奏曲を聴いて

スプリングコンサートのビデオの校正中。

ピッコロ、バスーン、トランペットと重なるユーフォニアム・ソロは残響に悲しいくらい掻き消されてしまってたり。

ただ、それ以上に残響に助けられている訳だけれど。

演奏時間は 11分ぐらい。十分に速いと思ってたけれど、O 音楽団の録音は 9分45秒で、改めて聞き比べたらもっとずっと速かった…

2009年4月 5日 (日)

楽器の初めての大掃除

ユーフォニアムの内部の大掃除をした。

ここまで掃除したのは楽器を新調して以来、初めてだったり。

昨日、楽器を吹いたとき、バルブの中が余りにもあれだったもんで。

2009年3月23日 (月)

平成21年3月の3連休

23日の2時過ぎに帰ってきた。

1日目。久々にのんびりした休日。

  • 19インチワイドの液晶ディスプレイを買ってみた。三菱電機の RDT191WLM ってやつ。決め手は手頃な価格と大きさ、sRGB 対応、ノングレア。

2日目。

  • 右側の通行帯から追い越そうとした普通車に右のドアミラーをぶつけられたが、無傷だった。そういえば先々週は左のドアミラーを地下駐車場の柱にぶつけてしまった (自損) が、このときも無傷だった。さすが、ぶつけられるのが前提 (?) のフランス車。丈夫に出来てる。
  • ゴールデンウィークでも盆でも年末年始でもないのに、掛川付近の東名高速道路で渋滞にはまる。通行料金の上限が 1,000円になる来週からはどうなってしまうんだろう…。

3日目。

  • 酔っぱらって日付の変わった深夜2時からアンサンブル (?) の練習を始める。学生みたいだ。
  • 介護老人保健施設の訪問演奏。
  • 団内アンサンブル大会。冒頭のファンファーレ以外では初めての演奏参加。楽しんでもらえたというか楽しめたというか。しかしバリテューバ四重奏をやれなかったことは悔やまれるなぁ。
  • 婚約報告を受ける。大変、めでたい。しかし特にここ1年ぐらい、こういった話題が多い。人それぞれだから焦りはない。嘘。

あー、楽しかった。でも、疲れた。

で、睡魔に屈して 9時間かけ、2時過ぎに帰宅…。

2009年3月15日 (日)

第52回定期演奏会

今回も聴きに行ってきた。

本当、年々、立派になっていくなぁ。

自分達が演奏してたときは、客席からどんな風に聞こえてたんだろう。あんな立派じゃなかったろう。

ロビーの展示も年々、凝ってきている。自分達の時は祝電を掲示してたぐらいじゃなかったっけ。

時間の都合で挨拶は失礼してしまったけれど、先生の元気そうなお姿を拝見できて良かった。

安城は刈谷と違って渋滞が少なそうだからいいかもね。新幹線で来るときも便利そう。

2009年3月 9日 (月)

スプリングコンサート 2009

昨日はスプリングコンサート。

来場して下さった皆様、有り難うございました。団員の皆様、お疲れ様でした。

今回もまた、有り難いことに 3曲もソロがあり…。

本番が始まったら緊張してしまって、正直、細かいことは忘れてしまったが、今回の演奏会はまたいつになく貴重な経験になった気がする。

フェスティバル・ヴァリエーションズ (T. スミス)

ソロは速いテンポの細かいフレーズ有り、ルバートも有り。どちらも難しい…。

本番に練習以上の成果を出すことが非常に難しいとするならば、あれがいっぱいいっぱいだったような…。

オーケストラのためのディベルティメント (L. バーンスタイン)

ちょっと調べたところ、どうやらブルースのソロは原曲もユーフォニアムみたい (多分)。オーケストラでユーフォニアムのソロがあること自体、珍しいのに…。

最後に客演指揮の堺武弥先生に
「本番のソロが一番良かったよ。」
と言って頂けただけでもう十分…。

後、ミュートも買っちゃったしね。次に使うのはいつになることやら…。

ど宴会エキスぷれす (杉浦邦弘 編曲)

まつのき小唄のソロ。ちょっと雑にやりすぎたかなぁ。譜面は 3曲の中で最も簡単だったけれど、ある意味、このソロの演奏が一番難しかったような。

場数の少なさがこういうところにも出てしまうんだな…。

堺武弥先生の合奏指導がまた素晴らしくて、楽しくて分かり易くて、貴重な経験になった。すっかりその気にさせられたというか。

プロの奏者から合奏の指導を受けることは時々あるけれど、指揮者からの指導を受ける機会なんてめったにないような気がする。

それにしても、演奏後と演奏中の計2回、立つべきところで立ちそびれたのは失敗だった…。

より以前の記事一覧

Social connection

  • Check

最近のトラックバック

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

これも見とるよ

その他

無料ブログはココログ