カテゴリー「パソコン・インターネット」の112件の記事

2020年8月18日 (火)

WFH

さて8ヶ月ぶりの投稿。

仕事の都合で昨年3月に横浜から地元、愛知に転居したのもつかの間、すぐに都内の仕事になり 1年のホテル暮らし。今後の仕事は関東圏ばかりだろうからということになり今年 4月にまた横浜に引っ越すも、テレワーク前提ということで殆ど事務所に出勤することなく夏期休暇も終わった。2度の転居はなんだったのかと思うけれど、それでも少しの間、親兄弟の近くで過ごすことが出来たのは良かった。

閑話休題。今後も転居はあるだろうから物を増やさないようにしたいと思っていたけれど、会社の方針転換もあり在宅で仕事する日が珍しくなくなりそうなので、仕事環境改善のために投資することにした。

ここ1ヶ月余りの間で揃えたもの。

  • 27" 4K ディスプレイ
  • ディスプレイアーム
  • ノート PC 冷却台
  • トラックボール (2種)
  • 会議用スピーカー

27" 4K ディスプレイ

  • Dellデジタル ハイエンド シリーズ27インチ4K PremierColorモニター:UP2720Q | Dell 日本

    GeChic 1101P (GeChic(モバイル / 小型 / マルチタッチ / デュアルモニター) On-Lap 1101 シリーズ|テックウインド株式会社) を使っていたが、Full HD 程度では狭いのとそれを 11.6 インチでというのも小さくて辛いので新しくディスプレイを買おうと思った。

    条件は 4K 程度の解像度。あとはタッチパネル付きにするか、比較的大型のものにするか。タッチパネルは、仕事の PC にタッチパネルがないことから欲しいと思った。大型の物は単純に見易いだろから。

    で、後者にして Dell の 27インチのディスプレイ UP2720Q に決めた。

    選んだ理由は Adobe RGB に対応した広色域のを使ってみたかったのと、ディスプレイ単体でカラーキャリブレーションできるというのが興味深かったから。こうした特徴は今の仕事とは全然関係ないけれど。

    あと、今時のディスプレイらしく USB-C (Thunderbolt 3) のケーブル 1本で接続できるのも便利だろうと。ただ、これも仕事で使う PC にはインターフェースがないから関係ない。

    今時のディスプレイなら HDR に対応したのとかも良かったかと思うが、今はそれを活かすコンテンツを見る機会もそうないので、また欲しくなったらということで。

    事務所では 27 インチの iMac を使っていたというのもあるけれど、マルチモニターの環境が良いというより、ディスプレイが一つでも広いデスクトップがある方が快適な環境を得られる。その環境を自宅でも作ることができて満足。

    ビデオチャットで画面共有をするときは、広い画面を共有すると転送に時間がかかったり相手が広いディスプレイを持っていないとうまく見せられなかったりするので、ノート PC の Full HD のデスクトップを画面共有するようにしている。

    WFH 用途には非常に高額な買い物だったが、大きなディスプレイは満足しなくなって使わなくなっても処分することが難しい。安物買って後悔するよりは高くても末永く使えそうな良い物にしてしまおうということで。

ディスプレイアーム

ノート PC 冷却台

  • ノートPC用クーラー(静音・強冷タイプ) - SX-CL21BK

    これは 2,500円ぐらいで売ってたので気休め程度に買ってみた。

    普通、ノート PC は排熱も含めて設計されているはずだから冷却用のアクセサリーなんて要らないと思っていたけれど、それでも買おうと思ったのは、特にビデオチャットを併用するときなど、ノート PC の性能に余り余裕がなく PC のファンが高回転で回り続けることが多いため。こういうのを使って少しでも改善できるのなら安いかなと。

    まだ買ったばかりで使用感を語れるほどではないけれど、冷却効果が仮に期待外れだったとしても、ノート PC のキーボードをいい感じに傾斜するための台として使えればそれでも良い。

    外付けのキーボードを買っている人も多いけれど、自分が (今のところ) 新たに買わないのはモバイルコンピューティングするときに外付けのキーボードを持ち歩きたくないと、初めてノート PC を買って以来ずっと考えてきたから。せっかく場所に縛られないノート PC の特徴を活かすためにも、よっぽどひどいものでなければノート PC のキーボードに慣れた方が良いと思う。実際は仕事用の PC だと気軽に持ち運ぶわけにはいかないけれど。

トラックボール (2種)

  • Logicool MX ERGO Wireless Trackball

    キーボード同様、ポインティングデバイスも出来ることならノート PC に搭載されているものを使いたい。しかしディスプレイが広くなったことで小さなタッチパッドでは不便に感じるようになってきた。

    そもそも自分がノート PC を使い始めた頃、Windows 3.1 の世代だけれど内蔵されていたのは親指トラックボール (サムボール) だった。後にタッチパッドやスティック型のデバイスが一般的になるも、Windows 95 の時代に Let' note を選んだのはそれがトラックボールを採用していたからだ。

    そういえば以前、職場でデスクトップ PC を使っていたとき、ポインティングデバイスは Microsoft Trackball Optical (Wayback Machine) を使っていたことを思い出し、久々に越しの荷物の中から出してみた。しかし、ボールの滑りは悪くなっているし、何よりホイールのウレタン素材特有の劣化がありベタベタする。さすがに 18年ぐらい? 前の製品だし無理もない。

    そこで今回、新しいトラックボールを買うことにした次第。定評がありそうで Bluetooth に対応した MX ERGO にした。

    ただ、トラックボールはそれ自体を動かすわけではないのでワイヤレスである必要性はあまりない (寧ろワイヤードの方が電源のことを考えずに済む) と思うが、選択肢はほぼワイヤレスしかない。

  • Bluetooth(R)モバイルトラックボール(親指操作タイプ) - M-MT1BRSBK

    MX ERGO を買ったはいいけれど、持ち歩くときはちょっと嵩張るということで、モバイル用も買ってしまった。形は小さいけれど、操作感は意外と悪くない感じ。専用のセミハードケースが付いているのも良い。コストパフォーマンスを考えればこれは買いだと思う。

    ただ支援ソフトウェアの エレコム マウスアシスタント - ELECOM が惜しい。ポインタ速度の設定が Windows の設定とそのまま連動しているため、エレコムのトラックボールに合わせて設定するとノート PC 内蔵のタッチパッドで操作するときポインタの速度が非常に遅くなってしまう。他のデバイスと併用することは全く考えられいない。

    これが Logicool Options (Logicool Optionsをダウンロードし、作業生産性を高めましょう) だと Windows で設定したポインタ速度に対し、相対的にポインタ速度を設定することが出来る。このため、ロジクールのデバイスでも他のデバイスでもそれぞれに適したポインタ速度に設定できる。

会議用スピーカー

  • eMeet|壹秘科技-AI让会议更智能

    上に挙げたレビュー動画を見て購入を決めた。

    ビデオ会議も相手のことを考えたら有線のヘッドセットに勝る物はないと思ってたけれど、長時間使っているとやっぱり疲れる。でもこのマイクはノイズキャンセリングの効きが素晴らしく、スピーカーも相手の声がとても聴き取りやすい。会議室用のスピーカーは多人数で使ったときに相手に聞こえにくかったりすることがよくあるけれど、自分一人で使うのなら十分実用的だと思った。

続きを読む "WFH" »

2019年12月31日 (火)

2019年をふりかえる

今年、最初で最後の投稿だ。

異動と移動

なんといってもこの一年で大きかったのはこれ。

2018年秋から始まった仕事の関係で3月に横浜から岡崎に引っ越し。地元に帰れる嬉しさ半分、またすぐ引っ越すのかなと言う不安も半分。そして7月末から別の仕事に移ることになり東京通いが始まり、2019年が終わった。

地元なので両親達ともすぐ会えて安心。ただ親からすれば都会に出る理由がなくなったのが少し残念かもしれない。浜松の吹奏楽の合奏にも参加しやすくなった。

仕事以外も含めてこの一年の行動範囲は東は千葉県から西は愛知県まで。昨年と比べてだいぶ狭くなった。写真もあまり撮れなかったな...

スクラム

フレームワークとしてそこそこ分かり易いからというのもあると思うが、周囲での「スクラム」の流行をすごく感じた一年だった。中には表面的に言葉だけ借用していたり、言葉やその印象に惑わされているのではないかと感じることも多かったが、知らず識らず自分もその罠にはまっていたかもしれない。この流れはまだ暫く落ち着くこともなさそうなので自戒せねば。

あなたの話はなぜ「通じない」のか

(自分の考える) 正論を真っ正面から主張しても相手の警戒が強くなるだけで全く伝わらないということを何度も身を以て体験した。押して駄目なら時には引いてみることも必要らしい。

お互い歩み寄っていった方がいいといったことを言われることも多かった。私が空気を読まず、或いは敢えて読まずにいろいろものを言うことが多いからだろう。ただ折り合いの付け方がまだよく分からず、時として自分を騙して相手に合わせているような気持ちになって何かもぞもぞする。

日誌

社内で日誌を公開するようになった。基本的には自分のために書いているのだが、ほかの人からコメントをもらって、自分の進んでいる方向は正しそうなのか危なそうなのか確認できるのが良い。報告書ではないから気楽だし、それを踏まえて上司も読んでもらえるのも有り難い。

日誌には出来事だけでなく、そのとき自分の考えたことも含めるのが良いと思う。

手に入れたもの、手放したもの

久々に PC を買った。HDD の遅さに耐えられなくなった Mac mini Late 2012 の買い換え。

Macbook Pro 16" にした。性能と価格と大きさのバランスの良さに惹かれた。6コア CPU の下位モデルだが、それでも自分の使い方なら十分そうだ (ストレージは 2TB SSD にカスタマイズしたが)。

ノート PC でこんな大きなのを買うのは PC-9821Ne 以来。Macbook Pro が 16インチといっても、当時毎日持ち歩いていた PC-9821Ne の半分ちょっとだ。

特に画面と音の良さに満足している。Mac の持ち運びには Macbook Air 11" (Mid 2013) を使い続けようと思ったが、この分だと使用機会がかなり減りそうである。

2020年7月のサービス終了まで粘るつもりだったけれど予定を前倒し。

22年前に当時の NTT パーソナル (現 NTT ドコモ) の PHS を使い始めてからずっと、通話の主回線だった。公衆電話よりも安い通話料金、みなし音声でも 16,800bps を叩き出すモバイル通信が魅力だった。

ドコモの PHS 撤退が明らかになった 2005年にウィルコムに変更。どれだけ通信しても定額なのが良かった。「京ぽん」から W-ZERO3 (2005年12月) に変えて、最後は Advanced/W-ZERO3 [es] (2007年7月)。iPhone や Android がはやる前。またキーボード付きのデバイスに戻ってきたいなぁ...

大きな地震などで携帯電話回線が不通になったときでも PHS は結構普通に使えたこともあり、4G 以外の回線を持っておく安心感がなんとなくあったけれど、既に PHS の基地局も少しずつ整理されているようだし、もういいかなと。

そんなわけで、さようなら PHS。

来年

前半は下降気味、後半は持ち直した感じの 2019年。生活拠点等の不安もあるが、2020年は幸先良く行きたい。

続きを読む "2019年をふりかえる" »

2016年12月 7日 (水)

EditorConfig Vim Plugin を日本語環境の Windows で

EditorConfig は様々な種類のエディタや IDE で編集するテキストファイルのフォーマットを統一する仕組みです。プロジェクトで EditorConfig を使うことで、改行コードの種類や、インデントに使用するスタイル (空白文字にするかタブにするか、タブ幅はどうするか) を統一できます。

Vim (welcome home : vim online) の場合は editorconfig/editorconfig-vim: EditorConfig plugin for Vim が使えます。

しかし、Windows で日本語ファイル名のテキストファイルを開くと Python インタプリターのエラーが表示されて残念な感じに。

ただ、そもそも日本語ファイル名のファイルで EditorConfig を積極的に使いたい場面は殆どありません。

そこで _vimrc に以下を追加することで、日本語ファイル名の時だけ EditorConfig を無効化してみました。

これでエラーが表示されることはなくなりました。

続きを読む "EditorConfig Vim Plugin を日本語環境の Windows で" »

2014年12月24日 (水)

b-mobile SIM 高速定額と Platinum Data SIM の違い

b-mobile には LTE が速度、通信量とも使い放題で税別 (以下同様) 1,980円の b-mobile SIM 高速定額と、 LTE で速度は無制限、通信量は月当たり 10GB までで 2,980円の Platinum Data SIM というのがあることに気付きました。

高速定額の方が新しいようですが、なんで制限があるのに高価な Platinum を併売しているのだろうと疑問に思って、日本通信の iPhone SIM フリー・コールセンターに問い合わせてみました。

回答の要旨としてはこんな感じでした。

  • iPad の Wi-Fi + Cellular モデルには Platinum Data SIM をお薦めする。
  • Platinum Data SIM は iOS 向けに最適化してあり、総じて快適に使える。
  • どちらも明確な帯域制限などはないが、 b-mobile SIM 高速定額はユーザーの使用状況などによって制限を掛けることがある。 Platinum Data SIM で制限の掛かることは殆どない。

お値段なりの利点はあるわけですね。

自分の場合、過去の WiMAX の使用履歴から考えると、余り気にせずに使っても 10GB/月なら大丈夫な気がします。

続きを読む "b-mobile SIM 高速定額と Platinum Data SIM の違い" »

2014年6月13日 (金)

OS X (Mavericks) の Apache と PHP で WordPress を動かすときの覚え書き

忘れそうなので覚え書き。

2014年5月17日 (土)

Blink 版 Opera for Mac でオートアップデートを無効にして実行する方法

モバイル環境で利用しているときなど、通信環境が良くないときに (Blink 版の) Opera がオートアップデートを始めるとなかなか辛い物があります。

そんなときは --disable-update を付けて実行すればオートアップデートが無効になります。

例えばターミナルから以下を実行。

open -a Opera --args --disable-upate

ターミナルから実行するのが面倒ならば、Automator で以下のようなアプリケーションを作成します。

続きを読む "Blink 版 Opera for Mac でオートアップデートを無効にして実行する方法" »

2012年9月 6日 (木)

共用の Windows PC でスクリーンセーバーによるロックを強要する

やり方をすぐ忘れるので、覚え書き。

Windows 2000 以降は大体同じ手順のはずです。

  1. スタートメニューから [ファイル名を指定して実行] をクリックする。
    • [プログラムとファイルの検索] でも可。
  2. mmc と入力して Enter キーを入力する。
  3. メニューから [ファイル]-[スナップインの追加と削除] をクリックする。
  4. [利用できるスナップイン] から [グループ ポリシー オブジェクト] を選び、 [追加] をクリックする。
  5. [グループ ポリシー オブジェクト] で [ローカル コンピュータ] が 表示されているのを確認し、[完了] をクリックする。
  6. [OK] をクリックする。
  7. 左のツリーから [ユーザーの構成]-[管理用テンプレート]-[コントロール パネル]-[個人設定] を開く。
  8. [スクリーン セーバーを有効にする] をダブルクリックし、[有効] を選んで [OK] をクリックする。
  9. [スクリーン セーバーをパスワードで保護する] をダブルクリックし、[有効] を選んで [OK] をクリックする。
  10. [特定のスクリーン セーバーを強制する] をダブルクリックし、[有効] を選び、[スクリーン セーバーの実行ファイル名] に scrnsave.scr と入力して [OK] をクリックする。
    • 勿論、scrnsave.scr は別のスクリーンセーバーにしても良いが、Windows 標準のスクリーンセーバー以外を使う場合は絶対パスで入力すること。
  11. コントロールパネルからスクリーンセーバーの設定を開き、設定を変更できなくなっていることを確認する。

手順に書き出すとややこしいけれど、大事なのはここです。

  • [ユーザーの構成]-[管理用テンプレート]-[コントロール パネル]-[個人設定]

ここをすぐ忘れる。

続きを読む "共用の Windows PC でスクリーンセーバーによるロックを強要する" »

2012年3月 4日 (日)

「カリスマニュースサイト管理人が 15年続けたシンプルな情報収集術」を読んだ

まなめさんの「カリスマニュースサイト管理人が 15年続けたシンプルな情報収集術」を読みました。

これがなかなか面白かったので、覚え書き。

  • 「情報収集は正しい行動を取るためにするもの」

    先人の経験を情報収集し、要領良くより良い人生を送りましょう。

  • 「インターネットで情報収集するときに必要なたった一つのこと」
    「それはノイズを許容すること」
    「ゴミが多いからこそダイヤが存在している」

    この記事を思い出しました。

  • 「自分で情報を探そうとしたらノイズを受け入れればよいし、人気サイトを作りたいと思ったらノイズを除去することで情報を提供すればよい」

    これは成る程と思いました。何故、まとめサイトがあんなに人気あるのか。 結局、こういうことだったんだな、と。

  • 「タイトルがよい記事って本文もまたよいものが多いもの」

    これはよく思います。分かり易いところでは、Subject (見出し、件名) に気を遣ってる人のメールって、本文もまた読みやすいと思ったりすることがよくあります。

  • 「一度得た情報は検索できる状態にしておけ!!」

    これを実践するのがなかなか難しいところ。
    どこにどのような形でデータベースを作れば、長期間に亘って検索できる状態を保てるか。

    Evernote? Gmail? Catch? OneNote + SkyDrive?

    いわゆるクラウドなサービスにデータベースを作ったとき、そのサービスが突然、休止や終了になったりしないか。という不安が付きまといます。

    ポメラで GREP 検索できたらなぁ。

  • 「良い情報収集で、良い人生を。」

    • 「その目的は自分データベースを作ること」
  • 「自社で抱えているデータをどのようにしてうまく使いこなせるかが、企業の成功に大きくかかわっているのではないか」

    Google がページランクでランク付けしたデータベースを AdSense などに活かして収益を上げているのと同様、個人でも自分で作ったデータベースを活用すれば人生が楽しくなるという考え。

    うん、自分のデータベースを作っていかなきゃ。

500円お釣りが来る値段だし、ページ数(?)もそんなに多くなくサクッと読めるのでお薦めです。

続編にも期待!

続きを読む "「カリスマニュースサイト管理人が 15年続けたシンプルな情報収集術」を読んだ" »

2011年12月19日 (月)

DVD MULTI ドライブ LF-P968C を Windows 7 でアップデート

これのファームウェアが3年以上前に更新されているのに気付き、アップデートすることにしました。

実行したものの、WNASPI32.DLL Error!! とエラーが出て失敗しました。

2011121901

動作 OS が Windows Vista® Windows® XP Windows® 2000 となってるけれど Windows 7 使ってるから駄目なのかなと思い、互換性のトラブルシューティングを実行することに。

2011121902

2011121908

[問題のトラブルシューティング] を選びます。

2011121903

[以前のバージョンの Windows で動作していたプログラムがインストールできない、または実行できない] を選びます。

2011121904

取り敢えず [Windows Vista] を選びます。

2011121905

[プログラムの開始] ボタンをクリックします。

2011121906

動きました。[プログラムの互換性] のウィンドウの下に隠れてましたが。

[プログラムの互換性] のウィンドウで [次へ] をクリックします。

2011121907

[はい、...] でおしまい。

2011年11月21日 (月)

Mercurial で Office (2007) Open XML や OpenDocument を管理する

Microsoft Office 2007 で新しくなった Word、Excel、PowerPoint のファイルフォーマット、Office Open XML ですが、そのまま Mercurial のリポジトリにコミットすると、リポジトリの管理領域 (多分 .hg/store/data の中) のサイズが大きくなってしまいます。

これは、Office Open XML が XML 文書を ZIP 圧縮したファイルであるためです。

Mercurial はコミットするとき、変更されたファイルの差分を抽出して記録しますが、ZIP 圧縮すると差分情報を効率的に抽出できなくなってしまいます。

ところが、そんな問題を解決できそうな ZipdocExtension - Mercurial を発見。

This extension is not distributed with Mercurial と書いてありますが、 TortoiseHg なら一緒に入ってます。

使い方ですが、ホームディレクトリの .hgrcmercurial.ini ファイルに、或いはリポジトリの .hg/hgrcにこんな設定を追加して zipdoc エクステンションを有効にするだけ。

この例では Office Open XML だけでなく、OpenOffice.org の ODF の設定も入れてみました。ODF も XML を ZIP 圧縮しているようなので。XPS / OpenXPS と EPUB も追加してみました。

これで、hg commit するときはファイルの ZIP 圧縮を内部で自動的に解くようになります。だから、差分情報を効率よく抽出してリポジトリに記録してくれるはずです。

また、hg update したらファイルを ZIP 圧縮してから作業領域を更新してくれるようになります。

リポジトリをクローンするときは、クローン先でも zipdoc エクステンションが有効になるように設定しておきましょう。

とはいえ、クローンしたリポジトリで zipdoc エクステンションが有効になっていなくても、作業領域のファイルが圧縮されていない (圧縮形式が Store の) ZIP になるだけなので、ファイルを開くことも普通に出来るようです。

とにかく、Windows で TortoiseHg と Microsoft Office を使うなら zipdoc は必須と言っていいエクステンションだと思います。コミットを繰り返すほど効果が大きくなるはずです。

より以前の記事一覧

Social connection

  • Check

最近のトラックバック

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

これも見とるよ

無料ブログはココログ